コースコード:NW9A6

Implementing Cisco Enterprise Advanced Routing and Services (ENARSI) v1

コース概要

マシン実習

このコースでは、エンタープライズネットワークの導入、設定、運用、およびトラブルシューティングに必要な知識とスキルを提供します。本コースは高度なルーティングおよびインフラストラクチャ技術を対象としており、ENCOR (Cisco Enterprise Network Core Technologies) v1コースでカバーしているエンタープライズネットワークの運用、設定を深く掘り下げます。

受講料 

363,000円(税込)/330,000円(税抜)

開始日(申込締切前)

遠隔ライブ 3/6

講習日数

5日間

講師からのメッセージ

【重要】本コースの学習内容は、講師による「講義」部分と、後日受講者が個別に行う「自習」部分があります。
・本コースの講義時間では、講師による「講義」部分の説明および演習を行います。
・本コースの期間中、講師は「自習」部分の説明はしませんのでご注意ください。
・自習部分の解説と学習をご希望の方は「CCNP Enterprise BOOT CAMP ~ENARSI編~」コースをご検討ください。

到達目標

  • ・ 下記にある複雑なエンタープライズネットワークの個別機能の設定、運用、およびトラブルシューティングができる
  • ・ ・IPv4/v6 EIGRP classic設定、名前付き設定
  • ・ ・IPv4/v6 OSPFv2/v3の基本設定、AF設定
  • ・ ・ルートフィルタリング、再配布
  • ・ ・PBR, IP SLAを使ったパス制御
  • ・ ・IPv4/IPv4 MP-BGP
  • ・ ・MPLS/VPN
  • ・ ・DMVPN
  • ・ ・DHCP
  • ・ ・IPv6ファーストホップセキュリティ
  • ・ ・Ciscoルータのセキュリティ機能
  • ・ ・インフラストラクチャのセキュリティサービス

前提知識

下記ネットワークに関しての知識を有している方
・ネットワークの基本と簡単なLANの構築
・基本的なIPアドレスとサブネット□ ルーティングとレイヤ2スイッチングの動作
・基本的な無線LANの概要と用語
事前にENCOR (Cisco Enterprise Network Core Technologies) v1コースにご参加いただくことを推奨します。

