コースコード:MU53C

Windows Server 2012 R2 Hyper-Vの基礎

コース概要

マシン実習

Windows Server 2012 R2のHyper-Vによる仮想化プラットフォームの構築と管理に必要な知識とスキルを修得します。Hyper-Vの基本機能から、新機能として実装された様々な機能まで幅広く学習します。

受講料 

48,600円(税込)/45,000円(税抜)

講習日数

1日間

講師からのメッセージ

Windows Server 2012 R2のHyper-Vを利用して、サーバー仮想化の基礎から新機能(ストレージマイグレーション、Hyper-Vレプリカ)までを演習を通して1日間で効率的に修得します。VMwareとHyper-Vの選択を検討中の方にもおすすめのコースです。
本コースは、コースコード:MU53B 「Windows Server 2012 R2 Hyper-VとSystem Center 2012 R2 VMMによるサーバー仮想化の構築と運用」(2日間コース)の1日目の内容と同じものになります。Hyper-Vの基礎だけでなく、System Center 2012 R2 VMMによる仮想環境の管理についても修得したい方は、MU53Bのコースをおすすめします。なお、本コースとMU53Bは1日目のみを合同で開催します。"

◆SmartLearning対応コースもあります◆
同等内容を以下のSmartLearning対応コースでも提供しています。
Windows Server 2012 R2 Hyper-Vの基礎(eトレーニング)
本コースとSmartLearning対応コースとの違いについては「これで納得!スマートラーニング」をご覧ください。

到達目標

  • ・ Hyper-Vの導入ができる。
  • ・ Hyper-Vで仮想マシンの作成および設定ができる。
  • ・ 第1世代、第2世代仮想マシンの違いを把握できる。
  • ・ CPU、メモリ、ディスク、ネットワーク管理の新機能が活用できる。
  • ・ Hyper-Vでストレージマイグレーションを構成できる。
  • ・ Hyper-Vでライブマイグレーションを構成できる。
  • ・ Hyper-VでHyper-Vレプリカを構成できる。

前提知識

以下のすべてを満たしている方。
・Windows Server 2012に関する基本的な知識をお持ちの方。
・Windows Server 2012の操作経験をお持ちの方。
・Active Directoryに関する基本的な知識をお持ちの方。

コース内容

1日目
AM
1.Hyper-Vの概要と導入
・サーバーの仮想化とは
・Hyper-V とは
・Hyper-V のアーキテクチャー
・Hyper-V の導入手順
・Hyper-V のプロセッサの要件
・Hyper-V の設定
2.Hyper-Vの管理
・仮想マシンの作成
・仮想マシンの接続
・統合サービスのインストール
・Linux向け統合サービス
・仮想マシンを構成するファイル
・仮想マシンの設定
・仮想マシンの削除
PM
3.Hyper-Vの活用
・チェックポイント
・インポートとエクスポート
・Virtual Machine の移動
・Virtual Machine の障害対策

開催スケジュール詳細・お申込

今期の開催スケジュールはすべて終了しました。

おすすめ情報