コースコード:LX118

Linuxシステム管理2

コース概要

マシン実習
クラウド実習環境(コース期間中のみ利用可)

LVM・ソフトウェアRAIDといったディスク管理技術およびそのトラブルシューティング方法を修得します。また、procファイルシステムの参照、ローダブルモジュールの操作、カーネルの再構築といったカーネル周辺技術を修得します。

受講料 

85,800円(税込)/78,000円(税抜)

開始日(申込締切前)

遠隔ライブ 11/12、3/18

講習日数

2日間

講師からのメッセージ

LVM、ソフトウェアRAID、カーネル周辺技術という一歩進んだLinuxのシステム管理技術を取り扱います。最近ではそれらの技術はLinuxのインストール時に自動構成できるため、簡単に導入できる環境が整ってきています。本コースでは、構築方法はもちろんのこと、設定情報の把握やトラブルシューティングといったもう一歩先の技術を修得します。

到達目標

  • ・ LVMを利用したディスク管理ができる。
  • ・ ソフトウェアRAIDを利用したディスク管理ができる。
  • ・ sysctlを利用したカーネルパラメータの調節ができる。
  • ・ カーネルの再構築ができる。

前提知識

「Linuxシステム管理」コースを修了、または同等知識をお持ちの方。

研修コースマップ

UNIX/Linux

  • LinuC レベル2 資格取得
  • Linuxシステム構築/管理

コース内容

1日目
AM
1.RAID
・RAIDとは
・ソフトウェアRAIDの設定
PM
1.RAID
・RAID関連のトラブルシューティング
・稼働中のデバイスのミラー化
2.LVM
・LVMとは
・LVMの設定
2日目
AM
2.LVM
・スナップショット
・LVM関連のトラブルシューティング
3.カーネル
・カーネルモジュール
PM
3.カーネル
・カーネルの再構築
・procファイルシステム

お客様の声

「実習を通して、RAIDやLVMのイメージがつかめたので満足している」
「用語の概念的な意味から説明していただき、導入としても非常に解り易かったと感じました。時間配分もLinuxシステム管理と比べて最後はやや走り気味でしたが丁度良かったと思います。」
「大変満足でした。内容も、「Linuxシステム管理」よりも深かったので、やりがいがありました。」
「イメージや説明をダラダラとするわけでなく最低限必要なコマンド部分だけコンパクトにまとめてあり良いと思いました。」
「カーネルの構築の部分にもうすこし時間を割いてほしかった」
「少し難しい内容だったが理解はできた」

留意事項・備考

■遠隔ライブ受講について■
<本コース受講にあたっては、事前の準備が必須となります。>
 お申込みの前に、必ず、事前準備情報をご確認ください。
また、研修開始前までにご準備の上ご受講ください。
※電子テキストについて
 研修開始7日前以降に送付いたします。以下の件名のメールよりダウンロードしてください。 
「[開催番号]NECマネジメントパートナー 研修サービス 教材/補助資料ダウンロードURL通知」
※本コースでは、クラウド実習環境にてマシン実習を行います。
 クラウド環境に接続できない場合は、マシン実習なしでのご受講となりますのでご注意下さい。詳細は、事前準備情報にてご確認ください。

開催スケジュール詳細・お申込

「カートに追加」欄の追加をクリックすると、web申込が可能です。
申込期限およびキャンセル期限は、各締切日の16:30です。

◎・・・6名様以上、空いております。
○・・・1~5名様の空きがございます。
△・・・キャンセル待ちとなります。(ただし、備考欄に注記がある場合はキャンセル待ちではありませんので、注記をご参照ください)
空席状況は定期的に更新しています。◎○でも、既に満席の場合はご了承下さい。詳細な空席状況は研修申込センターにお問い合せください。

[スケジュール更新日付:2020年10月28日]

地区 開催番号 会場名 開始日~終了日 日数 講習時間 申込締切日 空席
状況
備考 カートに追加
キャンセル締切日
遠隔ライブ LX118501K 遠隔ライブ研修 2020/11/12~
2020/11/13
2日間 09:30~
16:30
2020/11/06 追加
2020/11/06
LX118502K 遠隔ライブ研修 2021/03/18~
2021/03/19
2日間 09:30~
16:30
2021/03/12 追加
2021/03/12