コースコード:NW705

Implementing Cisco IP Switched Networks (SWITCH) v2.0 ~CCNP BOOT CAMP スイッチング編~(試験あり)

コース概要

マシン実習

高速イーサネットのマルチレイヤスイッチングテクノロジを用いた大規模キャンパスネットワークの構築方法を学習します。
レイヤ2とレイヤ3技術をカバーし、Catalystスイッチにおけるルーティングとスイッチングの両方の技術を学習します。また、認証およびポートセキュリティといったネットワークの最適化手法を実践的に学びます。
講習の最後にSWITCH 300-115J 試験を受験します。

受講料 

318,600円(8%税込)/324,500円(10%税込)/295,000円(税抜)

※終了日が10月以降の場合、消費税率が10%になります。

講習日数

5日間

到達目標

  • ・ 階層型キャンパスネットワークの構造、基本的なスイッチ操作、SDMテンプレートの使用、PoEおよびLLDPについて説明できる。
  • ・ VLAN・トランクの実装や、VTPの説明ができる。
  • ・ IPv4およびIPv6環境でDHCPを実装できる。
  • ・ ポートアグリゲーションの設定ができる。
  • ・ PVST +、Rapid PVST +、MSTなど、ネットワークに合ったSTPメカニズムの最適化ができる。
  • ・ マルチレイヤスイッチでのルーティングの設定ができる。
  • ・ NTP、SNMP、IP SLA、ポートミラーリングの設定ができる。
  • ・ StackWiseとVSSの動作を確認できる。
  • ・ IPv4およびIPv6環境でのファーストホップの冗長性を実装できる。
  • ・ 推奨されるプラクティスに従って、キャンパスネットワークを保護できる。

前提知識

CCNA R&S資格を取得済みの方(CCNP R&S資格取得のためにはCCNA R&S資格が必須です)。

研修コースマップ

Cisco

  • CCNP資格取得

コース内容

1日目
AM
1.ネットワーク設計の基本コンセプト
PM
2.キャンパスネットワークのアーキテクチャ
2日目
AM
3.スパニングツリーの実装
PM
3.スパニングツリーの実装
3日目
AM
4.Inter-VLANルーティング
PM
4.Inter-VLANルーティング
4日目
AM
5. ハイアベイラビリティ
PM
6.First Hop Redundancy Protocolの実装
5日目
AM
6.First Hop Redundancy Protocolの実装
7.キャンパスネットワークのセキュリティ
PM
7.キャンパスネットワークのセキュリティ
8.SWITCH 300-115J 試験(120分)

留意事項・備考

・本コースはトレノケート株式会社との提携コースであり、コース実施のためのお客様の個人情報を提携会社に提供させていただきます。
・本コースはNW34「CCNP BOOT CAMP スイッチング編 ~SWITCH v1.0対応~」と同じ内容です。

開催スケジュール詳細・お申込

開催スケジュールは、日程が決まり次第掲載致します。