Topics

VMware関連研修の平均受講者数No.1が評価され、「VMware Education Partner Special Award 2016」を受賞!

左から VMware Education Sales and Delivery APJ Senior Director 様、NECマネジメントパートナー 執行役員 人材開発サービス事業部長 菅牟田(すがむた) 左から VMware Education Sales and Delivery APJ Senior Director 様、
NECマネジメントパートナー 執行役員 人材開発サービス事業部長 菅牟田(すがむた)

NECマネジメントパートナーは、ヴイエムウェア株式会社が主催する、日本におけるVMware Education Partner Awardにて「Education Partner Special Award 2016」を受賞しました。
受賞の立役者でもある当社講師 谷口浩太にインタビューしました。

2017年4月

NECマネジメントパートナー 人材開発サービス事業部 主任 谷口浩太(VMware研修領域 インストラクター) NECマネジメントパートナー 人材開発サービス事業部
主任 谷口浩太
(VMware研修領域 インストラクター)

山崎明子(以下「山崎」):
「VMware Education Partner Special Award 2016」受賞おめでとうございます!今回、授賞式の際に「NECグループ内のVMware教育浸透に向けてイニシアティブを取っていただいたことはもちろん、グループの枠に留まらず、NECグループ外のお客様への拡販にも注力いただきました。2016年において、自社会場での開催1コース当たりの平均集客数はリセラーパートナー様の中で第1位でした。」とのお言葉をいただいたそうですね。
谷口浩太(以下、谷口):
はい。当社の研修に、多くの方がご参加くださった結果いただけた賞なので、とても感謝しています。また、お客様やNECグループの仮想化の取り組みに少しでも協力できたのが嬉しいです。
山崎:
受賞の立役者となった谷口さんが、普段から講師として心がけていることは何でしょうか。
谷口:
仮想化のご経験が浅い方には、「やや難しい...」というお声をいただくこともあるコースですが、少しでも理解度を高められるように、板書を多く織り交ぜて解説するようにしています。テキストと実機に加えて、板書を織り交ぜることで多角的な説明になり、わかりやすく、また理解も深くなります。
山崎:
そうですね。板書はその場の空気やお客様の経歴などに合わせて自由に工夫できる部分なので、講師の腕の見せ所でもありますよね。それでは、最後にコース受講の魅力を教えてください。
谷口:
VMwareコースは、豊富に実習をご用意していますので、研修の中で、実機を触りながらスキルアップを図れる点が魅力ではないでしょうか。さらに、当社は、画面イメージを含む詳細な操作手順が入ったオリジナル補助資料もご用意しています。vSphereの操作経験が浅い方でも、スムーズに演習に取り組んでいただけます。
山崎:
演習で疑問点が見つかったときに、すぐに講師に質問して解決できるのも、研修の良いところですよね。谷口さん、ありがとうございました。
VMware関連のコース情報は以下に記載がありますので、興味がある方はぜひご覧ください。

特集/おすすめコースセレクション

■インタビュアー

NECマネジメントパートナー テクノロジー研修事業部 グループマネージャー 山崎明子
NECマネジメントパートナー 人材開発サービス事業部
シニアエキスパート
山崎明子
元々はマイクロソフト関連のトレーナーとしてコースの企画、開発、トレーニング実施をおこなうかたわら、各種技術 カンファレンスでのスピーカーの担当やVB関連書籍の執筆も多数。現在は、マイクロソフトを主軸とした、各種ベンダー、クラウド、OSSなどに関する企業の人材育成コンサルティングをおこなっている。

ページの先頭へ戻る