コースコード:SD427

アジャイル開発ワークショップ-Javaでアジャイル開発の要点を体得しよう-

コース概要

マシン実習

JavaによるWebアプリケーションのスプリントを複数回繰り返すワークショップを通して、開発チームメンバーとしてアジャイル開発に取り組む上での考え方や行動の勘所を修得します。

受講料 

110,000円(税込)/100,000円(税抜)

講習日数

2日間

講師からのメッセージ

JavaによるWebアプリケーション開発において、ユーザーストーリーを基にスプリント計画~朝会~スプリント~スプリントデモ~ふりかえりを3回繰り返すことで、スクラムによるソフトウェア開発の全体像とロール、イベント、および成果物を体得します。また、スクラムによるソフトウェア開発を体験することで、開発者自身、およびスクラムチームとしての成長も体感できます。

到達目標

  • ・ プロダクトオーナーの依頼に基づきソフトウェアを開発できる。
  • ・ スプリントバックログを作成できる。
  • ・ 開発規模の見積りができる。
  • ・ チームとしてソフトウェアプロダクトを開発できる。
  • ・ 進捗状況を確認できる。
  • ・ スプリントレビューでプロダクトオーナーに成果を説明できる。
  • ・ ふりかえりでプロセスや開発手法を改善できる。

前提知識

以下のすべての条件を満たしている方。
・「明日から実践できるアジャイル開発の基礎」の修了、または同等の知識をお持ちの方
・「JavaによるWebアプリケーション開発 1 -サーブレット・JSP-」の修了、または同等の知識をお持ちの方

研修コースマップ

システム開発

  • アジャイル開発

コース内容

1日目
AM
1.アジャイル開発ワークショップの概要
・アジャイル開発ワークショップの概要
・開発対象システムの概要
2.チーム開発の準備
・開発環境の確認
・開発の進め方の検討
・スプリントバックログの確認
・開発規模の見積
PM
3.スプリント
・スプリントプランニング
・スプリント
・スプリントレビュー
・ふりかえり
2日目
AM
4.初日のふりかえり
・初日のふりかえり
5.スプリント
・スプリントプランニング
・スプリント
・スプリントレビュー
・ふりかえり
PM
6.スプリント
・スプリントプランニング
・スプリント
・スプリントレビュー
・ふりかえり
7.全体のふりかえり
・成果発表
・質疑応答

留意事項・備考

本コースはJavaのWebアプリケーションを題材としています。PythonのWebアプリケーションを希望される方は、「アジャイル開発ワークショップ-Pythonでアジャイル開発の要点を体得しよう-」コースをご覧ください。

開催スケジュール詳細・お申込

開催スケジュールは、日程が決まり次第掲載致します。

おすすめ情報