Topics

NECマネジメントパートナーの情報処理安全確保支援士特定講習は、97%以上の受講者様にご満足をいただいています

NECマネジメントパートナーの提供する情報処理安全確保支援士特定講習 講習満足度※ 97.3% お客様の声をご紹介します!※当社特定講習 受講後アンケート(113名) 満足度評価(5段階)で、4または5を付けた人の割合

2021年3月31日よりNECマネジメントパートナーのサイバーセキュリティ実践型演習コース3つが、国家資格「情報処理安全確保支援士」の特定講習に採択されています。

特定講習としての提供以来、これまで100名以上の支援士の方にご受講いただきました。ご受講いただいた際のアンケートの集計結果とお客様の声をご紹介します。皆さまの今後のコース選択の参考になれば幸いです。

情報処理安全確保支援士特定講習とは:
サイバーセキュリティ対策を推進する人材の国家資格「情報処理安全確保支援士」の資格更新のために受講すべき講習として、経済産業省が選定した研修コースです。

NECマネジメントパートナーの「特定講習」

サイバー攻撃や防御、解析などの実習、グループによるディスカッションなど、実践的な内容を多く含む特定講習ですが、当社が提供している他の多くのセキュリティ研修と同様に遠隔ライブ形式で提供しています。

遠隔ライブ研修であっても、従来の集合型研修同等、それ以上に研修効果を生み、受講者の97%以上に満足の評価をいただきました。

講習満足度
講習満足度

特定講習 講習満足度97.3% 3つの理由

特定講習 講習満足度97.3% 3つの理由
  1. 1.充実した研修内容
    日常では実際に経験することができないインシデントを体験し、経験値を向上します。
    抽象的な内容や机上論ではなく、目の前にある具体的な内容に実践的に取り組みます。
特定講習 講習満足度97.3% 3つの理由
  1. 2.実習付きでありながら遠隔ライブ形式での提供
    クラウド上に構築した仮想ネットワーク、仮想サーバ環境を操作して実習をおこないます。
    グループワークで遠隔受講者同士が実習に関するディスカッションをおこないます。
特定講習 講習満足度97.3% 3つの理由
  1. 3.エンジニアとしても経験豊富な講師
    実際の現場で培った経験やノウハウを基にしたアドバイスをおこないます。
    セキュリティ分野以外の講師経験も豊富で、幅広い技術分野に知見を持ちます。

ここでは、遠隔ライブ形式に関するお客様の声、各コースごとのお客様の声をご紹介します。

遠隔ライブ形式

遠隔ライブ研修では講義を一方的に配信するのではなく、講師が受講者一人ひとりの状況を確認しながら、講義や質疑応答、グループワークなどの双方向コミュニケーションをおこないます。マシン実習は、クラウドに用意した実習環境を使用してお取組みいただきます。
94%以上の方が、遠隔ライブ形式での受講環境にご満足されています。

受講環境満足度
受講環境満足度
お客様の声:
オンラインでの実機演習は初めてだったが、まったく不都合は感じなかった。
リモート講習が不安でしたが、想定以上にスムーズに作業できました。
実践的内容で役に立つ内容であった。かつ環境の用意も非常に整っており、スムーズに参加することができた。
オンラインでも解りやすいように工夫がなされていると感じました。むしろオンラインだからこそ、解りやすかったようにも思えます。

CSIRT強化トレーニング マルウェア感染対応編

組織内へマルウェアが感染したと想定し、感染原因調査、マルウェア解析、恒久対策の検討に取り組みます。インシデントのハンドリング、原因究明、マルウェア解析、ログ解析、マルウェア感染対策などの要素を修得します。

