コースコード:IF016

VMware vSphereシステム管理3

コース概要

マシン実習

VMware vSphere環境の運用管理を支援するツールおよび機能の使用方法を実習を通して学習します。主に、P2Vツールによる仮想マシンの作成やESXiホストのパッチ適用、vSphere環境のコマンド操作の概要を取り扱います。

受講料 

43,200円(税込)/40,000円(税抜)

開始日(申込締切前)

東京 7/24、9/19

講習日数

1日間

講師からのメッセージ

P2Vツールによる仮想マシン作成やESXiホストのパッチ適用、vSphere環境のコマンド操作の基本について1日間でご紹介します。
VMware vSphereシステム管理1/管理2とならび、同コースもぜひご利用ください。

到達目標

  • ・ vCenter Converter Standaloneを利用したP2Vを実行できる。
  • ・ Update Managerを利用して、ESXiホストにパッチを適用できる。
  • ・ ESXiシェルを有効化できる。
  • ・ vCLIおよびPowerCLIを利用して、vSphere環境の基本的な操作ができる。

前提知識

「VMware vSphereシステム管理2」コースを修了、または同等知識をお持ちの方。

研修コースマップ

VMware

  • VMware

クラウドコンピューティング

  • VMware

コース内容

1日目
AM
1.P2Vツールによる仮想化環境への移行
・Converter Standaloneの概要
・vCenter Converter Standalone による仮想マシンの作成
2.vSphere環境のパッチ管理
・Update Manager によるパッチ適用
PM
2.vSphere環境のパッチ管理
・Update Manager によるパッチ適用
3.vSphere環境のコマンドラインツールによる管理
・vSphere環境のコマンドラインツール
・ESXiシェルの利用
・vCLI(vSphere CLI)の利用
4.Power CLIによるvSphere管理の自動化
・Power CLIの利用

お客様の声

「実際にツールのインストールをおこなったりコマンドを実行したりすることができ、大変有意義でした。」
「大変わかりやすかったです。またこれまで自習にて確認していたため、細かいところがおろそかでしたが、今回の講習でかなり補填されました。」
「気持ち少し進むのが早いようにも感じましたが、1日の研修ということを考えるとしょうがないと思います。」

留意事項・備考

・本コースは、NECマネジメントパートナーオリジナルコースです。VCP(VMware認定資格)の取得を目指す方は、VMware認定コースの受講が必要です。VCPについての詳細は、「VMwareトレーニング/研修」ページをご覧ください。
・本コースとあわせて、「VMware vSphereシステム管理1」「VMware vSphereシステム管理2」を学習されることにより、VMware vSphereの知識をより深めることができます。

開催スケジュール詳細・お申込

「カートに追加」欄の追加をクリックすると、web申込が可能です。
申込期限およびキャンセル期限は、各締切日の16:30です。

◎・・・6名様以上、空いております。
○・・・1~5名様の空きがございます。
△・・・キャンセル待ちとなります。(ただし、備考欄に注記がある場合はキャンセル待ちではありませんので、注記をご参照ください)
週2回空席状況を更新します。◎○でも、既に満席の場合はご了承下さい。詳細な空席状況は研修申込センターにお問い合せください。

[スケジュール更新日付:2019年05月23日]

地区 開催番号 会場名 開始日~終了日 日数 講習時間 申込締切日 空席
状況
備考 カートに追加
キャンセル締切日
東京 IF016201K 芝浦研修センター(第二吾妻ビル) 2019/07/24~
2019/07/24
1日間 09:30~
16:30
2019/07/22 追加
2019/07/18
IF016202K 芝浦研修センター(第二吾妻ビル) 2019/09/19~
2019/09/19
1日間 09:30~
16:30
2019/09/17 追加
2019/09/12
おすすめ情報