コースコード:HS024

実践・ロジカルシンキング -課題解決力向上-

コース概要

ロジカルシンキング(論理思考)の実践コースです。
変化する事業環境においては、仮説形成・検証型の思考と行動ができることが重要です。本コースでは、この仮説形成・検証のサイクルを効果的に回すためのスキルを、ケースや実践テーマによる演習-フィードバックをとおして習得していきます。

受講料 

88,000円(税込)/80,000円(税抜)

講習日数

2日間

講師からのメッセージ

「仮説形成・検証と論理思考」「システムシンキング」といったキーワードを中心に、個人の課題解決能力の習得はもちろんのこと、チーム・組織としての課題解決能力をあげる実践的な方法を習得していただきます。それにより効率的かつ効果的な業務上の課題解決と成果が期待できます。

到達目標

  • ・ 課題に対して仮説形成・仮説検証ができる。
  • ・ ロジカルシンキングの考え方を使って、自己業務の課題を解決できる。

前提知識

ロジカルシンキング(論理思考)の基礎知識をお持ちの方。

研修コースマップ

ヒューマンスキル

  • コミュニケーションスキル(1)

コース内容

1日目
AM
1.変化する事業環境において成果を出す思考方法
・仮説形成・仮説検証の思考/仮説形成・検証と論理思考の関係
2.論理思考の基本的な確認
・モレなくダブりなく整理する:MECE、ロジックツリー
・So What? / Why So? により論理をつなぐ:演繹法と帰納法、論理展開における6つの落とし穴
3.論理を組み立てる
・論理を組み立てのパターン ~「並列型」と「解説型」~
PM
4.”革新Power-up”活動による人・組織の革新能力の向上
・”Power-up活動”のコンセプト/クロスファンクショナル/トップのすばやい意思決定/ファシリテーション/短期的成果/コミュニケーションなど
5.複雑な因果関係を解きほぐす ~システムシンキング~
・複雑な因果関係を解きほぐす
・システムシンキングの活用により複雑な因果関係を解きほぐす
・システムシンキングの活用のステップ
・時系列変化グラフを使ってシステムの構造を明らかにする
・因果ループ図を使ってシステムの構造を明らかにする
2日目
AM
6.自己業務課題の検討
・業務における課題とその背景(仮説形成)
PM
6.自己業務課題の検討
・課題解決の目的と成果目標の設定

教材サンプル

お客様の声

「実践に沿って研修が受けられて、すぐに業務で利用できると思う。」
「初めての人にもわかりやすいと思う。」
「親しみやすく、自分でプレゼンを行う際の見本にしたいと思った。」

留意事項・備考

・講師:株式会社ニューチャーネットワークス
・本コースには、事前課題があります(作業時間:1時間程度)
・本コースは、2006年度まで開催しておりました「ロジカルシンキング(コースコード:HS068)」および2009年度まで開催しておりました「実践・ロジカルシンキング -課題解決力向上-(コースコード:HS221)」の改訂コースになります。

※本コースは開講1ヶ月前に開催/中止の判断をさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

リコメンド

「実践・ロジカルシンキング -課題解決力向上-」コースを申込んだ人は、こんなコースも申し込んでいます。

開催スケジュール詳細・お申込

開催スケジュールは、日程が決まり次第掲載致します。

おすすめ情報