コースコード:SN191

セキュリティ技術者短期養成

コース概要

マシン実習

クラッキング対策やファイアウォール、IDSなどのセキュリティシステムについて、また、暗号、認証技術(PKI、VPN)など、セキュリティ技術者にとって必要な技術をマシン実習を通し、短期間に集中して修得します。

受講料 

192,500円(税込)/175,000円(税抜)

講習日数

5日間

到達目標

  • ・ セキュリティの重要性、脅威の種類、実際の攻撃者の攻撃手法、インターネットプロトコルの弱点等を理解することで、対応策を立案できる。
  • ・ セキュリティ監査手法として役立てる。
  • ・ ファイアウォール、プロキシサーバ、リモートアクセスサーバ、IDSなどのセキュリティ対策ツールの特徴、機能などを理解することで、セキュアなネットワーク構築の検討・提案することができる。
  • ・ IPsecを構成するプロトコルの構成要素や文書体系を列挙でき、VPNを構築できる。
  • ・ 盗聴、改ざん対策を行うことができる。

前提知識

以下のいずれかのコースを修了、または同等知識をお持ちの方。
・「TCP/IPプロトコル」
・「TCP/IPプロトコル(eラーニング)」
・「TCP/IPプロトコル(eラーニング+CD-ROM)」
・「TCP/IPプロトコル(eトレーニング)」

研修コースマップ

セキュリティ

  • システムエンジニア向け

コース内容

1日目
AM
1.インターネットセキュリティ概要
2.不正侵入の概要
3.事前調査
PM
3.事前調査
2日目
AM
4.権限取得
PM
5.不正実行
6.事後処理
3日目
AM
6.事後処理
7.セキュリティ対策
PM
8.暗号技術(暗号化方式、電子署名、公開鍵証明書、PKI)
4日目
AM
8.暗号技術(暗号化方式、電子署名、公開鍵証明書、PKI)
9.IPsecによるVPN構築
PM
9.IPsecによるVPN構築
10.TCP/IPアプリケーションプロトコルの弱点
5日目
AM
10.TCP/IPアプリケーションプロトコルの弱点
PM
10.TCP/IPアプリケーションプロトコルの弱点
11.セキュリティネットワーク構成のポイント
12.セキュリティガイドライン

留意事項・備考

・本コースは、「インターネットセキュリティ技術(実習編)」、「ハッキング技術」および「IPsecによるVPN構築」と同等の内容になります。

開催スケジュール詳細・お申込

今期の開催スケジュールはすべて終了しました。

おすすめ情報