コースコード:FG121

新入社員のための システム開発入門 -プロジェクト活動を通して学ぶ仕事の進め方と心構え-

コース概要

システム開発の全体像をつかみ、システム開発業務の概要および各フェーズの役割、重要性を理解します。また、ケーススタディ形式の演習を通して、開発プロジェクトを疑似体験します。さらに、組織における個人の役割やIT エンジニアとしてのあるべき姿、企業人としての心構えを理解します。

受講料 

154,000円(税込)/140,000円(税抜)

講習日数

5日間

講師からのメッセージ

本コースではシステム開発プロジェクトの全体像を俯瞰(ふかん)し、流れをイメージできるようになることを目的としています。また、なぜシステム開発が必要なのか、今担当する業務はシステム開発のどの工程なのか、ということを理解できるようになります。
また、本コースではアクティブ・ラーニングを通して、受け身ではなく主体的に学び、考え、行動することを促します。

到達目標

  • ・ システム開発プロセスの種類と特徴を説明できる。
  • ・ プロジェクト計画書を作成し、QCDの予実管理ができる。
  • ・ ビジネスマナーを実践したインタビューができる。
  • ・ インタビューでの効果的なユーザー要求の抽出方法を説明できる。
  • ・ 議事録を作成できる。
  • ・ 問題/課題の解決策を盛り込んだ業務要求定義方法を説明できる。
  • ・ ネットワークやセキュリティの基礎知識を活用して、それらを意識したシステム構成図を作成できる。
  • ・ 正規化の知識を活用して、矛盾のないデータ項目を定義できる。
  • ・ レビューによる品質評価方法を説明できる。
  • ・ 利用者を意識し、システムとして統一感の取れたユーザーインターフェース設計ができる。
  • ・ 性能や信頼性要求を実現するための内部設計の留意点を説明できる。
  • ・ 保守性や生産性を意識したプログラム設計のポイントを説明できる。
  • ・ テストやレビューによる品質管理方法を理解し、テストの特徴と対応する開発工程を説明できる。
  • ・ 成果発表を通して、成果物の作成ポイントをユーザーに分かりやすく伝えることができる。
  • ・ プロジェクト完了報告書作成を通して、システム開発の流れと工程間のつながりを確認し、各工程が品質に与える影響を説明できる。
  • ・ 成果を振り返り、今後システム開発に携わる上で心がけるべき点を整理し、今後の業務に活用できる。

前提知識

「新入社員のための IT基礎 (アクティブ・ラーニング)」コースを修了、または同等知識をお持ちの方。

研修コースマップ

新入社員研修/内定者研修

  • ビジネススキル/IT基本スキル

コース内容

1日目
AM
1.ITエンジニアの役割と心構えとは
・情報システムとは
・ITエンジニアの活動
・ITエンジニアの心構え
2.標準化と開発工程
・標準化
・プロセスモデル
3.プロジェクトマネジメント
・プロジェクトマネジメントの概要
・コストモデル
PM
4.品質管理
・品質特性
・テスト
・レビュー
5.システム企画
・システム企画とは
6.要件定義
・要件定義とは
・現状と要求の調査
・要件定義
 【演習】プロジェクトの立ち上げ
 【演習】インタビュー(準備)
2日目
AM
6.要件定義
 【演習】インタビュー(実施)
 【演習】インタビュー(議事録作成)
PM
6.要件定義
 【演習】問題・課題の整理
 【演習】業務分析(業務フロー図・業務仕様書作成)
 【演習】レビュー
3日目
AM
7.外部設計
・外部設計とは
・機能分析
・ユーザインタフェース設計
PM
7.外部設計
 【演習】機能分析/ユーザインタフェース設計(機能仕様書・画面遷移図・画面レイアウト仕様書作成)
 【演習】レビュー
4日目
AM
7.外部設計
・論理データ設計
・その他の設計
 【演習】ボトムアップアプローチ(正規化・ER図作成)
PM
7.外部設計
 【演習】レビュー
8.内部設計
・内部設計とは
・ソフトウェア設計
・物理データ設計
 【演習】テーブル仕様定義(テーブル一覧・テーブル仕様書作成)
 【演習】レビュー
5日目
AM
9.製造とテスト
・製造とテストとは
・製造
・単体テスト
・結合テスト
・その他のテスト
10.運用・保守
・運用・保守とは
・運用・保守作業
・保守体制
PM
11.成果発表
・プレゼンテーション準備
・発表会

