Amazon Web Services 研修/トレーニング

Amazon Web Services 研修/トレーニング

「Amazon Web Services (AWS)」は、ご存知の通り世界的に利用され、パブリッククラウドの中でトップシェアになっています。そのため、クラウドに携わる技術者にとって、押さえておきたいクラウドサービスです。

NECマネジメントパートナーは、AWS認定トレーニングの提供を通して、現場で即戦力として活躍できる技術者を育成しています。

認定トレーニング 役割別即戦力育成

圧倒的な実績

  • AWS認定トレーニングで総受講者数10,000人達成!
  • 設計、開発、運用などエントリーから中・上級コースまでご用意

圧倒的な実績

充実の講師陣

  • AWS認定講師5名のチーム体制
  • 講師はすべてインストラクションのプロフェッショナル
  • 加えて全員マルチクラウドトレーナー、複数のクラウド経験あり

充実の講師陣

選べる豊富なスケジュール

  • 1コース当たり最大15スケジュール/半期開講。都合に合わせてスケジュールを選んで受講可能
  • 単体コースのほか、受験チケット付きコースもご用意

選べる豊富なスケジュール

新しい働き方に対応

  • 遠隔ライブでの実施により、どこからでも受講可能
  • お申し込み頂いた方には事前に丁寧なマニュアルを提供。受講開始までフォローする万全の遠隔ライブサポート体制を整備

    遠隔ライブの詳細はこちら  >

AWS認定トレーニング コースフロー

基礎および役割別のコースフローから、トレーニングコースをお選びください。

AWS認定トレーニング コースフロー

Running Container-Enabled Microservices on AWS DevOps Engineering on AWS チケットなし DevOps Engineering on AWS チケットあり ※3 Advanced Architecting on AWS  チケットなし Advanced Architecting on AWS  チケットあり ※3 Systems Operations on AWS チケットなし Systems Operations on AWS チケットあり ※3 Developing on AWS チケットなし Developing on AWS チケットあり ※2 Architecting on  チケットなし Architecting on  AWSチケットあり ※2 Migrating to AWS AWS Technical Essentials 2 AWS Technical Essentials 1 チケットなし AWS Technical Essentials 1 チケットあり ※1

※1 AWS認定試験:ファンデーションのチケット付き
※2 AWS認定試験:アソシエイトのチケット付き
※3 AWS認定試験:プロフェッショナルのチケット付き

AWS認定トレーニング コース概要

基礎および役割別に、各コース概要をご紹介します。

エントリー | 設計 | 開発 | 運用 | DevOps | 移行

■エントリー
  • AWS Cloud Practitioner Essentials(CPE)
    最新のAWSのサービスに対応した基本的な知識、スキルを習得します。ビジネス的な視点から知っておきたい知識も習得できます。

    遠隔ライブ|集合研修 講習日数:1日間  チケットあり 詳細・お申し込みはこちら

    遠隔ライブ|集合研修 講習日数:1日間  チケットなし 詳細・お申し込みはこちら

  • AWS Practical Startup Workshop (PSW)
    最新のAWSのサービスに対応した基本的な操作を、演習を通じて体系的に習得します。
    遠隔ライブ|集合研修 講習日数:1日間 詳細・お申し込みはこちら
■設計
  • Architecting on AWS
    AWSサービス及びAWSのサービスがクラウドソリューションにどのように適合するかを把握し、AWSクラウドの使用の最適化方法を学習します。アーキテクチャのソリューションは、ビジネス規模や業界によって異なります。複数のAWSクラウドの設計パターンについて、特定のサービスがクラウド設計全体にどのように適合するか学習します。

    遠隔ライブ|集合研修 講習日数:3日間 チケットあり 詳細・お申し込みはこちら

    遠隔ライブ|集合研修 講習日数:3日間 チケットなし 詳細・お申し込みはこちら

  • Advanced Architecting on AWS
    「Architecting on AWS」コースでご紹介した内容を踏まえて、AWS上でデータサービス、ガバナンス、セキュリティを組み込んだ複雑なソリューションを作成する方法について解説します。

    遠隔ライブ | 集合研修 講習日数:3日間 チケットあり 詳細・お申し込みはこちら

    遠隔ライブ | 集合研修 講習日数:3日間 チケットなし 詳細・お申し込みはこちら

■開発
  • Developing on AWS
    AWS SDKを使用して、安全でスケーラブルなクラウドアプリケーションを開発する方法について解説します。コードを使用してAWSを活用する方法や主要なコンセプト、ベストプラクティス、トラブルシューティングのヒントについても紹介します。

    遠隔ライブ | 集合研修 講習日数:3日間 チケットあり 詳細・お申し込みはこちら

    遠隔ライブ | 集合研修 講習日数:3日間 チケットなし 詳細・お申し込みはこちら

■運用
  • Systems Operations on AWS
    自動化や繰り返しが可能なネットワークやシステムのデプロイをAWSプラットフォームで作成する方法について解説します。構成やデプロイに関係するAWS特有の機能やツール、システムの設定やデプロイのために業界全体で使用されている一般的な技術についても紹介します。

    遠隔ライブ | 集合研修 講習日数:3日間 チケットあり 詳細・お申し込みはこちら

    遠隔ライブ | 集合研修 講習日数:3日間 チケットなし 詳細・お申し込みはこちら

■DevOps
  • DevOps Engineering on AWS
    最も一般的なDevOpsパターンを使用して、AWS上でアプリケーションを開発、デプロイ、維持する方法を解説します。また、DevOps方法の主要な原則を取り上げ、スタートアップ、中小企業、大企業の開発シナリオに適したさまざまなユースケースを紹介します。

    遠隔ライブ|集合研修 講習日数:3日間 チケットあり 詳細・お申し込みはこちら

    遠隔ライブ|集合研修 講習日数:3日間 チケットなし 詳細・お申し込みはこちら

■移行
  • Migrating to AWS
    ポートフォリオ検出、アプリケーション移行の計画と設計、移行の実行、移行後の検証やアプリケーションの最適化など、移行プロセスの各段階の詳細な検討を含む、さまざまなクラウド移行戦略について紹介します。
    集合研修 講習日数:2日間 詳細・お申し込みはこちら
  • Running Container-Enabled Microservices on AWS
    Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) を使用して、コンテナ対応アプリケーションを管理およびスケールする方法を学習します。
    集合研修 講習日数:1日間 詳細・お申し込みはこちら

ページの先頭へ戻る