コースコード:IF099

VMware Horizon 7: Install, Configure, Manage [V7.3]

コース概要

マシン実習

VMware Horizon 7のインストール、構成、および管理に必要なスキルを修得します。仮想マシンのプールを構成および導入する方法、マシンのアクセスとセキュリティを管理する方法、カスタマイズされたデスクトップ環境をエンドユーザーに提供する方法について学習します。

受講料 

464,400円(税込)/430,000円(税抜)

講習日数

5日間

講師からのメッセージ

--------------------------------------------------------------------------

□■□ ご注意ください □■□ 

本コースのお申込とご参加にあたり、以下の事前作業をお願いします。
お手続きいただかないと研修中に教材が参照できませんのでご注意ください。
各作業の詳細は、備考欄の説明をご確認ください。

★お申込み前の事前作業(研修初日の7営業日前まで)

 作業1 MyLearnシステムへのユーザー登録(未登録の方のみ)
 作業2 MyLearn登録済みのメールアドレスのご連絡

★お申し込み完了後の事前作業(研修初日の3~2営業日前から研修前日まで)

 作業3 電子テキストeBookの手続き

□■□ その他のご案内(受講案内について) □■□ 

本コースの受講案内(会場案内)は、提携先のVMware社から研修開始日の数日前にEメールにて送信されます。なお、受講案内はMyLearnに登録されたEメールアドレス宛てに送信されます。また、弊社からは受講案内は発信されません。

--------------------------------------------------------------------------

到達目標

  • ・ VMware Horizonのコンポーネントについて理解ができる。
  • ・ View Connection Serverをインストールおよび構成できる。
  • ・ 仮想デスクトップをインストールおよび構成できる。
  • ・ VMware Horizon Clientシステムを構成および管理できる。
  • ・ 物理マシンと仮想マシンのプールを構成および管理できる。
  • ・ フル仮想マシンの自動プールを構成および管理できる。
  • ・ リンククローンデスクトップのプールを構成および管理できる。
  • ・ インスタントクローンの自動プールを構成および管理できる。
  • ・ デスクトップとアプリケーションのRemote Desktop Services(RDS)プールを構成および管理できる。
  • ・ Horizon Administratorを使用してVMware Horizon環境を構成できる。
  • ・ 仮想デスクトップへの安全なアクセスを構成できる。
  • ・ VMware User Environment Managerを使用してユーザーのカスタマイズ設定とアプリケーションの構成を管理できる。
  • ・ プロファイル管理を導入する手順について理解ができる。
  • ・ VMware App Volumesを使用してアプリケーションのプロビジョニングと管理ができる。
  • ・ VMware Horizon環境のパフォーマンスおよびスケーラビリティを管理できる。

前提知識

以下のすべてを満たしている方。
・「VMware vSphere: Install, Configure, Manage」コースを修了または同等知識をお持ちの方。
・Microsoft Windowsシステム管理に関する以下の経験をお持ちの方。
 ・Active Directoryサービスの構成(DNS、DHCP、時刻の同期等)
 ・ユーザーのアクティビティの制限(グループポリシーオブジェクトの実装)
 ・WindowsでRDP接続を許可するための構成
 ・SQL ServerへのODBC接続の構成