■学習形態と割合

■対応サービス

  • ○ SkillSlalom(スキルスラローム)
  • ○ クラスマネージャー
  • ○ +αトレーニング
  • ○ ビジネスマインドブートキャンプ
  • ○ デジタルテキスト
  • ○ 発表会
  • ○ 個人成果報告書

お客様の声

■新入社員の声
「システム開発の大まかな工程を模擬とはいえ経験できて、知識として何が必要かを明確に洗い出すことができた。特にインタビュー時に聞き出せた情報で方針が大きく変わってくるため、実践した際には慎重に行っていきたい。」
「非常に実践的で難しいカリキュラムでした。しかし、短期間で学んだことの量としては、今まで受けてきた中で一番多かったと感じました。今の状態でもう一度システム開発のカリキュラムを受けたいです。」
「初めての上流工程における演習をし、限られた時間の中で、チームでできうる限りの成果物を作成するという経験を積めた。また、チームで取り組むことの良さ(自分にはなかった新しい視点での意見)と難しさ(情報の共有化をしつつ、納期を間に合わせること)を学びました。」
「短いとは思ったが、時間管理の重要性や難しさを研修で実感的に学べたこと自体は良かったと思います。」
「今回の内容は知識も重要だが、一番はグループワークの進め方を覚えることだと思った。コミュニケーション能力も立派なスキルだと思うので、伸ばしていきたいと思う。」
「システム開発について、基本的ではありますがイメージを掴むことのできた研修でした。ロールプレイを通じて、効率的な行動をとることの難しさを学びました。実際の業務の際も時間に追われる時があるかと思うので、今後も適切な行動を意識していきたいです。」
「システム開発における注意点をについて特に学べたかと思っております。また、何より班によるロールプレイを通して知識というより多くの経験を積ませていただきました。」
「もう少し時間があればと思う場面が多かったが、時間制限の中で成果を出す訓練ととらえればよい時間配分であったと思う。」
「演習での活動が印象に強く残っていて複数人で活動するときのスケジュール管理の難しさであったりお互いの進捗状況の確認の重要性を認識しました。」

■参観者の声
「期間的には短く苦労したと思うが役割の重要性を認識しておりとても満足な研修でした。」
「顧客からのヒアリング~開発~提案まで流れを経験し、把握できたので良かったと思います。また、発表会では積極的に質問が飛び交いモチベーションを高く持ち続けられていた点が良かったです。」
「新入社員も議論を楽しく感じていたようで、チームワークについてたくさん感じるものがあったようです。弊社だけでは、そういったことはあまり学ぶことができないのでとても良かったです。」
「チーム毎にプロジェクトを進めるだけでなく、各チーム同士でレビューを行っている所は素晴らしかった。」

留意事項・備考

・本コースは、2019年度新入社員研修向けのコースです。

成果発表会について
・研修最終日(4/25)の午後に、開発プロジェクト体験演習の成果を発表する、成果発表会を実施します。成果発表会は、育成担当・責任者の方もご参加いただけます。詳細は4月の中旬にお送りするご案内をご覧ください。

成果物について
・研修期間中に作成したプロジェクト計画書や業務フロー図、発表資料などは、後日SkillSlalomからダウンロードいただけます。

・本コースでは、事前事後テストおよび修了テストの結果や講師・クラスマネージャーコメントをまとめた個人成果報告書を提出いたします。

・本コースを含んだ新入社員専用コースを組み合わせた以下のお得なパックコースもご用意しています。
 ・新入社員 ITエンジニア育成エントリーパック
 ・新入社員 ITエンジニア育成トータルパックC編
 ・新入社員 ITエンジニア育成トータルパックJava編
 ・新入社員 ITエンジニア育成トータルパックVB.NET編
 ・新入社員 ITエンジニア育成トータルパックC#編
 ・新入社員 ITエンジニア育成トータルパックJavaWeb編

開催スケジュール詳細・お申込

来年度春の新入社員研修のWeb申込みは、1月半ば頃に受付開始を予定しております。 スケジュールに関しては、お手数をおかけいたしますが、新入社員研修(春開催)スケジュールまたは「新入社員研修サービスのご案内」パンフレット(PDF)をご覧ください。

また、本コースはカスタムメイド研修(一社向け研修)としても実施致します。 最低実施料金は1名様分の受講料の10名様分程度が目安です。詳細につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。
 お問い合わせ先:新入社員研修担当(freshman@educ.jp.nec.com

おすすめ情報