コースコード:PJ296

PMのためのIT投資対効果の考え方 -IT投資マネジメントの基礎-

コース概要

IT投資の提案者や評価者が身につけておきたいIT投資マネジメントに関する実践的スキルを学習します。IT投資の費用対効果の説明のしかた、IT投資ポートフォリオモデルの活用のしかたなどを講師による解説とグループ演習を通して修得します。

受講料 

44,000円(税込)/40,000円(税抜)

講習日数

1日間

講師からのメッセージ

顧客側の立場でIT投資マネジメントの在り方を考えることにより、費用対効果を把握し、確実な企画や発注業務ができるようになります。また、ベンダ側の方は説得力のある顧客提案ができるようになります。

到達目標

  • ・ IT投資が抱える課題とそれを解決する各種方法論が説明できる。
  • ・ IT投資マネジメント先進企業の取り組み状況が説明できる。
  • ・ IT投資対効果分析のフレームワークが設計できる。

前提知識

経営企画またはIT関連業務(企画、開発、運用、保守など)の経歴を3年以上お持ちの方。

コース内容

1日目
AM
1.今なぜIT投資マネジメントなのか
・我が国のIT投資を取り巻く環境
・IT投資マネジメントが抱える課題
2.演習1:投資効果は金額換算するべきか
3.IT投資マネジメント概論
・IT投資マネジメントに関するガイドライン
・ITIM成熟度モデル
PM
4.IT投資マネジメントシステムを構築する
・IT投資マネジメントプロセス
・ITバランススコアカード
・IT投資ポートフォリオモデル
・ITプロジェクトの費用対効果分析
5.演習2:社内人件費は費用計上するべきか
6.演習3:説明責任は誰が果たすべきか

お客様の声

ありがとうございました。他社の状況など情報を得ることもあり、大変勉強になりました。本研修をもって、自社の仕組み改善につとめていきたいと思います。
また本日の講師の講義を受けたいと思う。
今回の内容も非常に有意義でした。中堅以上のPMはこのような経験に基づいた講義や自分の担当するテリトリー外の知識をつけることが重要だと思います。大変役立つ内容でした。有難うございました。
コンパクトにまとめられていたので良かったと思う。
演習問題など実践的で参考になった。
話し方、話すスピードなど丁寧で良かったと思う。
体系的な話を聞けて良かった。他社事例や計算式など活用したいと思います。

留意事項・備考

・本コースは、従来の「PMのためのIT投資マネジメントの考え方 -費用対効果を把握するためのフレームワーク-」のコース名を「PMのためのIT投資対効果の考え方 -IT投資マネジメントの基礎-」に変更したものです。コースの内容自体は同じですので、既に従来コースを受講された方はご注意ください。

・本コースは、PDU対象コース(7PDU)(カテゴリーA)(サブカテゴリー:戦略/ビジネスマネジメント)です。(2015年12月1日以降、カテゴリーAのPDUを申請する時にサブカテゴリーを申告する必要があります。

・本コース受講により、「7時間の公式なプロジェクトマネジメントの研修の受講(PMP受験資格)」となります。

・弊社では、皆様の受講履歴を3年間に限り保管していますので、発行できる修了証書は過去3年間の開催コースに限ります。

・受講希望者数が一定の人数に達しない場合、延期または中止となる事がありますのでご了承下さい。

・「PMI」、「PMP」、「Project Management Professional」および「PMBOK(R)ガイド」は、米国Project Management Institute, Inc.の米国その他の国における登録商標です。

開催スケジュール詳細・お申込

・開催スケジュールは、日程が決まり次第掲載致します。 ・本コースは、カスタムメイド研修(一社向け研修)としても実施致します。最低実施料金は1名様分の受講料の10名様分程度が目安です。 詳細につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。」

おすすめ情報