コースコード:IF09A

VMware NSX: Install, Configure, Manage [V6.4]

コース概要

マシン実習

VMware NSXのインストール、構成、および管理を中心とする包括的な内容について学習する速習コースです。VMware NSXの論理スイッチや論理ルータ、ゲートウェイサービス、ファイアウォール構成など、VMware NSX環境の各仕組みについて学習します。

受講料 

473,000円(税込)/430,000円(税抜)

開始日(申込締切前)

東京 12/9、2/3、3/9

講習日数

5日間

講師からのメッセージ

--------------------------------------------------------------------------

□■□ ご注意ください □■□ 

本コースのお申込とご参加にあたり、以下の事前作業をお願いします。
お手続きいただかないと研修中に教材が参照できませんのでご注意ください。
各作業の詳細は、備考欄の説明をご確認ください。

★お申し込み前の事前作業(研修初日の11営業日前まで)

 作業1 MyLearnシステムへのユーザー登録(未登録の方のみ)
 作業2 MyLearn登録済みのメールアドレスのご連絡

★お申し込み完了後の事前作業(研修初日の3~2営業日前から研修前日まで)

 作業3 電子テキストeBookの手続き

□■□ その他のご案内(受講案内について) □■□ 

本コースの受講案内(会場案内)は、提携先のVMware社から研修開始日の数日前にEメールにて送信されます。なお、受講案内はMyLearnに登録されたEメールアドレス宛てに送信されます。また、弊社からは受講案内は発信されません。

--------------------------------------------------------------------------

到達目標

  • ・ 管理および制御するためにNSXコンポーネントを構成および導入できる。
  • ・ NSXのレイヤー2ネットワークの基本について説明できる。
  • ・ 論理スイッチネットワークを構成、導入および使用できる。
  • ・ NSXの分散ルータアプライアンスを構成および導入し、East-West接続を確立できる。
  • ・ VMware NSX Edgeサービスゲートウェイアプライアンスを構成して展開し、North-South接続を確立できる。
  • ・ NSXのL2ブリッジを構成できる。
  • ・ NSX Edgeサービスゲートウェイの主な機能すべてを構成および使用できる。
  • ・ NSX Edgeファイアウォールルールを構成し、ネットワークトラフィックを制限できる。
  • ・ NSX分散ファイアウォールルールを構成し、ネットワークトラフィックを制限できる。
  • ・ Service Composer のポリシーを構成できる。
  • ・ ID 認証ファイアウォールを構成できる。
  • ・ NSXのデータセキュリティについて説明できる。
  • ・ Cross-vCenter NSX機能を使用できる。

前提知識

以下のすべてを満たしている方。
・エンタープライズ環境におけるスイッチおよびルーティングについて知識をお持ちの方。
・TCP/IPサービスに関する知識をお持ちの方。
・ファイアウォールおよびファイアウォール ルールセットに関する経験をお持ちの方。
・「VMware vSphere: Install, Configure, Manage」コースを修了、または同等知識をお持ちの方。

