コースコード:SV258

ソーシング・ガバナンス・ファンデーション (試験あり)

コース概要

「アウトソーシング・プロジェクトの進め方」、および「ソーシング統制(ガバナンス)に必要な要素と組織化への適用」について主に学習します。研修の最後にAPMG認定の「ソーシング・ガバナンス・ファンデーション試験」を受験します。

受講料 

162,000円(8%税込)/165,000円(10%税込)/150,000円(税抜)

※終了日が10月以降の場合、消費税率が10%になります。

講習日数

2日間

講師からのメッセージ

アウトソーシングは、外注管理やベンダマネジメントだけではなく、広範囲の戦略的なものです。アウトソーシングでは、それを内部で行うのか外部から調達するのかの判断から始まり、契約後は支払っている費用に相応しい価値をどう得るか、得られていないならどうするかを管理して行きます。多くのIT部門や外部サービスプロバイダでの外部調達費用は全体の30~50%を占める大きなものであり、適切に複数のアウトソーサをガバナンスしていく事が課題となります。 このような戦略的で長期的で広範囲で、ITのコストに多大の影響を与える分野であるにも関わ らず、それに関係する人材育成は、これまでは、各社において“失敗と成功の経験”を通じてし か進めることができませんでした。そこで、本コースは、このような人材「アウトソーシング・ プロフェッショナル」を効果的かつ効率的に育成することを目的としています。

到達目標

  • ・ ITサービスの調達と提供についての、ソーシング戦略作成~契約~移行~移行後のガバナンスに関するグローバルな主要コンセプト、キーワードを説明できる。
  • ・ インソーシング/アウトソーシングの狙いを的確に理解し、ソーシング・プロジェクトを推進するステージと様々なプラクティスの基礎を説明できる。
  • ・ ビジネス要求に対するIT提供の的確なガバナンスの諸要素と組織化への適用のポイントを説明できる。
  • ・ ソーシングガバナンスファンデーション試験の設問に解答できる。

前提知識

IT関連の実務経験があることが望ましい。

研修コースマップ

サービスマネジメント

  • ITサービスマネジメント

コース内容

1日目
AM
1.アウトソーシング紹介
・アウトソーシングとは何か?
・アウトソーシングと単なる外注の違い
・何故アウトソーシングするのか?
2.アウトソーシングの準備
・アウトソーシングする対象をどのように決めるのか
・(特にクラウドなど)サービス化の時代における対象範囲決め(スコーピング)
・アウトソーシングのリスクと対処
・理解を確認する質疑応答(討議)
PM
3.サプライヤ選定とデュディリジェンス
・スコープ内の詳細な要件の定義
・アウトソーサ選定のためのRFI、RFPの内容
・アウトソーサ選定手続き(デュディリジェンスや評価表等)
・理解を確認する質疑応答(討議)
4.アウトソーシングの財務と価格付け
・内部で進める場合とアウトソーシングする場合の財務的な面からの判断の基礎
・様々な価格付けの種類と、アウトソーシングの狙いや形態に対してどのように選択するか
・アウトソーシング形態に合う価格付けとそのリスクの評価(演習)
5.契約交渉
・アウトソーシングにおける契約の体系や種類について(基本契約やサービス毎の契約等)
・契約更新や終了などの注意点
・理解を確認する質疑応答(討議)
2日目
AM
6.アウトソーシング環境への移行
・契約したアウトソーサへのリソースやサービスの移行
・サービス提供までの移行プロジェクトの進め方概要と注意事項
・理解を確認する質疑応答(討議)
7.デマンドサプライ・ガバナンス・フレームワーク
・ソーシング・ガバナンスとは何か
・マルチソーシング環境におけるガバナンスとは何か、その対象は何か
・ソーシング・ガバナンスの為のフレームワークについて
・理解を確認する質疑応答(討議)
PM
8.デマンドサプライ組織の設計
・ソーシングガバナンスの組織化と運営について
・理解を確認する質疑応答(討議)
9.ソーシングガバナンスファンデーション模擬試験
・模擬試験の実施と解説
・質疑応答
10.ソーシングガバナンスファンデーション認証試験(60分)

お客様の声

・このコースを受講したことにより、世界的なベストプラクティスを学び、考え方の基礎が出来たと感じています。今まで日本国内では明確ではなかった分野ですが、グローバルで働いている中では、日常的に使用されている言葉がコース内で定義されており、ようやく納得できた気がします。
・ソーシング・ガバナンス・ファンデーションコースに参加し、クラウド商談の全体の流れを理解でき、自信をもって顧客へ提案することができるようになりました。この自信が、商談成立、売り上げ向上につながり始めているように思います。
・最近のクラウド化や、複数会社へのアウトソーシングという環境の中で、お客様の求められるアウトソーシング戦略をどのように進め、アウトソーシング移行後にどのようにガバナンスをとるかについて、自分の今までの知識と経験を整理することができました。

留意事項・備考

・本コースは、PDU対象コース(14PDU)(カテゴリーA)(サブカテゴリー:戦略/ビジネスマネジメント)です。
(2015年12月1日以降、カテゴリーAのPDUを申請する時にサブカテゴリーを申告する必要があります。
※本コース受講は、PMP(R)受験資格とはなりませんのでご注意ください。

・弊社では、皆様の受講履歴を3年間に限り保管していますので、発行できる修了証書は過去3年間の開催コースに限ります。

・試験当日(研修最終日)は、本人確認できるもの(社員証、運転免許証など)をお持ちください

・本コースは日本クイント株式会社との提携コースであり、コース実施のためのお客様の個人情報を提携会社に提供させていただきます。

開催スケジュール詳細・お申込

今期の開催スケジュールはすべて終了しました。