研修コースマップ

VMware

  • VMware

クラウドコンピューティング

  • VMware

コース内容

1日目
AM
1.コースについて
・コースの目標を確認する
・コースの学習項目を確認する
・コースの概要を確認する
・このコースの次のステップと参考資料を確認する
2.Horizonの概要
・VMware Horizonの機能とメリットを確認する
・VMware Horizonの各コンポーネントの主な機能を確認する
・仮想デスクトップおよびアプリケーションのインフラストラクチャのユースケースについて理解する
PM
3.View Connection Server
・View Connection ServerのvSphere要件について確認する
・View Connection Serverのネットワークとファイアウォールの構成について理解する
・VMware Horizonのコンポーネントにライセンスを付与する
・View Connection Serverを構成する
4.Horizonのデスクトップ
・VMware Horizonの仮想マシンを設定するプロセスと選択肢について理解する
・VMware Horizonで使用可能なリモート表示プロトコルを比較する
・VMware Horizonの動作のためにマシンのファイアウォールで開く必要のあるポートについて理解する
2日目
AM
4.Horizonのデスクトップ
・Horizon Agentインストール時の構成の選択肢について理解する
5.Horizonのデスクトッププール
・デスクトッププール展開用テンプレートの設定手順について確認する
・デスクトップを View Connection Serverのインベントリに追加する手順について理解する
・デスクトップの使用資格を定義する
PM
5.Horizonのデスクトッププール
・[Users and Groups]ページ上でのViewユーザーの管理方法および監視方法について理解する
・グローバルポリシー、プールレベルポリシー、およびユーザーレベルポリシーの階層について理解する
・View のグループポリシー管理(ADM)テンプレートファイルについて理解する
6.Horizon Clientのオプション
・Horizon Clientのインストール要件について理解する
・USBリダイレクトとオプションについて理解する
・デスクトップの電源状態について理解する
・シンクライアントを定義し、Horizon Clientを実行しているシステムと比較する
・Virtual Printingのメリットについて理解する
・Virtual Printingのアーキテクチャについて理解する
・Virtual Printingの構成オプションについて理解する
・ロケーションベースの印刷機能について理解する
3日目
AM
7.自動プールの作成および管理
・自動プールの操作方法について理解する
・専用割り当てプールと流動割り当てプールを比較する
・自動プールの作成手順について理解する
・自動プール内のデスクトップの資格の付与について確認する
8.リンククローンデスクトップの作成および管理
・VMwareのリンククローンテクノロジーについて理解する
・親仮想マシンとスナップショットの両方がリンククローンの作成に必要な理由について理解する
・View Composerのシステム要件について理解する
・パーシステントディスクとシステムディスクの関係について理解する
PM
8.リンククローンデスクトップの作成および管理
・リンククローンを使用する自動デスクトッププールの設定手順について理解する
・親仮想マシンとレプリカ仮想マシンの目的を比較する
・リンククローンの管理操作を比較する
・パーシステントディスクの管理作業について理解する
9.インスタントクローンプールの作成および管理
・インスタントクローンのメリットを確認する
・View Composerクローンとインスタントクローンの違いを理解する
・インスタントクローンの要件を理解する
・インスタントクローン仮想マシンのタイプについて理解する
・プール管理を委任する場合のフォルダの使用方法について理解する
・インスタントクローンを使用する自動プールの設定手順について理解する
・VMware Horizon 7におけるインスタントクローンの制限事項について理解する
4日目
AM
9.インスタントクローンプールの作成および管理
・インスタントクローンの作成について理解する
・インスタントクローンの自動プールを設定する
10.Horizon の認証
・View Connection Serverでサポートされている認証オプションを比較する
・VMware Horizonのロールと権限の目的について理解する
・Horizon管理者とカスタムロールの設定手順について理解する
・Horizon Administratorを構成するためのベストプラクティスについて理解する
11.Horizonのセキュリティ管理
・クライアントからデスクトップへアクセスする際のトンネル接続と直接接続とを比較する
・DMZ でVMware Unified Access Gateway を使用するメリットを比較する
・直接接続について理解する
・直接接続のメリットについて理解する
PM
11.Horizonのセキュリティ管理
・Unified Access Gatewayのメリットを確認する
・Unified Access Gatewayとセキュリティ サーバの展開方法を比較する
・Unified Access Gatewayでサポートされている2要素認証のオプションについて理解する
・1つ、2つまたは3つのネットワークインターフェイスを持つUnified Access Gatewayを展開するケースについて理解する
12.User Environment Managerを使用したプロファイル管理
・User Environment Managerの機能分野とそのメリットについて理解する
・User Environment Managerのコンポーネントについて理解する
・User Environment Managerとそのアーキテクチャについて理解する
・User Environment Managerのプロファイル管理とその機能について理解する
・User Environment Managerのスマートポリシーについて理解する
13.RDSデスクトップおよびアプリケーションプールの作成および管理
・RDSデスクトッププールと自動プールの違いについて理解する
・RDSアプリケーションプールを使用して1つのアプリケーションにアクセスする方法について理解する
・RDSH、ファーム、およびアプリケーションプールの関係について理解する
・RDSデスクトッププールとアプリケーションプールを作成する
・View ComposerリンククローンテクノロジーによってRDSサーバファームの構築が自動化される仕組みを理解する
・View ComposerリンククローンテクノロジーとInstant Cloneテクノロジーを使用してRDSHファームの構築を自動化する
5日目
AM
13.RDSデスクトップおよびアプリケーションプールの作成および管理
・RDSHのロードバランシングオプションについて理解する
14.App Volumesを使用したアプリケーションのプロビジョニングと管理
・App Volumesの仕組みについて理解する
・App Volumesの機能とメリットを確認する
・App Volumesのインターフェイス要素を確認する
・App Volumesをインストールおよび構成する
PM
15.コマンドラインツールおよびバックアップオプション
・コマンドラインオプションとしてvdmadminコマンドで使用できるView Connection Serverの主な機能について理解する
・クライアントシステム用のキオスクモードの目的と、その構成方法について理解する
・VMware Horizonの各コンポーネントに関するログの格納場所を確認する
・VMware Horizonデータベースのバックアップオプションについて理解する
・データベースの同期がとれていない場合の潜在的な問題について理解する
16.Horizon のパフォーマンスおよびスケーラビリティ
・レプリカサーバの目的について理解する
・ポッド内のマルチサーバ構成のベストプラクティスを複数列挙する
・大規模なHorizon環境を対象としたCloud Podアーキテクチャ機能のメリットについて理解する
・ポッド間通信の目的とView Interpod API(VIPA)について理解する
・グローバル資格が単一ポッド環境にもたらすメリットについて理解する

