コースコード:SN411

インシデントレスポンス基礎 -フォレンジック解析編-

コース概要

マシン実習

インシデントが発生した際、デジタル機器の証拠保全や証拠の解析を行うために必要なフォレンジック調査手法・技術を修得します。主にWinodwsを対象とした証拠保全や解析に必要となる知識や基本的な方法について修得します。

受講料 

172,800円(8%税込)/176,000円(10%税込)/160,000円(税抜)

※終了日が10月以降の場合、消費税率が10%になります。

開始日(申込締切前)

東京 9/19、11/7、2/17

講習日数

2日間

到達目標

  • ・ フォレンジック解析の「考え方」と「手法」を説明できる。
  • ・ インシデント対応の現場において、証拠保全や解析ができる。

前提知識

以下のいずれかのコースを修了、または同等知識をお持ちの方。
・「インターネットセキュリティ技術」
・「インターネットセキュリティ技術(実習編)」

研修コースマップ

セキュリティ

  • CSIRT向け

スキルチェック

スキルチェック

前提コースにはスキルチェックテストがあります。受講前後のスキル確認にご利用ください。
※スキルチェックテストは無料です。

前提コース「インターネットセキュリティ技術」のスキルチェック

前提コース「インターネットセキュリティ技術(実習編)」のスキルチェック

コース内容

1日目
AM
1.デジタルフォレンジック解析とは
2.証拠保全
・ハードディスク
・メモリ
・仮想マシン
PM
2.証拠保全
・スマートフォン
・証拠保全の記録
・解析にあたって
3.ファイルシステム
・ボリューム
・ファイルシステム
・主なメタ情報
・タイムライン分析
2日目
AM
3.ファイルシステム
・種別判断
・代替データストリーム
・ごみ箱
・MFT
・ジャーナル
・削除ファイルの復元
・カービング
4.ファイル/アーティファクト解析
・レジストリ
・プリフェッチ
PM
4.ファイル/アーティファクト解析
・イベントログ
・ブラウザ履歴
・よく使うファイル
・各種ファイル
・Linuxについて
5.メモリ分析
6.アンチフォレンジック【参考】
7.紹介ツール一覧

留意事項・備考

・カリキュラムについては、一部変更される場合があります。

リコメンド

「インシデントレスポンス基礎 -フォレンジック解析編-」コースを申込んだ人は、こんなコースも申し込んでいます。

開催スケジュール詳細・お申込

「カートに追加」欄の追加をクリックすると、web申込が可能です。
申込期限およびキャンセル期限は、各締切日の16:30です。

◎・・・6名様以上、空いております。
○・・・1~5名様の空きがございます。
△・・・キャンセル待ちとなります。(ただし、備考欄に注記がある場合はキャンセル待ちではありませんので、注記をご参照ください)
週2回空席状況を更新します。◎○でも、既に満席の場合はご了承下さい。詳細な空席状況は研修申込センターにお問い合せください。

[スケジュール更新日付:2019年07月22日]

地区 開催番号 会場名 開始日~終了日 日数 講習時間 申込締切日 空席
状況
備考 カートに追加
キャンセル締切日
東京 SN411202K 芝浦研修センター(第二吾妻ビル) 2019/09/19~
2019/09/20
2日間 09:30~
17:00
2019/09/17 追加
2019/09/12
SN411701K 芝浦研修センター(第二吾妻ビル) 2019/11/07~
2019/11/08
2日間 09:30~
17:00
2019/11/05 追加
2019/10/31
SN411702K 芝浦研修センター(第二吾妻ビル) 2020/02/17~
2020/02/18
2日間 09:30~
17:00
2020/02/13 追加
2020/02/10
おすすめ情報