研修コースマップ

VMware

  • VMware

クラウドコンピューティング

  • VMware

コース内容

1日目
AM
1.コースについて
・概要およびコースの流れ
・コースの目的
2.vSphereのネットワークの概要
・VMware vSphereのネットワークコンポーネント
・vSphere Standard Switch
・vSphere Distributed Switch
3.NSXの概要
・NSXのメリット
・NSXの主なユースケースの把握
4.NSXアーキテクチャ
・NSXのアーキテクチャ
PM
4.NSXアーキテクチャ
・クラウド管理、NSX の管理、制御、データプレーン
・コンポーネントの相互作用
・VMware NSX Controllerクラスタの概要とその機能
・NSX Controllerワークロードの分散
5.NSXインフラストラクチャの準備
・NSXのインストールに必要な手順
・NSXの導入計画に含まれるもの
・NSX Controllerクラスタの概要と展開
・NSX Controllerクラスタの高可用性と負荷分散
・NSX Controllerクラスタの展開と構成の方法
・ホストの準備に関するワークフロー
2日目
AM
6.NSX論理スイッチ ネットワーク
・トランスポートゾーン、VXLAN、VXLAN トンネル エンドポイント(VTEP)
・仮想ネットワーク用インフラストラクチャを準備する手順
・vSphere Distributed SwitchのVXLAN用の設定
PM
6.NSX論理スイッチ ネットワーク
・NSXの論理スイッチに含まれるコンポーネント
・VLANのVXLAN用の定義
7.NSXの論理ルーティング
・East-WestおよびNorth-Southのルーティングの概念
・NSX分散論理ルータの定義
・論理ルータ、インターフェイス、インターフェイス アドレス
・管理プレーンと制御プレーンの連携
・論理ルータ展開モデルとEast-Westトラフィックの2階層ルーティング
・NSX Edgeサービスゲートウェイの一般的なトポロジー
3日目
AM
8.高度なNSX論理ルーティング
・ルータのリモートネットワークへの接続方法
・ルート再配布の方法
・以下(LE)および以上(GE)の設定
・ルーティング イベント通知の機能拡張
・等コストマルチパス(ECMP)ルーティングの設定
・NSX Edgeサービスゲートウェイの高可用性
PM
9.NSX L2ブリッジ
・L2ブリッジのユースケース
・VXLANとVLAN間のソフトウェアおよびハードウェアのL2ブリッジ
・L2ブリッジのパケットフロー
10.NSX Edgeサービス
・NSX Edgeサービス
・NATの仕組み
・NAT64
・ロードバランシングの機能
・ワンアームとインラインのロードバランシングアーキテクチャ
・NSX Edge用のDHCPおよびDNSサービス
4日目
AM
11.NSX Edge VPNサービス
・NSX Edge VPNサービス
・VPNのユースケース
・NSX EdgeインスタンスでのL2 VPNの構成
・IPsec VPNサービス用のNSX Edgeインスタンスの構成
・NSX Edge SSL VPN-Plusサービス
・NSX Edge SSL VPN-Plusサーバ設定の構成
12.NSXのセキュリティサービス
・分散ファイアウォールのポリシー適用
PM
12.NSXのセキュリティサービス
・仮想化コンテキストアウェアネス
・カスタムネットワークとセキュリティコンテナ
・NSX Edgeファイアウォールのアーキテクチャ
・DHCPスヌーピング
・ARPスヌーピング
13.NSXの高度なセキュリティサービス
・NSX SpoofGuard
5日目
AM
13.NSXの高度なセキュリティサービス
・タグによる動的セキュリティサービスチェーンの有効化
・Service Composerのグループ、ポリシー、タグ
・ID認証ファイアウォールのアーキテクチャ
・アプリケーションルールマネージャ
・監視セッションの作成方法
14.NSXの内部監視サービス
・内部監視サービスの種類
PM
14.NSXの内部監視サービス
・ゲスト内部監視とネットワーク内部監視のインストールと構成
・ゲスト内部監視とネットワーク内部監視のアラーム、イベント、監査メッセージ
15.Cross-vCenter NSX
・Cross-vCenterの機能とユースケース
・VMware NSX Managerのロールと NSX Controllerクラスタの配置
・ユニバーサル論理ネットワークの導入
・Cross-vCenter NSXの設計に関する検討事項

留意事項・備考

・本コースは、VMware社との提携コースです。コース実施のためお客様の個人情報を提携会社に提供させていただきます。
・本コースは、VMware社認定コースです。
・本コースは日本語テキスト(eBook:電子テキスト)を使用し、講義を日本語で行います。
・本コースの講習会場は日程により異なる会場になります。会場によって、研修の開始時間と終了時間に違いがございます。

・本コースの受講案内(会場案内)は、提携先のVMware社から研修開始日の数日前にEメールにて送信されます。なお、受講案内はMyLearnに登録されたEメールアドレス宛てに送信されます。また、弊社からは受講案内は発信されません。

