コースコード:LX115

Linuxトラブルシューティング

コース概要

マシン実習

Linuxシステムの運用において、障害の検出とその解決ができるよう、システムをいくつかの領域に分類し、代表的な問題を取り上げ紹介します。また、その際の解決方法について、マシン実習を通して修得します。

受講料 

84,240円(税込)/78,000円(税抜)

開始日(申込締切前)

東京 12/20、3/18

講習日数

2日間

講師からのメッセージ

本コースでは、できるだけ多くのの障害例をご紹介し、具体的な復旧手順を紹介しています。

このコースでは、実際にトラブルを起こし修復するといった演習を行っており、お客様からご好評いただいています。
主に起動まわりや認証まわりに関して、より深い知識を修得することができます。

到達目標

  • ・ 障害の一次切り分けができる。
  • ・ レスキューモードを使用した障害の復旧ができる。
  • ・ ブートの流れを理解し、ブート時の問題発生ポイントを特定し、その復旧ができる。
  • ・ ログイン障害や、サービス起動時の障害をシングルユーザーモードを利用して復旧できる。
  • ・ ファイルシステム関連の障害を復旧できる。

前提知識

「Linuxネットワーク管理1」コースを修了、または同等知識をお持ちの方。

研修コースマップ

UNIX/Linux

  • Linux全般
  • LinuC レベル2 資格取得

スキルチェック

スキルチェック

本コースおよび前提コースにはスキルチェックテストがあります。受講前後のスキル確認にご利用ください。
※スキルチェックテストは無料です。

本コースのスキルチェック

前提コース「Linuxネットワーク管理1」のスキルチェック

コース内容

カリキュラム詳細

Linuxトラブルシューティング

第 1 章トラブルシューティングの概要
トラブルシューティングの概要
各種リソースの利用
バックアップ
第 2 章ブート時のトラブルシューティング
ブートの流れ
ブートローダーの起動
カーネルの起動
initプログラムの起動
ブート時のトラブルシューティング
第 3 章ログイン時のトラブルシューティング
PAMを用いたログイン
パスワード認証
ログイン時のトラブルシューティング
第 4 章ファイルシステムのトラブルシューティング
ファイルシステムとファイルシステム破壊
その他のファイルシステム関連の障害
ファイルシステムのトラブルシューティング

 
AM
PM
1日目
1.トラブルシューティングの概要
2.ブート時のトラブルシューティング
2.ブート時のトラブルシューティング
3.ログイン時のトラブルシューティング
2日目
3.ログイン時のトラブルシューティング
4.ファイルシステムのトラブルシューティング
4.ファイルシステムのトラブルシューティング

お客様の声

「擬似障害発生スクリプトで実際にトラブルシュートできる演習形態はよい。」
「Linuxのブートなど内部的な処理が理解できた。」
「起動トラブル対処が特に満足しています。」
「もう1、2時間演習時間が欲しかったが、充分に満足の行く内容だったと思う。」
「今後の業務に生かせる内容であったため非常に満足した。」
「実務でつかえる内容が多く、満足している。」

リコメンド

「Linuxトラブルシューティング」コースを申込んだ人は、こんなコースも申し込んでいます。

開催スケジュール詳細・お申込

「カートに追加」欄の追加をクリックすると、web申込が可能です。
申込期限およびキャンセル期限は、各締切日の16:30です。

◎・・・6名様以上、空いております。
○・・・1~5名様の空きがございます。
△・・・キャンセル待ちとなります。(ただし、備考欄に注記がある場合はキャンセル待ちではありませんので、注記をご参照ください)
週2回空席状況を更新します。◎○でも、既に満席の場合はご了承下さい。詳細な空席状況は研修申込センターにお問い合せください。

[スケジュール更新日付:2018年09月18日]

地区 開催番号 会場名 開始日~終了日 日数 講習時間 申込締切日 空席
状況
備考 カートに追加
キャンセル締切日
東京 LX115501K 芝浦研修センター(第二吾妻ビル) 2018/12/20~
2018/12/21
2日間 09:30~
16:30
2018/12/18 追加
2018/12/14
LX115502K 芝浦研修センター(第二吾妻ビル) 2019/03/18~
2019/03/19
2日間 09:30~
16:30
2019/03/14 追加
2019/03/12
おすすめ情報