コースコード:IF083

VMware vSphere: Optimize and Scale [V6.5]

コース概要

マシン実習

可用性と拡張性に優れた仮想インフラストラクチャを構成、管理するための高度なスキルについて学習します。真に拡張性に優れたインフラストラクチャの基盤となるVMware vSphere 6.5の機能を構成および最適化し、これらの機能がどのような状況で最大の効果を発揮するかを学びます。vSphere管理の経験者向けのコースです。

受講料 

507,600円(8%税込)/517,000円(10%税込)/470,000円(税抜)

※終了日が10月以降の場合、消費税率が10%になります。

講習日数

5日間

講師からのメッセージ

--------------------------------------------------------------------------

□■□ ご注意ください □■□ 

本コースのお申込とご参加にあたり、以下の事前作業をお願いします。
お手続きいただかないと研修中に教材が参照できませんのでご注意ください。
各作業の詳細は、備考欄の説明をご確認ください。

★お申込み前の事前作業(研修初日の7営業日前まで)

 作業1 MyLearnシステムへのユーザー登録(未登録の方のみ)
 作業2 MyLearn登録済みのメールアドレスのご連絡

★お申し込み完了後の事前作業(研修初日の3~2営業日前から研修前日まで)

 作業3 電子テキストeBookの手続き

□■□ その他のご案内(受講案内について) □■□ 

本コースの受講案内(会場案内)は、提携先のVMware社から研修開始日の数日前にEメールにて送信されます。なお、受講案内はMyLearnに登録されたEメールアドレス宛てに送信されます。また、弊社からは受講案内は発信されません。

--------------------------------------------------------------------------

到達目標

  • ・ 大規模で高機能なエンタープライズ環境に合わせて、VMware ESXiのネットワークとストレージの構成と管理ができる。
  • ・ VMware vSphere Client、VMware vSphere Web Client、VMware vSphere ESXi Shellを使用してvSphereを管理できる。
  • ・ vSphere Auto Deployとホストプロファイルを使用してESXiホストをプロビジョニングできる。
  • ・ すべてのvSphereコンポーネントのパフォーマンスの最適化ができる。
  • ・ VMware vRealize Log Insightを使用してシステムログを監視できる。
  • ・ 高い可用性と最適なパフォーマンスが得られるようにVMware vCenter Server Applianceを導入できる。
  • ・ Windows vCenter ServerシステムからvCenter Server Appliance 6.5に移行できる。
  • ・ vSphere環境のセキュリティを強化し、脅威から保護できる。
  • ・ 仮想マシンを暗号化してセキュリティを強化できる。

前提知識

以下のいずれかのコースを修了、または同等知識をお持ちの方。
・「VMware vSphere: Install, Configure, Manage [V6.5](チケットなし)」
・「VMware vSphere: Install, Configure, Manage [V6.5](チケットあり)」

研修コースマップ

VMware

  • VMware

クラウドコンピューティング

  • VMware

コース内容

1日目
AM
1.コースについて
・概要およびコースの流れ
・コースの目標
・このコースの次のステップと参考資料の確認
・その他のVMwareの教育サービスの確認
・vSphere 6.5で利用可能なユーザーインターフェイス
2.ネットワークの拡張性
・vSphere Distributed Switchの設定と管理
・ポートミラーリング、LACP、QoSタグ付け、NetFlowなどの分散スイッチの機能
PM
2.ネットワークの拡張性
・vSphere Distributed Switchの設定と管理
・ポートミラーリング、LACP、QoSタグ付け、NetFlowなどの分散スイッチの機能
3.ストレージの拡張性
・VMware vSphere Storage APIの説明:アレイ統合とVMware vSphere API for Storage Awareness
・仮想マシンのストレージポリシーの設定および割り当て
・VMware vSphere Storage DRSおよびVMware vSphere Storage I/O Controlの設定
2日目
AM
3.ストレージの拡張性
・vSphere Virtual Volumesの詳細と使用方法
PM
4.ホストおよび管理機能の拡張性
・VMware vCenter Converterの使用方法
・コンテンツライブラリの詳細と使用方法
・ホストプロファイルの詳細と使用方法
3日目
AM
4.ホストおよび管理機能の拡張性
・VMware vSphere ESXi Image Builder CLIとvSphere Auto Deployの詳細と使用方法
5.CPUの最適化
・CPUスケジューラーの運用、NUMAのサポート、およびCPUのパフォーマンスに作用するその他の機能
PM
5.CPUの最適化
・esxtopを使用してCPUの主要なパフォーマンスメトリックを監視
6.メモリーの最適化
・メモリーのオーバーコミット時にメモリーを再利用するためのバルーニング、メモリー圧縮、およびホストスワッピング技術
・esxtopを使用してメモリーの主要なパフォーマンスメトリックを監視
7.ストレージの最適化
・ストレージのパフォーマンスに影響を与えるストレージキューの種類やその他の要因
・esxtopを使用してストレージの主要なパフォーマンスメトリックを監視
4日目
AM
8.ネットワークの最適化
・ネットワークアダプターのパフォーマンスに関する機能
・vSphereネットワークのパフォーマンスに関する機能
・esxtopを使用してネットワークの主要なパフォーマンスメトリックを監視
PM
9.vSphereの分析
・Proactive DRSによる仮想マシンの可用性の強化
・vRealize Log Insightを使用した問題の特定とトラブルシューティング
10.vCenter Serverの可用性とパフォーマンス
・vCenter ServerおよびVMware Platform Services Controllerの高可用性オプション
・VMware vCenter Server High Availabilityの詳細と使用方法
・vCenter Serverのパフォーマンスに影響する要因の特定
5日目
AM
10.vCenter Serverの可用性とパフォーマンス
・Windows vCenter Server 5.5 システムからvCenter Server Appliance 6.5への移行
11.vSphereのセキュリティ
・ESXiホストのアクセスと認証の設定
PM
11.vSphereのセキュリティ
・ESXi、vCenter Server、および仮想マシンのセキュリティの確保
・VMware Certificate Authority を使用したvSphereの証明書管理の設定
・仮想マシン、コアダンプ、およびVMware vSphere vMotionの移行を暗号化するvSphereの設定

