他社製 PDU対象eラーニングコース一覧

他社製のeラーニングコースの中には、PMP(R)資格更新に必要なPDUを取得できるものがあります。
3年間で60PDUを取得するには計画的な受講が必要です。学習時間と場所を選ばないeラーニングを活用して資格更新にお役立てください。

なお、eラーニングコースは、PMP(R)受験に必要なPM研修の受講実績の対象外です。

▼ソフト・リサーチ・センター
▼スキルソフト

ソフト・リサーチ・センター

【PDU申請に必要な情報】
メールで連絡させていただきます。
学習修了後、開催番号とコース名を、NECマネジメントパートナー・eラーニングコース担当(webq_bz@educ.jp.nec.com)までメールしてください。

詳細・お申込みはコース名をクリックしてください。
コース名コースIDPDUTechnicalLeadershipStrategic
ITコンサルタントのスキルと条件(eラーニング)CO0636006
ITコンサルタントの会計知識・経営知識のスキルアップ講座(eラーニング)CO0647007
ITコンサルタントの生産管理の基礎知識スキルアップ講座(eラーニング)CO0655005
顧客とのネゴシエーション技法とロジカルシンキング(eラーニング)PJ1974040
ITプロジェクト受注獲得のための提案・見積実践(eラーニング)PJ1983300
メンタリングの進め方と実践法(Vol.1)(eラーニング)PJ1993030
メンタリングの進め方と実践法(Vol.2)(eラーニング)PJ2003030
要求定義のための!! ユーザとのネゴシエーション技法(eラーニング)SD0824004
要求定義のためのヒアリングと仕様化テクニック Vol.1(eラーニング)SD2804004
要求定義のためのヒアリングと仕様化テクニック Vol.2(eラーニング)SD2814004
ソフトウェアテスト入門技術解説 Vol.1(eラーニング)SD2823300
ソフトウェアテスト入門技術解説 Vol.2(eラーニング)SD2833300
組込みソフトウェアの品質管理技法Vol.1 (eラーニング)ES0623300
組込みソフトウェアの品質管理技法Vol.2 (eラーニング)ES0633300
ピアレビューの技法解説とプロジェクトへの実践法(eラーニング)HH0793300
失敗プロジェクト撲滅のためのステークホルダーマネジメント(eラーニング)PJ1964040

スキルソフト

【修了証の出力方法】
学習修了後に学習システム(SkillPort)上で以下の手順で操作してください。

  1. [クイックリンク]から[学習状況]を選択してください。
  2. [コア データ]の[変更]をクリックし、[PDU-JP]を選択して[OK]をクリックしてください。
  3. [アクション]から[証明書を表示]を選択してください。修了証が表示されます。
  4. [Field of Study]に記載されているコードがActivity IDです。Provider No.は1008です。
  5. 学習開始日・終了日は、[学習記録]画面に記載の初回アクセス・修了済みの日付としてください。
詳細・お申込みはコース名をクリックしてください。
コース名コースIDPDUTechnicalLeadershipStrategic
SkillPort ビジネス

注:表内のコース名横に*が付いている「PDU数=1」の57コースと、PDU対象外の11コースの全68コースをパックにしたものです。
パックに含まれるPDU対象コースは、コース毎にPDU申請可能です。

