おすすめ情報

最新おすすめ情報をイッキにチェック! イチ押し情報をまとめてご紹介します

NECマネジメントパートナーからの おすすめ情報 まとめ

TOPICS!

2023年9月までに開催するスケジュールのお申し込み受付を開始しました!

デジタルトランスフォーメーション(DX)人材育成のためのコースをはじめ、ヒューマンスキル・ビジネススキル、若手社員のスキルアップに役立つ研修コースを豊富に取り揃えております。皆様のご受講を心よりお待ちしています。

特集ページ・お申込みはこちら
NECマネジメントパートナーの2023年新入社員研修は、お客様の声をもとに、これまで培ってきたカリキュラムをさらに進化させ、NECグループの強みであるICTを活かして、IT技術の研修をはじめとする全コースを遠隔ライブ形式で提供します。

2023年 新入社員研修(春開催)のご案内

NECマネジメントパートナーは、新入社員研修をきっかけに全社的な人材育成もご支援します。当社の新入社員研修をご利用いただいた企業様には、公開募集のすべてのコースを10%割引でご提供いたします。

2023年新入社員研修サービス利用企業様向け特典 ~公開募集の全コースが10%割引

  • 【修了者500名突破!】情報処理安全確保支援士 特定講習のご案内

修了者様500名のアンケート集計結果からわかる、弊社特定講習の特徴をご紹介します。資格の更新を必要とされる皆さまは、是非とも弊社の特定講習をご検討ください。

コース詳細・お申込みはこちら

【修了者500名突破!】情報処理安全確保支援士 特定講習のご案内

2022年度上期 受講者数ランキング発表!

今年度上期、たくさんの方が受講された集合性・遠隔ライブ研修、eトレーニング研修をランキング形式でご紹介いたします。まだ受講されていないコースがありましたら、下期にぜひチャレンジしてみてください。

2022年 上半期(2022年04月~2022年09月)

おすすめコースのご紹介

経済産業省が策定した「DXリテラシー標準」を学びませんか?

「DXリテラシー標準」は、働き手一人ひとりがDXに参画し、その成果を仕事や生活で役立てるうえで必要となるマインド・スタンスや知識・スキルを学ぶの指針として、経済産業省が策定したものになります。「DXリテラシー標準」では、学ぶ項目として、以下の項目を挙げております。

特集ページ・お申込みはこちら
  • IPTPC認定資格取得は2023年3月で終了です。認定コース受講はお早めに!

IPTPC認定資格取得を目指している方は、3月末までに取得を目指してください。資格取得に必要な知識修得は認定コースをご利用いただくのが一番です。認定コースのご提供も3月で終了となりますので、お早めにお申し込みのうえ、ご受講をお願いします。

特集ページ・お申込みはこちら

ヒューマンスキル/ビジネススキルを学ぼう!

受講チャンスが増えた!追加スケジュールが「考えをまとめるスキル・説得するスキル」は2月、「創造力開発 -やわらか頭創造-」は3月に

皆さまからお問い合わせの多い「思考法・問題解決」カテゴリの2コースを、受講できる機会が増えました。業務都合でなかなか受講できずにいた方も、行列待ちに並んだのに受講できなかった方も、このチャンスをぜひご活用ください。

特集ページ・お申込みはこちら

「ビジネススキル・ヒューマンスキル」カテゴリのコースは、ただいま、下期の開催スケジュールをどんどん追加掲載中です。ぜひ、自分に必要なタイミングを逃さずに、必要なスキルを磨きましょう。

  1. ロジカルシンキング研修
    納得性の高い根拠付けや関係性の論理的説明の仕方を修得します。
    1日間

新コースのご案内

ついに登場!「体験 ネットワーク設計構築運用 -小規模ネットワーク編-」

小規模ネットワークのケースを活用した演習を通して、ネットワークの基本設計手順や詳細設計並びに構築技術を修得します。また、構築したネットワークシステム上でトラブルシューティングを実施し、報告書の作成を行います。

特集ページ・お申込みはこちら
新コース開設!「5G応用技術」で最新の技術動向を学ぼう!

次世代モバイル通信5Gを中心として、そのベースとなっている4G(LTE)の要素技術、5G固有の新たな技術、更には今後ますます連携が強まってくる無線LANの最新技術や新たに注目を集めているLPWAシステム、次の移動体通信システム(6G)に関する動向なども含め、最新の技術動向に関して解説します。今期は1開催だけの予定になっております。この機会にぜひご利用ください!

