コースコード:MU56A

Microsoft Exchange Server 2013 のコア ソリューション(#23341)

コース概要

マシン実習

Exchange Server 2013 を計画、展開、管理、セキュリティ保護をおこなうために必要なスキルを修得します。Exchange Server 2013 の構成方法、監視、保守、トラブルシューティングに必要な情報やパフォーマンスの最適化、エラーとセキュリティの脅威など考慮事項についても学習します。

受講料 

259,200円(税込)/240,000円(税抜)

講習日数

5日間

講師からのメッセージ

●講義はすべて日本語です。テキスト、演習マニュアル、演習環境も日本語版です。
本コースのテキストはデジタル版をご提供いたします。
・研修当日は、デジタル版テキストを利用するためのアクセスコードを紙でお渡しします。
・研修では、紙版のテキストも配布しますので、講義は紙のテキストを使用して受けていただきます。
・紙版のテキストは研修終了時に回収いたします。
・紙版のテキストはメモなどの書き込みを不可とさせていただきますが、メモ用にセミB5サイズのノートをお渡しいたします。
・デジタル版テキストはWebブラウザから、またはソフトウェア(SkillPipe)をインストールしてお読みいただくことができます。
・SkillPipeソフトウェアは無償でダウンロードすることができます。
・SkillPipeはiPad、Android、Windows Vista/7/8/RT 版が提供されています。

到達目標

  • ・ Exchange Server 2013 を展開、管理することができる。
  • ・ メールボックス サーバーの役割の展開を計画し、メールボックス サーバーとメールボックス データベースを構成することができる。
  • ・ Exchange Server 2013 受信者を管理することができる。
  • ・ クライアント アクセス サーバーの役割を構成することができる。
  • ・ モバイル メッセージング、およびインターネット アクセスを計画し、構成することができる。
  • ・ 高可用性メールボックス データベースおよびクライアント アクセス サーバーを構成することができる。
  • ・ Exchange Server 2013 の障害回復を計画し、実装することができる。
  • ・ トランスポート ルールを管理することができる。
  • ・ ウイルス対策ソリューションおよびスパム対策ソリューションを実装することができる。
  • ・ 役割ベースのアクセス制御 (RBAC) および分割型アクセス許可を管理することができる。
  • ・ Exchange Server 2013 環境の監視、保守、およびトラブルシューティングを行うことができる。

前提知識

以下のすべてを満たしている方。
・TCP/IP およびネットワークに関する基本的な知識をお持ちの方。
・Active Directory ディレクトリサービスの使用経験をお持ちの方。
・セキュリティの概念について基本的な知識をお持ちの方。
・Windows管理ツールおよび監視ルールの実務知識をお持ちの方。
・証明書および公開キー基盤 (PKI) に関する実務知識をお持ちの方。

研修コースマップ

マイクロソフト OS/Server系

  • MCP/MTA資格取得

留意事項・備考

2014/11/27よりコース名が変更になりました。
 変更後:Microsoft Exchange Server 2013 のコア ソリューション(#23341)
 変更前:Microsoft Exchange Server 2013 のコア ソリューション(#20341)
★#20341 が #23341に変更となりました。これ以外の変更はありません。
 

このコースは、「SAトレーニング受講券」対象コースです。
なお、SAトレーニング受講券「対象コース一覧はこちら」です。

開催スケジュール詳細・お申込

本コースは、カスタムメイド研修(一社向け研修)として実施致します。最低実施料金は1名様分の受講料の8名様分程度が目安です。 詳細につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。