留意事項・備考

・本コースは、VMware社との提携コースです。コース実施のためお客様の個人情報を提携会社に提供させていただきます。
・本コースは、VMware社認定コースです。
・本コースは日本語テキスト(eBook:電子テキスト)を使用し、講義を日本語で行います。
・本コースの講習会場は日程により異なる会場になります。会場によって、研修の開始時間と終了時間に違いがございます。

・本コースの受講案内(会場案内)は、提携先のVMware社から研修開始日の数日前にEメールにて送信されます。なお、受講案内はMyLearnに登録されたEメールアドレス宛てに送信されます。また、弊社からは受講案内は発信されません。

・研修申し込み前と申し込み完了後に事前作業がございます。以下をお読みください。

---------------------------------------------------

□■□ ご注意ください □■□ 

本コースのお申込とご参加にあたり、以下の事前作業をお願いします。
お手続きいただかないと研修中に教材が参照できませんのでご注意ください。
各作業の詳細は、備考欄の説明をご確認ください。

★お申込み前の事前作業(研修初日の7営業日前まで)

 作業1 MyLearnシステムへのユーザー登録(未登録の方のみ)
 作業2 MyLearn登録済みのメールアドレスのご連絡

★お申し込み完了後の事前作業(研修初日の3~2営業日前から研修前日まで)

 作業3 電子テキストeBookの手続き

---------------------------------------------------

★お申込み前の事前作業(研修初日の7営業日前まで)

◎作業1 MyLearnシステムへのユーザー登録(未登録の方のみ)

・VMware社の「MyLearnシステム」にアクセスし、以下の手順書を参考にユーザー登録をお願いいたします。

 手順書:「MyLearnへのユーザー登録」

※既にMyLearnシステムにユーザー情報をお持ちの方は、MyLearnシステムにログインし、「myProfile」からAddress欄に住所情報が登録済みであることをご確認ください。また、Address欄が空の場合は、住所情報のご登録をお願いいたします。

◎作業2 MyLearn登録済みのメールアドレスのご連絡

・本研修のお申し込み時は、受講者のメールアドレス情報にMyLearnに登録いただいたメールアドレスを記載してお申し込みください。また、研修申込み時に指定する受講者のメールアドレスと、MyLearnに登録したメールアドレスが異なる場合には、以下の問い合わせ先までMyLearnに登録したメールアドレスをご連絡ください。

[問合せ先]
 E-mail:infrag@educ.jp.nec.com  VMware研修担当宛

---------------------------------------------------

☆お申し込み完了後の事前作業(研修初日の3~2営業日前から研修前日まで)

◎作業3 電子テキストeBookの手続き

・コース開始前(研修初日の概ね2営業日前)に、MyLearnにご登録いただいたメールアドレス宛てに研修で使用する電子テキストeBookを入手する際に必要なライセンスコードが記載されたメールが届きます。そのメールと以下の手順書のP1~P4をご確認の上、eBookを参照するための事前作業を実施ください。

 手順書:「eBookについて」

---------------------------------------------------

開催スケジュール詳細・お申込

今期の開催スケジュールはすべて終了しました。

おすすめ情報