コースコード:MU57A

Microsoft Lync Server 2013 のコア ソリューション(#23336)

コース概要

マシン実習

Lync Server 2013 の計画、設計、展開、構成および管理方法を紹介します。また、Lync Server 2013 のユニファイド コミュニケーション機能、特に従来の通信サービスからの移行と共存についても紹介します。演習では、IM およびプレゼンス、会議、および常設チャットを含むソリューションを作成します。

受講料 

259,200円(8%税込)/264,000円(10%税込)/240,000円(税抜)

※終了日が10月以降の場合、消費税率が10%になります。

講習日数

5日間

講師からのメッセージ

●講義はすべて日本語です。テキスト、演習マニュアル、演習環境も日本語版を使用します。
本コースのテキストはデジタル版をご提供いたします。
・研修当日は、デジタル版テキストを利用するためのアクセスコードを紙でお渡しします。
・研修では、紙版のテキストも配布しますので、講義は紙のテキストを使用して受けていただきます。
・紙版のテキストは研修終了時に回収いたします。
・紙版のテキストはメモなどの書き込みを不可とさせていただきますが、メモ用にセミB5サイズのノートをお渡しいたします。
・デジタル版テキストはWebブラウザから、またはソフトウェア(SkillPipe)をインストールしてお読みいただくことができます。
・SkillPipeソフトウェアは無償でダウンロードすることができます。
・SkillPipeはiPad、Android、Windows Vista/7/8/RT 版が提供されています。

到達目標

  • ・ Lync Server 2013 の全体的なサーバーとクライアントのアーキテクチャを説明することができる。
  • ・ Lync Server 2013 の機能とユーザー シナリオを説明することができる。
  • ・ Lync Server の展開プロセスを説明することができる。
  • ・ Lync Server 2013 の設計のコンポーネントを説明することができる。
  • ・ Lync 2013 向けの Microsoft Solutions Framework を計画することができる。
  • ・ Lync Server 2013 向けのインフラストラクチャ要件を計画することができる。
  • ・ Lync Server 2013 計画ツールを使用することができる。
  • ・ トポロジ ビルダーを使用することができる。
  • ・ サイト トポロジを計画することができる。
  • ・ サイト トポロジを設計することができる。
  • ・ サーバー インフラストラクチャを計画することができる。
  • ・ Microsoft Office を使用してドキュメントを設計することができる。
  • ・ Lync Server 2013 の管理インターフェイスを使用することができる。
  • ・ 役割ベースのアクセス制御を構成することができる。
  • ・ クライアントの展開の準備をすることができる。
  • ・ クライアントの展開と管理を行うことができる。
  • ・ デバイスの展開の準備をすることができる。
  • ・ IP 電話の展開と管理を行うことができる。
  • ・ Lync Server 2013 の会議を説明することができる。

前提知識

以下のすべてを満たしている方。
・Windows Server 2008 R2または Windows Server 2012 環境でのソフトウェア管理の経験がある。
・Windows PowerShell 2.0 を使用したアプリケーションのリモート管理の経験がある。
・データベースの管理と構成の経験がある。
・Active Directory ドメイン サービスの概要を知っている。

コース内容

1日目
AM
1.Microsoft Lync Server 2013 のアーキテクチャと設計方法
・Lync Server 2013 のアーキテクチャの概要
・Lync Server 2013 の主要機能の概要
・Lync Server 2013 の設計プロセスの紹介
・インフラストラクチャ要件の評価と設計の更新
・Microsoft Solutions Framework の全フェーズの計画
PM
2.Lync Server 2013 のトポロジの設計
・Lync Server 2013 のインフラストラクチャ要件の計画
・Lync Server 2013 計画ツールの使用
・トポロジ ビルダーの使用
・サーバー インフラストラクチャの計画
・Microsoft Office による設計のドキュメント化
2日目
AM
3.Microsoft Lync Server 2013 のユーザーと権限の構成
・Lync Server 2013 の管理
・役割ベースのアクセス制御の紹介
PM
4.クライアントとデバイスの展開と管理
・クライアント展開の準備
・Lync 2013 クライアントの展開と管理
・デバイスの展開の準備
・IP 電話の展開と管理
5.Lync Server 2013 の会議
・Lync Server 2013 の会議の紹介
・音声ビデオ会議および Web 会議の設計
・Lync Server 2013 のダイヤルイン会議
・会議の管理
3日目
AM
6.外部アクセスの設計と展開
・Lync Server 2013 の会議と外部機能
・IM およびプレゼンスのフェデレーションの計画
・エッジ サービスの設計
PM
7.Microsoft Lync Server 2013 常設チャットの展開
・Lync Server 2013 常設チャット アーキテクチャの概要
・Lync Server 2013 常設チャットの設計
・Lync Server 2013 常設チャットの展開と構成
4日目
AM
8.監視とアーカイブ
・アーカイブ サービス
・監視サービス
・アーカイブと監視の構成
PM
9.Lync Server 2013 の管理と保守
・Lync Server 2013 のトラブルシューティング ツールの紹介
・Lync Server 2013 の運用作業の理解
・Lync Server 2013 のトラブルシューティング方法の開発
・Lync Server 2013 のログとトレースの分析の紹介
5日目
AM
10.Lync Server 2013 の高可用性
・Lync Server 2013 の高可用性
・Lync Server 2013 の高可用性の構成
・負荷分散の計画
・負荷分散の設計
PM
11.Lync Server 2013 の障害復旧
・Lync Server 2013 の障害復旧
・Lync Server 2013 のバックアップと復元のためのツール
・Lync Server 2013 の重要なデータのバックアップと復元
・Lync Server 2013 の重要なデータのエクスポートとインポート
・ブランチ サイトの復元計画
12.Lync Server 2013 への移行の計画
・共存と移行の概要
・移行の手順
・クライアントとデバイスのための計画
・クライアント移行とデバイス移行の戦略の設計

留意事項・備考

2014/12/4よりコース名が変更になりました。
 変更後:Microsoft Lync Server 2013 のコア ソリューション(#23336)
 変更前:Microsoft Lync Server 2013 のコア ソリューション(#20336)
★#20336 が #23336に変更となりました。これ以外の変更はありません。
 

このコースは、「SAトレーニング受講券」対象コースです。
なお、SAトレーニング受講券「対象コース一覧はこちら」です。

開催スケジュール詳細・お申込

本コースは、カスタムメイド研修(一社向け研修)として実施致します。最低実施料金は1名様分の受講料の8名様分程度が目安です。 詳細につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

おすすめ情報