留意事項・備考

・本コースは、VMware社との提携コースです。コース実施のためお客様の個人情報を提携会社に提供させていただきます。
・本コースは、VMware社認定コースです。
・本コースは日本語テキスト(eBook:電子テキスト)を使用し、講義を日本語で行います。
・本コースの講習会場は日程により異なる会場になります。会場によって、研修の開始時間と終了時間に違いがございます。

・本コースの受講案内(会場案内)は、提携先のVMware社から研修開始日の数日前にEメールにて送信されます。なお、受講案内はMyLearnに登録されたEメールアドレス宛てに送信されます。また、弊社からは受講案内は発信されません。

・研修申し込み前と申し込み完了後に事前作業がございます。以下をお読みください。

---------------------------------------------------

□■□ ご注意ください □■□ 

本コースのお申込とご参加にあたり、以下の事前作業をお願いします。
お手続きいただかないと研修中に教材が参照できませんのでご注意ください。
各作業の詳細は、備考欄の説明をご確認ください。

★お申込み前の事前作業(研修初日の7営業日前まで)

 作業1 MyLearnシステムへのユーザー登録(未登録の方のみ)
 作業2 MyLearn登録済みのメールアドレスのご連絡

★お申し込み完了後の事前作業(研修初日の3~2営業日前から研修前日まで)

 作業3 電子テキストeBookの手続き

---------------------------------------------------

★お申込み前の事前作業(研修初日の7営業日前まで)

◎作業1 MyLearnシステムへのユーザー登録(未登録の方のみ)

・VMware社の「MyLearnシステム」にアクセスし、以下の手順書を参考にユーザー登録をお願いいたします。

 手順書:「MyLearnへのユーザー登録」

※既にMyLearnシステムにユーザー情報をお持ちの方は、MyLearnシステムにログインし、「myProfile」からAddress欄に住所情報が登録済みであることをご確認ください。また、Address欄が空の場合は、住所情報のご登録をお願いいたします。

◎作業2 MyLearn登録済みのメールアドレスのご連絡

・本研修のお申し込み時は、受講者のメールアドレス情報にMyLearnに登録いただいたメールアドレスを記載してお申し込みください。また、研修申込み時に指定する受講者のメールアドレスと、MyLearnに登録したメールアドレスが異なる場合には、以下の問い合わせ先までMyLearnに登録したメールアドレスをご連絡ください。

[問合せ先]
 E-mail:infrag@educ.jp.nec.com  VMware研修担当宛

---------------------------------------------------

☆お申し込み完了後の事前作業(研修初日の3~2営業日前から研修前日まで)

◎作業3 電子テキストeBookの手続き

・コース開始前(研修初日の概ね2営業日前)に、MyLearnにご登録いただいたメールアドレス宛てに研修で使用する電子テキストeBookを入手する際に必要なライセンスコードが記載されたメールが届きます。そのメールと以下の手順書のP1~P4をご確認の上、eBookを参照するための事前作業を実施ください。

 手順書:「eBookについて」

---------------------------------------------------

開催スケジュール詳細・お申込

今期の開催スケジュールはすべて終了しました。

おすすめ情報