SS052571.251936.75
主体的なコミュニケーションスタイルSS2364040
他部署との効果的な連携SS2543.503.50
状況別プレゼンテーション手法SS2814040
対人コミュニケーション: 自信のあるコミュニケーション SS1661001
対人コミュニケーション: メッセージの対象者の特定 SS1671001
対人コミュニケーション: 聞き取りに関する必須事項 SS1621001
対人コミュニケーション: 自己主張型のコミュニケーションを行う SS1681001
対人コミュニケーション: 親しみやすさを感じさせる SS163100.250.75
職場での衝突: 衝突の認識とその対応 SS16910.250.750
職場での衝突: 衝突を解決するための戦略 SS1701010
交渉に関する必須事項: 交渉とは SS17110.500.5
交渉に関する必須事項: 交渉の計画 SS1741001
交渉に関する必須事項: コミュニケーション SS17210.2500.75
顧客サービスの基礎: 顧客との親密な関係を築く SS2231001
現場での顧客サービス SS22410.2500.75
電話による顧客サービス SS2251001
社内顧客サービス SS2261001
顧客サービスにおける対立と衝突 SS2271001
組織における顧客サービスの方向付け SS2281001
ビジョンを実現するリーダーシップSS1545.505.50
成果を高めるコーチングSS2993.503.50
変革を導くリーダーシップSS2613030
業務プロセスの障害を取り除くリーダーSS2574040
リーダーシップの基礎SS2664040
リーダーシップに関する必須事項: 従業員の動機付け SS2061010
リーダーシップに関する必須事項: ビジョンに関するコミュニケーション SS2071010
リーダーシップに関する必須事項: リーダーとしての影響力の確立 SS2081010
リーダーシップに関する必須事項: 人間関係をうまく維持する能力を活用 SS2091010
リーダーシップに関する必須事項: 業務の実行 SS2101010
リーダーシップに関する必須事項: 革新の先導 SS2111010
リーダーシップに関する必須事項: 変革の先導 SS212100.250.75
リーダーシップに関する必須事項: 独自のリーダーシップ育成計画の作成 SS2131010
問題解決による対立解消SS2704040
議論の生産性を高めるファシリテーションSS2606.506.50
変革の管理: 変革の理解 SS2191001
変革の管理: 変革に対する肯定的な支持の確立 SS2201001
変革の管理: 変革に対する抵抗への対処 SS2211001
変革の管理: 組織変革の維持 SS222100.250.75
ビジネス コーチング: コーチングの準備 SS2151010
ビジネス コーチング: コーチング セッションを行う SS2161010
ビジネス コーチング: コーチング関係の構築 SS2171010
ビジネス コーチング: 異なるコーチング スタイルの使用 SS2181010
ビジネスプロセスの分析SS2873.5003.5
思考方法の基礎SS3214.5004.5
課題形成の方法SS2754004
代替案の創出SS3023.5003.5
創造的かつ革新的なアイデアの創出: 創造性の強化 SS1771001
創造的かつ革新的なアイデアの創出: チームの創造性の最大化 SS176100.50.5
創造的かつ革新的なアイデアの創出: アイデアの検証と発展 SS1751001
時間管理: 時間の使い方の分析 SS1781001
時間管理: 時間の計画と優先順位の設定 SS1791001
時間管理: 時間を浪費する要因の回避 SS1801001
問題解決: 基礎 SS1811001
問題解決: 長所を確認して伸ばす SS1821001
問題解決: 詳細な分析 SS1831001
意思決定: 基礎 SS1891001
意思決定: ツールとテクニック SS1901001
意思決定: 困難な意思決定を行う SS1911001
効果的なチーム運営SS3294040
有能なチーム メンバーになること SS2011001
チームの目標と責任を設定する SS202100.50.5
結束力の高いチームの要素 SS2031001
効果的なチーム コミュニケーション SS204100.50.5
フィードバックによってチームの業績を向上させる SS2051001
チームの統率: 成功するチームの立ち上げ SS194100.50.5
チームの統率: 目標、役割、ガイドラインの設定 SS195100.50.5
チームの統率: チームとその文化の育成 SS196100.50.5
チームの統率: 信頼関係の構築と責任感の付与 SS197100.50.5
チームの統率: 効果的なコミュニケーションと協調性の育成 SS198100.50.5
チームの統率: 動機付けを与えて業績を最適化する SS199100.50.5
チームの統率: 衝突に対処する SS200100.50.5
チームの統率: 仮想チームの管理 SS214100.50.5

ページの先頭へ戻る