ITIL研修

ITIL研修

ITILとは | ITIL資格体系 | ITILv3からITIL4への資格移行方法 | ITILコース紹介

国内認定第一号!
日本語版認定テキスト開発

2006年にEXIN認定ITILv2ファンデーションテキストの国内最初となる日本語版を開発し、ITサービス人材の育成を強化しはじめました。

NECグループの技術力を
支える研修

NECグループ社員10,000人以上に対し、ITIL関連資格取得を研修により支援してきました。延べ450回以上もの研修開催実績を積んでいます。

高い
試験合格率!

ITサービスマネジメントのベストプラクティスであるITIL の基礎知識について受験する「ITILファンデーション」試験では、95%以上の試験合格率を得ています。

ITILとは

ITIL(読み:アイティル)(IT Infrastructure Library)は、ITを単なる技術とみなさず、(組織や人材などと同様に)事業成果につなげる重要なサービス資源であるとみなし、管理の対象として捉えた、ITサービスマネジメントのフレームワークです。

元は英国政府機関により開発されたITILは、1999年にITILv2として改訂され、世界中に広く(日本でも)普及が進みました。しかし、ITを取り巻く環境(新技術や開発手法、ITサービスの活用や顧客ニーズなど)の変化により、ITILもバージョンアップを重ね、2007年にITILv3、2011年にITIL2011edition(ITILv3初期のマイナーバージョンアップ版)、そして、2018年にITIL4と進化しています。

最新のITIL4は、DevOps、リーン、アジャイルなどIT業界のさまざまなフレームワークやメソッドと連携し、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する、重要な戦略的機能を組織に適用することができます。

ITILとは

ページの先頭へ戻る

IITIL資格体系

ITILは、ITIL®の所有者であるAXELOSによって認可された、世界標準の認定制度を設けています。認定制度に沿った資格体系があり、AXELOSが管理や更新を行っています。ITIL®の資格は、ITILのバージョンによって異なります。一部、バージョン間で移行措置(ブリッジ措置)を利用できます。

■ITIL(R)V3

ITIL資格体系 V3

各コースとも2種の学習スタイル
(全日程受講タイプとeラーニングによる自学自習と受講のブレンド)を選択できます。
コース名コース内で扱う主な管理プロセス
ITIL ケイパビリティ
サービス提案と合意(SOA)
サービス・ポートフォリオ管理、サービス・カタログ管理、サービスレベル管理、需要管理、サプライヤ管理、財務管理、事業関係マネージャ
ITIL ケイパビリティ
リリース、コントロールおよび妥当性確認(RCV)
変更管理、サービス資産管理および構成管理、リリース管理および展開管理、サービスの妥当性確認およびテスト、要求実現、サービス評価、ナレッジ管理
ITIL ケイパビリティ
運用サポートと分析(OSA)
イベント管理、インシデント管理、要求実現、問題管理、アクセス管理、サービスデスク
ITIL ケイパビリティ
プランニング、プロテクションおよび最適化(PPO)
キャパシティ管理、可用性管理、ITサービス継続性管理、情報セキュリティ管理、需要管理
ITIL ライフサイクル全体の管理(MALC) 戦略的な変更の管理、リスク管理、ITサービスマネジメントの計画立案と導入の管理、組織の課題の理解、サービス・アセスメント
ITILファンデーション  

■ITIL(R)V4

ITIL資格体系 4

※公開中のコースは受講、試験ともに、すべて日本語化対応済
コース名概要/公開情報
ITIL® 4  マネージングプロフェッショナル 移行(MPT)ITIL3からITIL4MP資格への移行措置用コース
ITIL® スペシャリスト 作成・提供・サポート(CDS)準備中
ITIL® スペシャリスト 利害関係者の価値を主導(DSV)準備中
ITIL® スペシャリスト ハイベロシティIT(HVIT)準備中
ITIL® ストラテジスト 指示・計画・改善(DPI)準備中
ITIL® リーダー デジタル&IT戦略準備中
ITIL® 4ファンデーション(MPTを除く)すべてのITIL4上位モジュールの前提

ページの先頭へ戻る

ITILv3からITIL4への資格移行方法

ITIL4上位資格への近道!
ITILv3ファンデーション資格をお持ちの方もお持ちでない方もそれぞれに、 ITIL4上位資格への最短おすすめパスがあります。

ITILv3からITIL4への資格移行方法

保有資格名 ⇒ 移行資格受講おすすめコース
ITILv3ファンデーションITIL4ファンデーション 「ITIL4ファンデーション」コース
ITILv3ファンデーション資格からITIL4ファンデーション資格への移行措置(ブリッジ)はないので、「ITIL4ファンデーション」コース受講&受験が必要です。

コース名リストをみる >>>

17クレジット未満保有のITILv3上位有資格者
(ITILv3ファンデーションのみ有資格者も含む)
一連のITIL4上位資格群 各種ITILv3インターミディエイト(SOA,PPO,RCV,OSA)コース
または
「ITIL エキスパート資格取得パック」コース

