コースコード:SN414

サイバー防御トレーニング -Blue Team Training-

コース概要

マシン実習

演習を通して、セキュリティの脆弱性の検知・防御・復旧について、その最適な対策方法を修得します。
レッドチーム(攻撃を行う側)が仕掛ける現実に近い様々なサイバー攻撃に対して、ブルーチーム(防御する側)である受講者がセキュリティ対策を講じてシステムを堅牢化します。

受講料 

86,400円(8%税込)/88,000円(10%税込)/80,000円(税抜)

※終了日が10月以降の場合、消費税率が10%になります。

開始日(申込締切前)

東京 12/9、3/13

講習日数

1日間

講師からのメッセージ

昨今、サイバー攻撃については、さまざまなメディアで取り上げられ、セミナーなども多数開催されています。システム管理に携わる方々にとって、サイバー攻撃に関する知見は必須となり、知見を得るために活動している方もいらっしゃると思います。
しかし、ネット上での記事、有識者のブログ、第一人者の講義などから得ている情報は、別世界で起きている対岸の火事のような、どこか現実感のない非日常的な印象をお持ちではないでしょうか。
幸いにもサイバー攻撃を受けたことない方々にとっては顕著でないかと思います。また、すでにサイバー攻撃について、様々な知識を有しており、実際に現場で防御対策を実施している方々でも、実際に攻撃を受けたことのないサイバー攻撃に対する対策は、どこか不安に感じている方も多いと思います。
本コースで、みなさんは日常のシステム運用場面ではそれほど受けることのない多様な攻撃を短時間で体験することができます。体験することによって、これから知識を得ていこうという方はもちろん、すでに知識をお持ちの方も実際に行っている防御対策が正しいかどうかを確認するとともに、新しい気づきを得る事ができます。

到達目標

  • ・ サイバー攻撃に対する基本的な対策案を立案できる。

前提知識

以下のいずれかのコースを修了、または同等知識をお持ちの方。
・「インターネットセキュリティ技術」
・「インターネットセキュリティ技術(実習編)」

また、Linuxサーバの構築または運用経験があることが望ましい。

研修コースマップ

セキュリティ

  • システムエンジニア向け
  • CSIRT向け

スキルチェック

スキルチェック

前提コースにはスキルチェックテストがあります。受講前後のスキル確認にご利用ください。
※スキルチェックテストは無料です。

前提コース「インターネットセキュリティ技術」のスキルチェック

前提コース「インターネットセキュリティ技術(実習編)」のスキルチェック

コース内容

1日目
AM
1.オリエンテーション
2.演習1(プロアクティブ防御)
PM
3.演習2(リアクティブ防御)
4.解説

留意事項・備考

・カリキュラムについては、変更になる場合があります。

リコメンド

「サイバー防御トレーニング -Blue Team Training-」コースを申込んだ人は、こんなコースも申し込んでいます。

開催スケジュール詳細・お申込

「カートに追加」欄の追加をクリックすると、web申込が可能です。
申込期限およびキャンセル期限は、各締切日の16:30です。

◎・・・6名様以上、空いております。
○・・・1~5名様の空きがございます。
△・・・キャンセル待ちとなります。(ただし、備考欄に注記がある場合はキャンセル待ちではありませんので、注記をご参照ください)
週2回空席状況を更新します。◎○でも、既に満席の場合はご了承下さい。詳細な空席状況は研修申込センターにお問い合せください。

[スケジュール更新日付:2019年09月19日]

地区 開催番号 会場名 開始日~終了日 日数 講習時間 申込締切日 空席
状況
備考 カートに追加
キャンセル締切日
東京 SN414701K 芝浦研修センター(第二吾妻ビル) 2019/12/09~
2019/12/09
1日間 09:30~
17:00
2019/12/05 追加
2019/12/03
SN414702K 芝浦研修センター(第二吾妻ビル) 2020/03/13~
2020/03/13
1日間 09:30~
17:00
2020/03/11 追加
2020/03/09
おすすめ情報