コースコード:MU98D

Windows Server 2016 管理1 -基本管理編-

コース概要

マシン実習

Windows Server 2016管理者向けの基礎コースで、製品概要、OSのインストール、ディスク管理、ファイルサービスの管理、システムバックアップとリストアなど、管理者が知っておくべき基本機能を学習します。

受講料 

99,000円(税込)/90,000円(税抜)

講習日数

2日間

到達目標

  • ・ Windows Server 2016 の概要と新機能について説明できる。
  • ・ Windows Server 2016 のインストールと構成ができる。
  • ・ ローカル記憶域の実装ができる。
  • ・ ファイルとプリンターの共有ができる。
  • ・ Windows Server 2016 の保守ができる。

前提知識

Windowsの基本操作ができる方。

研修コースマップ

新入社員研修/内定者研修

  • OS

コース内容

1日目
AM
1.Windows Server 2016 の概要と新機能
・Windowsファミリー
・Windows Server 2016 のエディション
・Windows Server 2016 の利用用途
・Windows Server 2016 エディション機能比較
・Windows Server 2016 新機能 Windows コンテナー
・Windows Server 2016新機能 Nano Server
・Windows Server 2016新機能 Windows Defender
・Windows Server 2016新機能 フェールオーバークラスター
・Windows Server 2016新機能 記憶域スペースダイレクト
・Windows Server 2016新機能 シールドされた仮想マシン
2.Windows Server 2016 のインストール
・システム要件
・Windows Server 2016 インストール
・参考:Server Coreのインストール
・サーバーマネージャー
・インストール後の構成
・Windows Server 2016のライセンス
・参考:ライセンス
PM
3.ユーザーとグループの管理
・ワークグループ
・ドメイン
・既定のユーザーアカウント
・既定のグループアカウント
・特殊グループ
・ユーザーアカウントの作成
・グループアカウントの作成
・ドメイン環境でのアカウント管理
4.ディスクの管理
・パーティション テーブル形式の選択(MBR・GPT)
・ベーシックディスクとダイナミックディスク
・ファイルシステム
・マウントポイントおよびリンク
・ボリュームの拡張および縮小
・記憶域スペース
・仮想ディスクの構成
・データ重複除去
・NTFSアクセス許可
・NTFSアクセス許可の種類
・継承と継承のブロック
・有効なNTFSアクセス許可
・フォルダーの共有
・共有アクセス許可
・アクセスベースの列挙
・オフライン ファイル
・ファイルサーバーリソースマネージャー
・シャドウコピー
・参考:コピーや移動による属性の変化
2日目
AM
4.ディスクの管理
 続き
PM
5.プリンターの管理
・プリンターの管理
・プリンターの追加
・プリンターのアクセス許可
・プリンタープール
・利用可能時間と優先順位
・印刷とドキュメントサービス
・ブランチオフィスの直接印刷
6.Windows Server 2016 の保守
・リモートデスクトップ
・RSAT
・イベントビューアー
・パフォーマンス
・Windows Server バックアップ
・参考:Windows Server 2016 をインストールしたボリュームの復元

留意事項・備考

マイクロソフト認定コース「Installation, Storage, and Compute with Windows Server 2016」の抜粋版テキストと、弊社オリジナルテキストを組み合わせて実施いたします。

このコースは、SAトレーニング受講券対象コースです。
なお、SAトレーニング受講券対象コース一覧はこちらです。※先着トクトク割引スケジュールは対象外です。

開催スケジュール詳細・お申込

開催スケジュールは、日程が決まり次第掲載致します。

おすすめ情報