コースコード:SN384

ハッキング技術 -標的型攻撃編-

コース概要

マシン実習
クラウド実習環境(コース期間中のみ利用可)

標的型攻撃で使用されるマルウェアの主な機能や、感染や不正アクセスを受けた時の痕跡について、講義および実習を通じて修得します。また、標的型攻撃への調査や対策方法のポイントについて修得します。

受講料 

66,000円(税込)/60,000円(税抜)

開始日(申込締切前)

遠隔ライブ 2/9

講習日数

1日間

到達目標

  • ・ 標的型攻撃の流れが説明できる。
  • ・ 標的型攻撃で使用されるマルウェアの主な機能や感染の形跡が把握できる。
  • ・ 標的型攻撃への対策を検討することができる。

前提知識

「ハッキング技術」コースを修了、または同等知識をお持ちの方。

研修コースマップ

セキュリティ

  • システムエンジニア向け
  • CSIRT向け

コース内容

1日目
AM
1.標的型攻撃の概要
・標的型攻撃事例
・標的型攻撃
2.標的型攻撃の手口
・標的型攻撃の手口
PM
2.標的型攻撃の手口
・権限取得
3.標的型攻撃への対策
・マルウェア感染対策
・バックドア対策
・内部侵入対策

留意事項・備考

コース内容は一部変更される事があります。


■会場名が「遠隔ライブ研修」となっているコースについて■

<■遠隔ライブ研修受講にあたっては、事前の準備が必須となります。>
 
お申込みの前に、事前準備をご確認ください。また、ご受講の際は、必ず研修開始前までにご準備ください。

◎事前準備

◆遠隔ツール :Zoom
 Zoomに関する準備手順は、Zoom受講マニュアルよりご確認ください。

◆教材 :電子教材
 研修開始7日前以降に送付いたします。以下の件名のメールよりダウンロードしてください。 
「[開催番号]NECマネジメントパートナー 研修サービス 教材/補助資料ダウンロードURL通知」

◆マシン実習 :クラウド実習
 受講の際、お手持ちのパソコン(Windows10またはMac OS)からクラウド実習環境へ接続いただきます。
 クラウド環境接続確認手順をご確認ください。また、ご受講の際は、必ず研修開始前までにご準備ください。

◆資料配布:OneDrive
 本コースは研修内でOneDriveへのアクセスが必要となります。
 ご受講の際は
OneDrive(テストフォルダ)へのアクセスが可能かどうかご確認ください。

◆追加モニター(※オプション)
 研修中は、講義解説のZoom画面、電子テキスト、演習時の実機操作画面など複数画面を切り替えながら作業します。そのため、追加モニターをご用意いただくことをお勧めしております。

開催スケジュール詳細・お申込

「カートに追加」欄の追加をクリックすると、web申込が可能です。
申込期限およびキャンセル期限は、各締切日の16:30です。

◎・・・6名様以上、空いております。
○・・・1~5名様の空きがございます。
△・・・キャンセル待ちとなります。(ただし、備考欄に注記がある場合はキャンセル待ちではありませんので、注記をご参照ください)
空席状況は定期的に更新しています。◎○でも、既に満席の場合はご了承下さい。詳細な空席状況は研修申込センターにお問い合せください。

[スケジュール更新日付:2021年12月02日]

地区 開催番号 会場名 開始日~終了日 日数 講習時間 申込締切日 空席
状況
備考 カートに追加
キャンセル締切日
遠隔ライブ SN384702K 遠隔ライブ研修 2021/12/03~
2021/12/03
1日間 09:30~
17:00
締切ました 申込締切済
キャンセル不可
SN384703K 遠隔ライブ研修 2022/02/09~
2022/02/09
1日間 09:30~
17:00
2022/02/03 追加
2022/02/03