講習満足度
受講環境満足度
お客様の声:
実際にマルウェアの挙動を仮想環境上で各種ツールを使用して確認でき、有用だった。
机上だけではなく、実際に演習できたことは貴重な経験を積めた。又、自身の対象はすべて社内であり、第三者からの目線で考えたことは新鮮であった。
実際に経験する事が難しい、セキュリティインシデント発生時の対策を、様々なツールを使い経験する事で、腹落ちする部分が多かった。
セキュリティに関する知見をより深めることができたと感じます。
他の受講者の方のスキルもディスカッションしながら参考にさせていただき、わからないところもかなりクリアになったと思います。

詳細・お申し込みはこちら

CSIRT強化トレーニング テクニカル編(CTF形式)

CTF(Capture the Flag)形式を採用した、実践型セキュリティ技術演習です。
複数のステージに設定された技術的な課題をクリアしていくことで、IoC情報の取得、マルウェアの動作検証、エビデンスデータの取得、原因の推定、発生日時の特定などで必要となる、基本的なインシデント解析技術を修得します。

講習満足度
受講環境満足度
お客様の声:
こういった機会に色々と触れられることはありがたい。また、異なる会社の方と関わる事はいい刺激になりました。
技術的に非常に充実した内容で、現業務に直接生かすことは難しいが、今後、セキスペとして活躍する上で、とても有益な講習であったと思う。
なかなか一人で取り組みにくかったCTFについて雰囲気を味わうことができ、とてもためになりました。なかなか難しかったのですが、グループワークで皆さんがどのように考えているかを知ることができ、参考になりました。自分の不足している部分も多々気づくことができましたので、今後の勉強に役立てていきたいと思っております。
実業務に生かせるような内容で非常に役に立った
なかなか学びにくい知識を学ぶことができ、とても充実した講習でした。
(1)通信履歴を関連のあるものにまとめたりファイルとしてエクスポートする方法、(2)バージョンアップによる変更と不正変更の区別方法、(3)それぞれの課題に対して使用できるツールおよびそのツールでできること、といったノウハウは大変参考になりました。

詳細・お申し込みはこちら

サイバー防御トレーニング -Blue Team Training-

今、まさにサイバー攻撃を受けているシステムを前に、検知、防御、復旧に取り組みます。講師の仕掛ける度重なる多様なサイバー攻撃に対応することで、インシデントの分析から対応、サーバの堅牢化などのスキルを修得します。

講習満足度
受講環境満足度
お客様の声:
非常に実践的な内容で、今後の業務において見落としがちなポイントやインシデント対応時の対処法を具体的に学ぶことができて大変満足です。本講習を受講することで、社内でセキュリティを推進する立場としてもより具体的なアドバイスができるようになったと思います。
時間制限30分という中で事象把握、封じ込め、一時対策、被害調査、経路把握、現象再現、根本対策等様々なことを行わなければならないのは難しいと思う反面、実際に起きていないことなのでゲーム感覚で楽しむことができた。実際にこのようなサイバー攻撃を受けた際にできるだけ被害を小さくするためにいかに早く解決までの糸口を見つけるか、そのために日々知識を蓄えること、実際に手を動かして実践していくこと、それらの積み重ねが非常に大事であることが体験できた。
1日で完了するため業務に影響がなく助かります。実務ではこの種の実践的な経験は積みにくいため、とても良い経験になりました。
かなり実戦に近い内容であり、今回学んだことの復習が必要であることを感じました。過去に学んだ知識を生かす課題が多く、非常に役に立つ内容だったと思います。
この研修を通じて、「実際に攻撃を受けること」を疑似体験できたし、チームで分担しながら原因の特定や切り分けを行うことが出来て、大変ためになったと感じる。また、今日得られた経験は、ただの知識としてだけではなく、実際に体験したこととして強く刷り込まれたと感じているため、今後に必ず活きてくると確信している。

詳細・お申し込みはこちら

情報処理安全確保支援士 関連情報

お問い合わせ

NECマネジメントパートナー 人材開発サービス事業部 特定講習担当
riss-tokutei@nmp.jp.nec.com

ページの先頭へ戻る