コースコード:ST098

実習で身につける ISMSリスクアセスメント

コース概要

ISMS構築やセキュリティポリシー作成のためのリスクマネジメントの枠組みを理解し、実習を通してリスクアセスメントの手法やリスク分析の具体的な手順、リスク受容のポイントについて修得します。

受講料 

86,400円(8%税込)/88,000円(10%税込)/80,000円(税抜)

※終了日が10月以降の場合、消費税率が10%になります。

開始日(申込締切前)

東京 2/20

講習日数

2日間

講師からのメッセージ

今は情報セキュリティがマネジメントされているのが当たり前の時代!
しかし、限られたリソースの中効果的な情報セキュリティを維持管理していくためには、選択と集中が必要です。
本研修コースでは、ISO/IEC 27001に基づいて情報セキュリティにおける課題とすべき問題点を抽出するためのアセスメントについて解説いたします。
これからISMS認証の取得を目指している方、情報セキュリティ対策の優先度を検討したいと考えている方は是非ともご受講をご検討下さい。

到達目標

  • ・ 情報セキュリティにおけるリスクについて説明ができる。
  • ・ リスクマネジメントの枠組みを説明できる。
  • ・ 「情報資産の洗い出し」~「リスク評価」の手法が説明できる。
  • ・ どこまでの対策を行うかの判断基準(リスク受容水準)のポイントが整理できる。
  • ・ リスクに対し、どのような対策をすればよいか(リスク対応)を説明できる。

前提知識

以下のいずれかのコースを修了、または同等知識をお持ちの方。
・「実例で学ぶISMS構築」
・「実習で身につける ISMS内部監査」  

研修コースマップ

セキュリティ

  • セキュリティ管理者向け

コース内容

1日目
AM
1.導入
2.情報セキュリティリスクマネジメント
3.状況の設定
4.情報セキュリティリスクアセスメント
5.リスク特定
・演習:ベースラインアプローチ
PM
5.リスク特定
・演習:資産の特定(資産の調査)
6.リスク分析
・演習:結果のアセスメント(資産価値の算出)
2日目
AM
6.リスク分析
・演習:リスク分析
PM
7.リスク評価
8.情報セキュリティリスク対応
9.情報セキュリティリスクの受容
・演習:情報セキュリティリスクの受容
10.リスク対応の実施・リスクの見直し
11.情報セキュリティリスクコミュニケーション及び協議
12.情報セキュリティリスクのモニタリングとレビュー

お客様の声

「演習が多く、受け身にならない点が良かった」

留意事項・備考

講習時間9:30~17:00
本コースでは、講習テキスト以外にJIS Q 27001も配布致します。
※ 認証基準 JIS Q 27001:2014(ISO/IEC27001:2013) に対応しています。
■問い合わせ先:ISMS研修センター Email:isms-ask@learning.jp.nec.com

・講師陣は、ISMS主任審査員又は、セキュリティの専門家で編成された当社講師および外部講師で実施いたします。
※ ISO27005:2011及びJIS Q 31000:2010(ISO31000:2009)の内容に対応しています。
・本コースについて、お申し込み受講者人数が実施条件に満たない場合は、開催を中止させていただくことがございますので、あらかじめご了承下さい。

リコメンド

「実習で身につける ISMSリスクアセスメント」コースを申込んだ人は、こんなコースも申し込んでいます。

開催スケジュール詳細・お申込

「カートに追加」欄の追加をクリックすると、web申込が可能です。
申込期限およびキャンセル期限は、各締切日の16:30です。

◎・・・6名様以上、空いております。
○・・・1~5名様の空きがございます。
△・・・キャンセル待ちとなります。(ただし、備考欄に注記がある場合はキャンセル待ちではありませんので、注記をご参照ください)
週2回空席状況を更新します。◎○でも、既に満席の場合はご了承下さい。詳細な空席状況は研修申込センターにお問い合せください。

[スケジュール更新日付:2019年09月09日]

地区 開催番号 会場名 開始日~終了日 日数 講習時間 申込締切日 空席
状況
備考 カートに追加
キャンセル締切日
東京 ST098701K 芝浦研修センター(第二吾妻ビル) 2020/02/20~
2020/02/21
2日間 09:30~
17:00
2020/02/18 追加
2020/02/14
おすすめ情報