・研修申し込み前と申し込み完了後に事前作業がございます。以下をお読みください。

---------------------------------------------------

□■□ ご注意ください □■□ 

本コースのお申込とご参加にあたり、以下の事前作業をお願いします。
お手続きいただかないと研修中に教材が参照できませんのでご注意ください。
各作業の詳細は、備考欄の説明をご確認ください。

★お申し込み前の事前作業(研修初日の11営業日前まで)

 作業1 MyLearnシステムへのユーザー登録(未登録の方のみ)
 作業2 MyLearn登録済みのメールアドレスのご連絡

★お申し込み完了後の事前作業(研修初日の3~2営業日前から研修前日まで)

 作業3 電子テキストeBookの手続き

---------------------------------------------------

★お申し込み前の事前作業(研修初日の11営業日前まで)

◎作業1 MyLearnシステムへのユーザー登録(未登録の方のみ)

・VMware社の「MyLearnシステム」にアクセスし、以下の手順書を参考にユーザー登録をお願いいたします。

 手順書:「MyLearnへのユーザー登録」

※既にMyLearnシステムにユーザー情報をお持ちの方は、MyLearnシステムにログインし、「myProfile」からAddress欄に住所情報が登録済みであることをご確認ください。また、Address欄が空の場合は、住所情報のご登録をお願いいたします。

◎作業2 MyLearn登録済みのメールアドレスのご連絡

・本研修を当ホームページよりお申し込み時の際は、受講者情報のご入力の際に「他社認定/他社開催コース用入力欄」に、MyLearnに登録いただいたメールアドレスを記載してお申し込みください。

※当ホームページ以外からのお申し込み方法の場合で受講者情報のご入力の際に「他社認定/他社開催コース用入力欄」の記載欄がない場合は、受講者のメールアドレス情報欄にMyLearn登録済みのメールアドレスを記載してお申し込みください。なお、お手数ですが、研修申込時に指定する受講者のメールアドレスとMyLearn登録済みのメールアドレスが異なる場合には、以下の問い合わせ先までMyLearn登録済みのメールアドレスをご連絡ください。

[問合せ先]
 E-mail:infrag@educ.jp.nec.com  VMware研修担当宛

---------------------------------------------------

☆お申し込み完了後の事前作業(研修初日の3~2営業日前から研修前日まで)

◎作業3 電子テキストeBookの手続き

・コース開始前(研修初日の概ね2営業日前)に、MyLearnにご登録いただいたメールアドレス宛てに研修で使用する電子テキストeBookを入手する際に必要なライセンスコードが記載されたメールが届きます。そのメールと以下の手順書のP1~P4をご確認の上、eBookを参照するための事前作業を実施ください。

 手順書:「eBookについて」

---------------------------------------------------

開催スケジュール詳細・お申込

「カートに追加」欄の追加をクリックすると、web申込が可能です。
申込期限およびキャンセル期限は、各締切日の16:30です。

◎・・・6名様以上、空いております。
○・・・1~5名様の空きがございます。
△・・・キャンセル待ちとなります。(ただし、備考欄に注記がある場合はキャンセル待ちではありませんので、注記をご参照ください)
週2回空席状況を更新します。◎○でも、既に満席の場合はご了承下さい。詳細な空席状況は研修申込センターにお問い合せください。

[スケジュール更新日付:2019年11月11日]

地区 開催番号 会場名 開始日~終了日 日数 講習時間 申込締切日 空席
状況
備考 カートに追加
キャンセル締切日
東京 IF09A702A NGN‐SF 五反田会場 2019/12/09~
2019/12/13
5日間 09:30~
17:30
2019/11/22 ※注 追加
2019/11/22
IF09A703A NGN‐SF 五反田会場 2020/02/03~
2020/02/07
5日間 09:30~
17:30
2020/01/17 ※注 追加
2020/01/17
IF09A704A NGN‐SF 五反田会場 2020/03/09~
2020/03/13
5日間 09:30~
17:30
2020/02/20 ※注 追加
2020/02/20
おすすめ情報