AWS認定試験

資格概要

AWS認定は、業界で広く認知された認定であり、技術的な知識を証明するものです。AWS でアプリケーションとインフラストラクチャを設計、デプロイ、運用するための技術的スキルと知識を有している IT プロフェッショナルであることを証明します。そして、認定要件を満たす取り組みは、AWS のサービスの扱いに関する専門知識を深めることにもつながります。

AWS認定には、ソリューションアーキテクト、デベロッパー、SysOps アドミニストレーターの役割をカバーするアソシエイト認定があります。ソリューションアーキテクトのアソシエイト認定を受けた後、 ソリューションアーキテクトのプロフェッショナル認定に進むことをお勧めします。また、デベロッパーまたはSysOps アドミニストレーターはアソシエイト認定を受けると、 DevOps エンジニアリングのプロフェッショナル認定に進むことができます。

プロフェッショナル認定 アソシエイト認定

試験名試験概要対応コース(詳細・申込へ)
AWS認定 クラウドプラクティショナー AWS クラウドについての全体的な理解を持つことを証明する試験です。 ●AWS Technical Essentials 1
●AWS Technical Essentials 2
AWS認定 ソリューションアーキテクト -アソシエイト AWS でスケーラブルかつ可用性と耐障害性が高いを備えたシステムを設計およびデプロイするための技術的専門知識の試験です。 ●Architecting on AWS
AWS認定 ソリューションアーキテクト -プロフェッショナル AWS プラットフォームで分散アプリケーションおよびシステムを設計するための高度な技術的スキルと専門知識の試験です。 ●Advanced Architecting on AWS
AWS認定 デベロッパー -アソシエイト AWS プラットフォームでのアプリケーションの開発と保守についての技術的な専門知識の試験です。 ●Developing on AWS
AWS認定 SysOpsアドミニストレーター -アソシエイト AWS プラットフォームでのデプロイ、管理および運用における技術的な専門知識の試験です。 ●Systems Operations on AWS
AWS認定 DevOpsエンジニア -プロフェッショナル AWS プラットフォームでの分散アプリケーションシステムのプロビジョニング、運用、および管理についての技術的な専門知識の試験です。 ●DevOps Engineering on AWS

「AWS 認定デベロッパー - アソシエイト」または「AWS 認定 SysOps アドミニストレーター - アソシエイト」の取得が必須です。

資格詳細情報の入手先

ホームページURL
https://aws.amazon.com/jp/certification/

ページの先頭へ戻る