Google Cloud Platform(GCP)認定試験

資格概要

Google Cloud Certified を取得することで、Google Cloud テクノロジーを活用したアプリケーション インフラストラクチャとデータ ソリューションの設計、開発、管理、運用を行うスキルがあることをアピールすることができます。Google Cloud Certified の称号は、Google Cloud テクノロジーを活用して企業を変革し、企業やそのお客様に有意義な影響を与える上で必要なスキルを有することの証明になります。

Google Cloud Platform(GCP)認定試験

試験名試験概要対応コース(詳細・申込へ)
Google Cloud Certified
Associate Cloud Engineer
Google Cloud Platform でアプリケーションのデプロイ、オペレーションのモニタリング、クラウド プロジェクトの管理を行うスキルがあることを示します。 ●Google Cloud Platform Fundamentals:Core Infrastructure
●Architecting with Google Cloud Platform:Infrastructures
Google Cloud Certified
Professional Cloud Architect
Google Cloud Platform でソリューションの設計、構築、管理を行う熟練したスキルがあることを示します。 ●Google Cloud Platform Fundamentals:Core Infrastructure
●Architecting with Google Cloud Platform:Infrastructures
●Architecting with Google Cloud Platform : Design and Process
Google Cloud Certified
Professional Cloud Developer
Google Cloud Platform でスケーラブルでかつ可用性の高いアプリケーションを構築してデプロイするスキルがあることを示します。 ●Google Cloud Platform Fundamentals:Core Infrastructure
●Developing Applications with Google Cloud Platform
Google Cloud Certified Professional Data Engineer Google Cloud Platform でデータ処理システムの設計と構築、機械学習モデルの作成を行う熟練したスキルがあることを示します。 ●Google Cloud Platform Fundamentals: Big Data & Machine Learning
●Data Engineering on Google Cloud Platform

資格詳細情報の入手先

ホームページURL
https://cloud.google.com/certification/?hl=ja

ページの先頭へ戻る