コース詳細・お申込みはこちら

新コース開設!「5G応用技術」で最新の技術動向を学ぼう!

  • 成功するためのパスポート「7つの習慣(R)」がeラーニングで学べる!

7つの習慣(R)はビジネスで成功している人たちに共通していることを調査した結果を習慣として体系化したものです。また、この7つのそれぞれの習慣は、単体ではなく、段階を経て高めていくように考えられています。Win-Win、信頼残高など7つの習慣で広まった用語や考え方がたくさんあります。eラーニングなので通勤中や隙間時に学習できます。ぜひご受講ください。

特集ページ・お申込みはこちら
  • PMBOK(R)ガイド第7版準拠 プロジェクトマネージャー育成講座

「PMBOK(R)ガイド第7版」に完全に準拠し、実際のプロジェクトマネジメントにどのように活かすにフォーカスをした「プロジェクト・マネジャー養成講座(PMBOK(R)ガイド第7版対応)」をリリースしました。PMBOK(R)ガイド初学者から、PDUを何度も更新している方まで、ぜひご受講ください。

コース詳細・お申込みはこちら
  • Tableau Desktop 分析編 -チャートを使いこなして可視化の引き出しを増やそう-

Tableau Desktopで描ける様々なグラフの種類と、利用例をご紹介するコースです。
用途に応じたグラフや分析手法を選べるようになって、説得力のある資料を作成 できるようになりましょう!

コース詳細・お申込みはこちら
  • SharePoint Online モダンサイトコース ~Teamsと連携可能~

みなさまが普段使っている Teams のチームですが、自動的に SharePoint のチームサイトが作成されていることをご存じでしょうか? チームサイトでは、チームで共有したいニュース、リンク集、ドキュメントやノートなどを掲載した Webサイトを簡単に作成することが可能です。 SharePoint のチームサイトを活用して、Microsoft 365 の利用の幅をさらに広げていきましょう。

コース詳細・お申込みはこちら

アプリケーションエンジニアが日常的に実践しなければならない項目を網羅的に含んでおり、すでにGitを利用してはいるものの不安を抱えながら使っているという方にもおすすめのコースです。

これからiOSやmacOSアプリ開発を始めるにあたり、クロージャやOptional、delegateなどSwift特有の部分を中心に、最初に知っておくべき最低限の文法を理解でき、iOSアプリやmacOSアプリの開発にスムーズに入ることができます。

iOSの標準APIを利用した画面レイアウト・一覧表示・HTTP通信やデータの永続化などを理解した方の次のステップとして、オープンソースのライブラリを活用したより可読性や開発効率の高いアプリの実装方法を、ハンズオンで実装しながら学習します。

  • 待望のSharePoint Online モダンサイトコースが新登場!

かねてより皆さまからご要望をたくさんいただいておりました「利用者のための SharePoint Online 入門-モダンサイト編-」を、11月より開講します!
SharePoint Online 環境で新規にサイト(モダン)を作成し、既存 Web パーツの利用方法やリスト、ライブラリの作成方法を学びながら、効果的にサイトを管理、運用する方法を修得します。

  • RPAの基本をマスターして繰り返しの多い作業を自動化しよう!

RPAの基本から、Microsoft Power Automate Desktop を利用して、データの転記やファイルを別のフォーマットで保存する作業など、繰り返し行うことが多い単純作業を自動化するための概要と基礎を学びます。

「Kotlin」を習得できる3コースを新設しました!

Javaの代わりに「Kotlin」を採用するAndroidアプリが増えています。
Kotlinは、開発ツール・ベンダーとして有名なJetBrains社が、Javaと100%の
相互運用性を目指して開発したプログラミング言語です。基本文法から、WebAPIとの連携、モダンなアーキテクチャでの実装方法までを学習できる3コースを新設しました。

お役立ち情報

VUCA時代に生きる我々は、「テクニカル・スキル」「ヒューマン・スキル」「マネジメント・スキル」だけでは業務を推進することが難しくなってきました。従来は経営者に必要とされると言われていた「本質を見極め、行動する」ことのできる「コンセプチュアル・スキル」をご紹介します。

コンセプチュアル・スキルとは?

おすすめ情報まとめについて

上記各コースのキャンセル期限は各申込締切日と同日になりますのでご注意ください。
まとめ情報は弊社発行メールマガジン(月1~2回)でも発信しています。
こちらのページは最新情報が入りましたら随時更新していく予定ですので、ぜひこちらのチェックもよろしくお願いします!

ページの先頭へ戻る