コースコード:JV96F

Kubernetes入門 -アプリ開発者からみたコンテナ実行環境-

コース概要

マシン実習

DevOpsにおける開発者の視点で、Kubernetesのアーキテクチャーや基本的な管理コマンドの使い方、コンテナ化されたアプリケーションを適切にクラスタに展開する方法、DevOpsにおける有用な機能について、ハンズオン形式の演習を通して学習します。
また、大規模かつ更新頻度が高いマイクロサービスにKubernetesがどのように適用されるかについても考察します。

受講料 

54,000円(8%税込)/55,000円(10%税込)/50,000円(税抜)

※終了日が10月以降の場合、消費税率が10%になります。

講習日数

1日間

講師からのメッセージ

Kubernetesやマイクロサービスに興味がある方、開発環境および本番環境への導入を検討されている方へ特にお勧めします。

到達目標

  • ・ Kubernetesの特徴やメリット/デメリットについて説明できる。
  • ・ Kubernetesの管理コマンド(kubectl)を利用して各種リソースの基本的な管理が行える。
  • ・ クラウド上のフルマネージドKubernetesサービスにコンテナ化されたアプリケーションを展開できる。

前提知識

以下のすべてを満たしている方。
・LinuxシェルまたはWindowsコマンドプロンプトの操作が行える。
・基本的なTCP/IP(IPアドレス、ポート番号など)の知識がある。
・ソフトウェア開発プロジェクト(言語不問)に携わった経験がある。

コース内容

1日目
AM
1.Kubernetesとは?
・Kubernetesの特徴と役割
・Kubernetesのアーキテクチャー
2.様々なKubernetes環境
・Minikube
・kubeadm
・フルマネージドKubernetesサービス(クラウド
3.コンテナ展開の基礎
・kubectlコマンド
・コンテナの展開と確認(デプロイメント、レプリカセット、ポッド、etc.)
・監視とセルフヒーリング
PM
4.アプリケーションの展開
・サービスと負荷分散
・ステートフルなコンテナと永続化ボリューム
・バッチジョブの実行
5.DevOpsにおけるKubernetes
・ログの集約
・オートスケーリング
・コンテナのアップデート
・継続的デリバリー
6.マイクロサービスとKubernetes
・The Twelve-Factor Appとの関係

留意事項・備考

・本コースは株式会社カサレアルとの提携コースであり、コース実施のためのお客様の個人情報を提携会社に提供させていただきます。
・本コースは、お申込いただいてから主催会社に空席確認をし受講可否をご連絡いたします。空席状況の表示が△でもまずはお申し込みください。

開催スケジュール詳細・お申込

「カートに追加」欄の追加をクリックすると、web申込が可能です。
申込期限およびキャンセル期限は、各締切日の16:30です。

◎・・・6名様以上、空いております。
○・・・1~5名様の空きがございます。
△・・・キャンセル待ちとなります。(ただし、備考欄に注記がある場合はキャンセル待ちではありませんので、注記をご参照ください)
週2回空席状況を更新します。◎○でも、既に満席の場合はご了承下さい。詳細な空席状況は研修申込センターにお問い合せください。

[スケジュール更新日付:2019年09月02日]

地区 開催番号 会場名 開始日~終了日 日数 講習時間 申込締切日 空席
状況
備考 カートに追加
キャンセル締切日
東京 JV96F204A カサレアル 泉岳寺トレーニングセンター 2019/09/27~
2019/09/27
1日間 09:30~
17:00
締切ました 申込締切済
キャンセル不可
おすすめ情報