コースコード:SN283

ハッキングセミナー ネットワーク編

コース概要

マシン実習

ブラックボックスハッキングによるミッション形式の実習内により受講者が自ら攻撃対象の脆弱ポイントを見つけ出し、攻撃の過程を実際に体験することでセキュリティ強化のポイントを修得します。
テクニックだけでなくソーシャルエンジニアリングを含むハッカーの思考を体験することにより柔軟に対応できる応用力を身につけます。

受講料 

209,000円(税込)/190,000円(税抜)

開始日(申込締切前)

東京 12/3、2/6

講習日数

2日間

到達目標

  • ・ ネットワークを利用した攻撃に対するセキュリティ強化のポイントを説明できる。

前提知識

Windows及びLinux系コマンドが使用できる。

研修コースマップ

セキュリティ

  • サイバーセキュリティ専門技術者向け

コース内容

1日目
AM
1.ハッキングイントロダクション
2.独自のソースからの統計情報
3.標的の情報を収集
・インターネットサービス登録情報
・ドメイン名登録情報
・命名規則
・電子メールの利用
・検索エンジンの利用
・Webサイトの分析
・ライブセッション
4.ソーシャルエンジニアリング
・手口と心理的な罠
・人的ファクタ
・ポリシーの重要性
PM
5.匿名性の確保
・シェル及びプロキシのセオリ
・匿名プロキシ
・シェルの第三者中継
・TOR(オニオンルータ)
・12P
・ライブセッション
2日目
AM
6.標的を特定
・ポートスキャン・脆弱性スキャン
・既知の脆弱性
・ライブセッション
7.マリシャスコード
・ウイルス・ワーム・トロイの木馬
・ルートキット
・キーロガー
・ライブセッション
PM
8.LANを攻撃
・APRポイゾニング
・DHCP/DNSスプーフィング
・VLANホップ
9.パスワードハッキング
・ブルートフォース
・辞書攻撃・レインボーテーブル
・ライブセッション
10.バッファオーバーフロー
・今も存在する深刻な脆弱性
・ローカルバッファオーバーフロー
・リモートバッファオーバーフロー
・ライブセッション

留意事項・備考

・本コースはサイバーディフェンス研究所との提携コースであり、コース実施のためのお客様の個人情報を提携会社に提供させていただきます。
・講習時間 10:00~18:00(受付開始 9:30)
・コース初日に誓約書類への署名が必要となります。これは、本コースで習得したハッキング技術等を悪意を持って使用しない旨をご誓約いただくものです。

リコメンド

「ハッキングセミナー ネットワーク編」コースを申込んだ人は、こんなコースも申し込んでいます。

開催スケジュール詳細・お申込

「カートに追加」欄の追加をクリックすると、web申込が可能です。
申込期限およびキャンセル期限は、各締切日の16:30です。

◎・・・6名様以上、空いております。
○・・・1~5名様の空きがございます。
△・・・キャンセル待ちとなります。(ただし、備考欄に注記がある場合はキャンセル待ちではありませんので、注記をご参照ください)
週2回空席状況を更新します。◎○でも、既に満席の場合はご了承下さい。詳細な空席状況は研修申込センターにお問い合せください。

[スケジュール更新日付:2019年10月07日]

地区 開催番号 会場名 開始日~終了日 日数 講習時間 申込締切日 空席
状況
備考 カートに追加
キャンセル締切日
東京 SN283701A サイバーディフェンス研究所会場 2019/12/03~
2019/12/04
2日間 10:00~
18:00
2019/11/15 ※注 追加
2019/11/15
SN283702A サイバーディフェンス研究所会場 2020/02/06~
2020/02/07
2日間 10:00~
18:00
2020/01/21 ※注 追加
2020/01/21
おすすめ情報