コースコード:IN332

DevOps Engineering on AWS(チケットなし)

コース概要

マシン実習

最も一般的な DevOps パターンを使用して、AWS 上でアプリケーションを開発、デプロイ、維持する方法を解説します。また、DevOps 方法の主要な原則を取り上げ、スタートアップ、中小企業、大企業の開発シナリオに適したさまざまなユースケースを紹介します。

受講料 

231,000円(税込)/210,000円(税抜)

開始日(申込締切前)

遠隔ライブ 2/24

講習日数

3日間

到達目標

  • ・ DevOps の手法の主な概念の把握とプラクティスを使用できる。
  • ・ 1 つ以上の DevOps 開発プロジェクトをサポートするインフラストクチャを AWS で設計、実装できる。
  • ・ AWS CloudFormation と AWS OpsWorks を使用して、ソフトウェア開発プロジェクトの開発環境、テスト環境、本番環境の作成に必要なインフラストラクチャをデプロイできる。
  • ・ AWS に Git をセットアップし、AWS で継続的統合環境を実現するための各種オプションを把握できる。
  • ・ 継続的統合と継続的デプロイの主要な原則を使用できる。
  • ・ ブルー/グリーンデプロイや A/B テストなど、AWS テクノロジーを使用して一般的な継続的デプロイのユースケースを実装できる。
  • ・ AWS で使用可能なさまざまなアプリケーションデプロイテクノロジー の違いを確認し、与えられたシナリオに最適なテクノロジーを判断できる。
  • ・ AWS で稼働させるアプリケーションを微調整して高パフォーマンスを実現し、AWS のツールやテクノロジーを使用してアプリケーションと環境で問題が発生しないようモニタリングできる。

前提知識

以下のすべてを満たしている方。
・「Developing on AWS」コースまたは「System Operations on AWS」コースを受講済みの方。
・1つ以上のハイレベルプログラム言語(C#、Javaなど)の実務的知識をお持ちの方。
・コマンドラインレベルの Linux または Windows システムに関する中程度の知識をお持ちの方。
・AWS での AWS マネジメントコンソールと、AWS コマンドラインインターフェイス の両方の使用経験をお持ちの方。

研修コースマップ

クラウドコンピューティング

  • Amazon Web Services

コース内容

1日目
AM
1.DevOps の紹介
 DevOps の文化と手法について説明する
2.AWS コマンドラインインターフェイス
 スクリプトと AWS CLI を使用してインフラストラクチャを管理する方法を理解する
・(ラボ 1) AWS CLI のハンズオン
PM
3.DevSecOps の紹介
 DevOps のアーキテクチャモデルとセキュリティモデルについて説明する
・(ラボ 2)AWS Config を使用して、自動化された AWS IAM ポリシーテストを構築し、実行する
4.デプロイ戦略と開発者用ツール
 DevOps 手法で採用されたさまざまなデプロイ戦略と、CI/CD パイプラインを構築するための AWS 開発者ツールについて学習する
2日目
AM
5. Infrastructure as Code
 AWS CloudFormation とその機能、設計パターンについて説明する
・(ラボ 3)AWS CloudFormation テンプレートのハンズオン
PM
6.AWS 開発者用ツールの詳細
 AWS CodeCommit、AWS CodeBuild、AWS CodeDeploy、AWS CodePipeline、AWS CodeStar の主要な概念と使用方法について詳しく学習する
・(ラボ 4)AWS CodeStar を使用して、非常にシンプルな CI/CD パイプラインをセットアップする
7.AWS での自動化されたテスト
 DevOps 文化での自動化されたテスト段階について取り上げ、AWS を使用した自動化されたテストの活用方法について学習する
3日目
AM
8.構成管理
  AWS OpsWorks for Chef Automate と AWS OpsWorks スタックを使用した構成管理について学習する
・(ラボ 5)AWS OpsWorks for Chef Automate のハンズオン
9.AMI の構築と AWS Systems Manager
  AMI の構築と AWS Systems Manager の概念について学習する
PM
10.コンテナ: Docker と Amazon Elastic Container Service
 Docker とコンテナ化されたデプロイについての基礎を学習する Amazon Elastic Container Service を使用したコンテナ管理と調整について学習する
・(ラボ 6)Docker と Amazon Elastic Container Service のハンズオン
11.お客様導入事例
 別のモジュールで取り上げた AWS のサービスを使用したお客様事例とユースケースについて学習する

留意事項・備考

本研修はチケットなしコースです。
AWS関連コース(チケットあり・なし含む)は以下のリンクからご選択ください。

Amazon Web Services 研修/トレーニング

本研修は、研修提供会社であるAWS社に(受講者氏名・受講者会社名・アンケート結果)を提供いたします。

<本コース受講にあたっては、事前の準備が必須となります。>
 必ず、事前準備情報をご確認、研修開始前までにご準備の上ご受講ください。

開催スケジュール詳細・お申込

「カートに追加」欄の追加をクリックすると、web申込が可能です。
申込期限およびキャンセル期限は、各締切日の16:30です。

◎・・・6名様以上、空いております。
○・・・1~5名様の空きがございます。
△・・・キャンセル待ちとなります。(ただし、備考欄に注記がある場合はキャンセル待ちではありませんので、注記をご参照ください)
空席状況は定期的に更新しています。◎○でも、既に満席の場合はご了承下さい。詳細な空席状況は研修申込センターにお問い合せください。

[スケジュール更新日付:2020年09月14日]

地区 開催番号 会場名 開始日~終了日 日数 講習時間 申込締切日 空席
状況
備考 カートに追加
キャンセル締切日
遠隔ライブ IN332002K 遠隔ライブ研修 2020/09/28~
2020/09/30
3日間 09:30~
17:30
締切ました 申込締切済
キャンセル不可
IN332501K 遠隔ライブ研修 2021/02/24~
2021/02/26
3日間 09:30~
17:30
2021/02/10 追加
2021/02/10