17クレジット以上になるまでITILv3上位資格を取得、またはITILエキスパート資格を取得し、その後、ITIL4マネージングプロフェッショナル(MP)移行措置を利用します。(現在ITILv3上位資格の提供期限が未定ですが受講受験提供期限が設定される予定なので早めが必要)

コース名リストをみる >>>

ITILExpert資格または17クレジット保有のITILv3上位有資格者ITIL4マネージングプロフェッショナル(MP) 「ITIL4マネージングプロフェッショナル移行」コース
「ITIL4マネージングプロフェッショナル移行」コースの受講&受験が必要です。

コース名リストをみる >>>

ページの先頭へ戻る

ITILコース紹介

初めの一歩 | ITILファンデーション資格取得済みの方 | ITILExpert資格取得済み・ITILv3 17クレジット以上保有の方

■まず初めの一歩 「ITIL4ファンデーション」

グローバルスタンダードのITサービスマネジメントの入門としておすすめです。(ITIL上位資格を目指す場合にも、ITIL4ファンデーションは必須資格となります。)

コース名期間
ITIL4ファンデーション(試験あり)  ライブ3日間
ITIL4ファンデーション(eラーニング+バウチャチケット)  eラーニングマークeラーニング標準学習時間 12時間
TIL4ファンデーション(eラーニング+試験対策講座+バウチャチケット)  eラーニングマーク ライブeラーニング標準学習時間 12時間+遠隔ライブ研修1日間
ITILファンデーション(試験あり)3日間

※TILv3(2011edition対応)です。カスタムメイド研修にて承ります。

■ITILファンデーション資格は取得済みの方は
ITILインターミディエイト各種コースまたは「ITILExpert資格取得パック」

ITILファンデーションの次のステップとして実務に適用できるITサービスマネジメントスキルを修得します!
また、最新ITIL4上位資格を目指される方は、ITILv3(2011edition含む)の17クレジット以上を保有することで、各種ITIL4上位資格群を取得せず最短で、ITIL4マネージングプロフェッショナル資格への移行措置が利用できます。

クレジット数コース名期間
4ITIL(R) ケイパビリティ サービス提案と合意(SOA) (試験あり)5日間+試験
4ITIL(R) ケイパビリティ 運用サポートと分析(OSA) (試験あり)5日間+試験
4ITIL(R) ケイパビリティ プランニング、プロテクションおよび最適化(PPO) (試験あり)5日間+試験
4ITIL(R) ケイパビリティ リリース、コントロールおよび妥当性確認(RCV) (試験あり)5日間+試験
4ITIL(R) ライフサイクル全体の管理(MALC) (試験あり)5日間+試験
4ITIL(R) ケイパビリティ サービス提供と合意(SOA) ブレンドコース(試験あり)  eラーニングマーク ライブeラーニング標準学習時間 12時間+遠隔ライブ研修3日間+試験
4ITIL(R) ケイパビリティ プランニング、プロテクションおよび最適化(PPO) ブレンドコース(試験あり)  eラーニングマーク ライブeラーニング標準学習時間 12時間+遠隔ライブ研修3日間+試験
4ITIL(R) ケイパビリティ リリース、コントロールおよび妥当性確認(RCV) ブレンドコース(試験あり)  eラーニングマーク ライブeラーニング標準学習時間 12時間+遠隔ライブ研修3日間+試験
4ITIL(R) ケイパビリティ 運用サポートと分析(OSA)ブレンドコース(試験あり)  eラーニングマーク ライブeラーニング標準学習時間 12時間+遠隔ライブ研修3日間+試験
4ITIL(R) ライフサイクル全体の管理(MALC)ブレンドコース(試験あり)  eラーニングマーク ライブeラーニング標準学習時間 30時間+遠隔ライブ研修3日間+試験
21ITIL(R) エキスパート資格取得研修パック (試験あり)  eラーニングマーク ライブeラーニング標準学習時間 55時間+遠隔ライブ研修13日間+試験

■ITILExpert資格取得済み、またはITILv3で17クレジット以上保有の方は
ITIL4上位資格へ移行!

ITILv3で上位資格を取得の方(ITILExpert資格またはインターミディエイト各種バランスよく17クレジット以上保有済の方)は、ITIL4上位資格 ITIL4マネージングプロフェッショナル(MP)への移行措置を利用できます。
ITILv3から最新ITIL4への唯一の移行措置は、各種ITIL4上位モジュール群(CDS,DCV,HVIT,DPI)を取得せず最短で、ITIL4マネージングプロフェッショナル(MP)資格への移行が可能です。

コース名期間
ITIL(R)4 マネージングプロフェッショナル移行(試験あり)  ライブ遠隔ライブ研修5日間+試験0.5日

関連情報

  • NECマネジメントパートナーは、PeopleCertRの認定教育事業者(ATO)であるITプレナーズ社の認定アフィリエイトです。
  • ITIL®は、AXELOS Limitedの登録商標です。

ページの先頭へ戻る