研修コースマップ

Cisco

  • CCNP Enterprise資格取得

コース内容

補足情報

1日目
AM
1.EIGRPの実装
・機能概要
・Reliable Transport
・動作
・クラシックモードと名前付きモードの比較
・ルーティング情報の交換
・メトリック
・クラシックモードのメトリック計算
・クラシックモードのメトリック計算例
・フィージビリティの条件
・パス計算の例
PM
2.EIGRPの最適化
・クエリ
・スタブルータ
・SIA (Stuck in Active)
・集約ルート
・ロードバランシング
・認証
3.EIGRPのトラブルシューティング(*自習)
・EIGRPのトラブルシューティングフロー
・ネイバー問題
・ルーティングテーブル問題
・スタブの問題
・集約の問題
・EIGRP for IPv6の問題
・認証の問題
2日目
AM
4.OSPFの実装
・機能概要
・動作
・エリアの階層構造
・設計上の制限
・OSPFメッセージ タイプ
・OSPFv2/OSPFv3の比較
・OSPFv2とOSPFv3のLSAタイプ
・定期的なOSPFデータベースの変更
・LSDBの交換と同期
・マルチアクセスネットワークでのLSDB同期
・SPFアルゴリズムの実行
PM
5.OSPFの最適化
・ルート集約
・デフォルトルートの扱い
・特殊エリア
・特殊エリアのデフォルト ルート コスト
・認証
・仮想リンク
6.OSPFのトラブルシューティング(*自習)
・トラブルシューティングフロー
・隣接関係の問題
・ルーティング問題
・パス選択の問題
・特殊エリアの問題
・集約の問題
3日目
AM
7.再配布の設定
・ルート再配布
・ルート情報の再配布設定
・再配布ルートのメトリック
・OSPF E1, E2ルートのコスト
・再配布タイプ
・双方向再配布
・再配布操作の必要性
・配布リスト
・プレフィックス リスト
・ルートマップ
・再配布の問題点
8.再配布のトラブルシューティング(*自習)
・再配布の問題
・ルートフィードバック
PM
9.パス制御の実装
・パス制御の必要性
・PBRの機能と利点
・PBRの設定
・BFD (Bidirectional Forwarding Detection)
・BFDの動作モード
10.IBGPの実装
・概要
・ネイバー関係
・パス属性
・パス選択
・トランジットAS
・IBGPのパス処理
・IBGPスプリット ホライズン
・IBGPフルメッシュ
4日目
AM
11.BGPの最適化
・Weight属性の設定
・MED属性の設定
・ルート フィルタリングの設定
・ピアグループの設定
・トランジットASにおけるIBGP拡張性の課題
・ルートリフレクタ
・ルートリフレクタの冗長化
・認証
PM
12.MP-BGPの実装
・MP-BGPによるIPv6のサポート
・IPv6 BGPフィルタリング
13.BGPのトラブルシューティング (*自習)
・BGPのモニタ
・ネイバー関係の問題
・BGPモニタリングの理解
・IBGPのトラブルシューティング
・MP-BGPのトラブルシューティング
14.MPLS概要(*自習)
・基本的なIPルーティング
・MPLSの機能と利点
・MPLS用語
・構成要素
・入力エッジLSR
・中間のLSR
・出力エッジLSR
・MPLSラベル
・FECとMPLSの転送
・ラベルフォーマット
・LDP (Label Distributing Protocol)
・LDPを使用したパケットの転送
・IGPとLDPの伝搬
15.MPLS L3 VPNアーキテクチャ(*自習)
・概要
・PEルータのアーキテクチャ
・VRF
・顧客ルート情報の伝搬
・Route Distinguisher
・Route Targets
・RTとRDの処理フロー
16.MPLS L3 VPNのルーティング(*自習)
・MPLS L3 VPNルーティング要件
・インターネット ルーティングのサポート
・PEルータのルーティングテーブル
・ルーティング情報の伝搬
・エンドツーエンドのパケットフロー
・PHP
・VPNラベルの伝搬
17.VRF-Liteの設定
・PEルータのルーティングコンテキスト
・VPN対応のルーティングプロトコル
・VRFテーブル
・VRF-Liteの機能
・VRF-Liteの実装
・新形式のVRF CLIへの移行
・VRF-Liteを使用したルーティング
5日目
AM
18.DMVPNの実装
・概要
・構成要素
・GRE
・NHRP
・動作
・認証
・ハブの設定
・スポークの設定
・ルーティング設定
・動作確認
19.DHCPの実装
・概要
・DHCPリレー
・手動アドレスバインディング
・DHCPオプション
・IPv6 SLAAC概要
・DHCPv6概要
・DHCPv6の動作
・ステートレスDHCPv6の概要
・DHCPv6リレーエージェント
・DHCPのトラブルシューティング
・クライアントへのIPv6アドレス割り当てのトラブルシューティング
20.IPv6ファーストホップセキュリティ(*自習)
・IPv6 Snooping
・IPv6 ND Inspection
・IPv6 RA Guard
・DHCPv6 Guard
・IPv6 Source Guard
・IPv6 Destination Guard
PM
21.セキュアなCiscoルータ
・IPv4 ACL概要
・IPv4 ACLのフィルタリングとしての利用
・タイムベースドIPv4 ACL
・IPv6 ACL概要
・IPv6 ACLのフィルタリングとしての利用
・ACLのトラブルシューティング
・コントロール プレーンのセキュリティ
・CoPP (*自習)
・CoPPの実装手順(*自習)
・uRPF
・uRPF設定例
22.インフラストラクチャ セキュリティとサービスのトラブルシューティング(*自習)
・AAA概要
・ローカルDBを使用したAAA設定
・AAAサーバを使用したAAA設定
・AAAのトラブルシューティング
・SNMP
・SNMPのトラブルシューティング
・Syslog
・ネットワーク管理プロトコル
・NetFlow
・Cisco Flexible NetFlow
23.DNA Centerアシュアランスのトラブルシューティング(*自習)
・DNAアシュアランスの必要性
・Cisco AIネットワーク分析
・DNAアシュアランスのヘルススコア
・Path Traceの使用
・DNAアシュアランスのトラブルシューティング ユースケース
・本コース23セクションの内の10セクションは、コース中にインストラクタは説明せず、自習していただく部分です。(自習部分も300-410 ENARSI試験の範囲に含まれています)
・自習セクションは 学習内容項目の右に(*自習)と記述しています。
・自習セクションの講義と解説をご希望の方は、CCNP Enterprise BOOT CAMP ~ENARSI編~をご検討ください。

留意事項・備考

・本コースは、トレノケート株式会社のコンテンツを使用します。
・トレノケート株式会社の「研修運営事務局 generalsalessupport@trainocate.co.jp」から
件名:「 【受講トレーニングのご案内と事前準備のお願い】開催日程 コース名」 というご案内(開講通知案内)が、コース開始日の1~2営業日前までに送付されます。
・本コースは、トレノケート株式会社との提携コースであり、コース実施のためお客様の個人情報をトレノケート株式会社に提供させていただきます。
・オンライン参加の場合、テキスト閲覧と演習環境アクセスにGoogle Chromeブラウザが必要となります。
・本コースの受講証明書は、シスコ社より発行されます(発行基準 100%の出席)。
・本コースにはトレノケートが独自作成した各種資料が付属します。
・学習内容は予告なく変更される場合があります。

開催スケジュール詳細・お申込

「カートに追加」欄の追加をクリックすると、web申込が可能です。
申込期限およびキャンセル期限は、各締切日の16:30です。

◎・・・6名様以上、空いております。
○・・・1~5名様の空きがございます。
△・・・キャンセル待ちとなります。(ただし、備考欄に注記がある場合はキャンセル待ちではありませんので、注記をご参照ください)
空席状況は定期的に更新しています。◎○でも、既に満席の場合はご了承下さい。詳細な空席状況は研修申込センターにお問い合せください。

[スケジュール更新日付:2022年10月28日]

地区 開催番号 会場名 開始日~終了日 日数 講習時間 申込締切日 空席
状況
備考 カートに追加
キャンセル締切日
遠隔ライブ NW9A6504A 遠隔ライブ研修 2023/03/06~
2023/03/10
5日間 09:30~
18:00
2023/02/09 ※注 追加
2023/01/31