できるビジネスパーソンになるための「ヒューマンスキル・ビジネススキル研修体系」

できるビジネスパーソンになるための「ヒューマンスキル・ビジネススキル研修体系」

テレワークにより、努力が見えなくなり、効果や効率が重視されています。切れないのこぎりで頑張るのではなく、刃を研いだ切れるのこぎりを使うことが求められます。
また、ジョブ型雇用やキャリア自律などの考え方が取り入れられる世の中では、スキルは与えてもらうものではありません。自らがスキルを磨かないとなりません。

時間や予算が限られる中で、どのような順番やタイミングで学習するのが良いかを検討する目安となる研修体系をご紹介します。ヒューマンスキル・ビジネススキルの研修を検討するポイントは大別して2点です。

スキルを使う
期間

スキルを若いうちに身につけると、活用する期間が長くなります。さらに創意工夫もできるので、早く身につけるに越したことはありません。

例えば、ロジカルシンキングやアサーションは社会人の基本なので、新入社員のうちに身につける方が良いでしょう。また、マーケティングはそれぞれの段階でも学習が必要ですが、早い段階から学び始めましょう。

×

 

スキルを使う
タイミング

スキルを使うタイミングで学ぶことは、学習のモチベーションを高めるうえでも良いことです。

使う場面が少ないと知識を入れても忘れてしまいます。必要になるか、なったときに受講する方が、受講のモチベーションも高く、吸収もしやすく、実践の機会による定着も図れます。

実際には、部門や職種や部門内の役割分担/育成方法によって、使うスキルや使うタイミングは異なります。

例えば、経理部員であれば財務の知識は新入社員でも必要です。また、後輩のできる見込みのない2年目社員は、OJTの研修にモチベーションを持ちにくいでしょう。

若いうちから、スキルを使うタイミングで、スキルをどんどん身につけていけると理想的です。自分にとってどのようなスキルが必要かを考え、研修体系を活用して、積極的にスキルアップしていきましょう。

ヒューマンスキル・ビジネススキル研修体系

コンセプチュアル・スキルとは

ヒューマンスキル・ビジネススキル研修体系

仕事の進め方 コールセンター(担当) ビジネスマナー 秘書 人事 キャリアプランニング 主体性 経理 コミュニケーション基礎 ビジネス文書 営業 会社の基礎 マーケティング ロジカルシンキング 創造力 Re-Skill メンタルヘルス・セルフケア 対人関係 OJT・メンター 顧客満足 アサーション 図解 ドキュメンテーション 講師スキル 達成力 業務改善 生産性効率性 経理・財務 ラテラルシンキング ビジネスプラン・デザイン思考 問題解決力 中堅社員研修 情報収集・活用 アンガーマネジメント 企画力 リスクマネジメント モチベーション 提案力 調整力 リーダーシップ 対話力 プレゼンテーション コールセンター(スパーバイザー) 部下育成 ダイバーシティ・職場環境 労務管理 法務・コンプライアンス ファシリテーション力 部門マネジメント 判断力 コンサルティング クリティカルシンキング メンタルヘルス・ラインケア クレーム対応 チームマネジメント力 経営戦略・経営分析 交渉力 コーチング 営業マネジメント 事業経営
上級マネジメント
組織マネジメント
:管理職。会社側の立場で行動することが求められる。メンバーを指導する役割りを持つ人。
実務リーダー
:主任・係長。少人数のメンバーを率いて、周りを巻き込んで仕事をする人。
業務遂行者
:担当。与えられた業務を遂行する人。
新入社員
:ビジネスの基本を身につける段階の人。

ページの先頭へ戻る