コースコード:MU87D

Microsoft Excel 関数の活用 -2007~2016対応-

コース概要

マシン実習

身近な例を元にMS EXCELの様々な関数の設定および活用方法をマシン実習を通して修得します。

受講料 

27,500円(税込)/25,000円(税抜)

講習日数

1日間

講師からのメッセージ


◆SmartLearning対応コースもあります◆
本コースの1~2章を以下のSmartLearning対応コースでも提供しています。
Excel 関数入門 - 2010~2016 対応 - (eトレーニング)

到達目標

  • ・ 統計・数学・論理関数を設定できる。
  • ・ 文字列操作関数を設定できる。
  • ・ 情報・日付・検索関数を設定できる。

前提知識

以下のいずれかのコースを修了、または同等知識をお持ちの方。
・「Microsoft Excel2007利用の手ほどき」
・「Microsoft Office Excel 2010 利用の手ほどき」
・「Microsoft Office Excel 2013 利用の手ほどき」

研修コースマップ

ITリテラシ

  • Microsoft Office 2010
  • Microsoft Office 2013 / 2016(ダイジェスト・Excel)

コース内容

1日目
AM
1.関数の概要
・関数とは
・関数の書式
2.成績表の作成
・順位を求める(RANK)
・N番目の値を求める(LARGE)
・条件によって処理を分岐する(IF)
・複数の条件によって処理を分岐する(AND,OR)
3.請求書の作成
・今日の日付を求める(TODAY)
・データを検索する(VLOOKUP)
・エラーを回避する(IFERROR)
・端数を処理する(ROUNDDOWN)
・指定した月数後の月末を求める(EOMONTH,DATE)
・行列形式の表からデータを取り出す(INDEX,MATCH)
PM
4.アンケート集計の作成
・条件に合致したデータの件数を求める(COUNTIF)
・複数の条件に合致したデータの件数を求める(COUNTIFS)
・度数分布を求める(FREQUENCY)
・文字列を指定した回数分繰り返して表示する(REPT)
5.売上集計表の作成
・常に連番を振って管理する(ROW)
・1行おきにデータを集計する(ROW,MOD)
・複数の条件に合致したデータの合計を求める(SUMIFS)
・複数の条件に合致したデータを集計する(DSUM)
・抽出したデータを集計する(SUBTOTAL)
6.顧客名簿の作成
・外部データを取り込む
・セル内の余分な余白を削除する(TRIM)
・ふりがなを表示する(PHONETIC)
・セル内から特定のデータを取り出す(LEFT,FIND)
・特定の文字を置換する(SUBSTITUTE)
・期間を求める(DATEDIF)

開催スケジュール詳細・お申込

開催スケジュールは、日程が決まり次第掲載致します。

おすすめ情報