コースコード:DB640

Oracle Database 11g 入門 SQL基礎 I

コース概要

マシン実習

はじめてOracleデータベースを触れるという方のために、リレーショナル・データベースとは何かという概念から始めて、リレーショナル・データベースへアクセスするための標準言語であるSQL言語を修得します。また、設計、開発、運用のいずれでも必要となるスキーマ・オブジェクトの作成方法を修得します。

受講料 

213,840円(8%税込)/217,800円(10%税込)/198,000円(税抜)

※終了日が10月以降の場合、消費税率が10%になります。

講習日数

3日間

講師からのメッセージ

SELECT、INSERT、UPDATE、DELETEなどのDML文や表、ビュー、順序、シノニムなどのオブジェクト作成に使用するDDL文を中心に学習していきます。また、Oracle独自の関数やデータ型(DATE型など)も紹介します。
これからOracleの利用を始める方に適した入門コースになります。
また、ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g資格取得に必要な「11g SQL基礎 I」試験に対応した内容になっております。

到達目標

  • ・ SELECT 文を使用して、表のデータを検索できる。
  • ・ INやLIKEなどの演算子を使用して、データの検索条件を定義できる。
  • ・ SQL関数(TO_CHAR、SUBSTR、SUMなど)でデータを加工できる。
  • ・ 複数の表の結合や、副問合せでデータを取得できる。
  • ・ INSERT文、UPDATE文、DELETE文を使用できる。
  • ・ 表、索引、ビューなどのスキーマ・オブジェクトを作成し、管理できる。

前提知識

コンピュータに関する基本的な知識をお持ちの方。

コース内容

1日目
AM
1.Oracle Database 11gテクノロジ
2.SQLのSELECT文を使用したデータの取得
PM
3.データの制限およびソート
4.単一行関数を使用した出力のカスタマイズ
2日目
AM
5.変換関数と条件式の使用
6.グループ関数を使用した集計データのレポート
PM
7.複数の表のデータの表示
8.副問合せを使用した問合せの解決
3日目
AM
9.集合演算子の使用
10.データの操作
PM
11.DDL文を使用した表の作成と管理
12.その他のスキーマ・オブジェクトの作成

留意事項・備考

・本コースは日本オラクル株式会社との提携コースであり、コース実施のためのお客様の個人情報を日本オラクル株式会社およびOracle Corporationに提供させていただきます。
・受講確認のため、初日にご署名をいただきます。
・日本オラクル株式会社の方針に従い、2009年6月より、従来の紙テキストから電子ファイル教材(PDF)「eKit」に変更いたしました。

★★ eKitについては、下記のページをご確認ください ★★
eKitについて

コース内容問合わせ:Tel 03-5232-3075 / e-mail dbg@educ.jp.nec.com

開催スケジュール詳細・お申込

本コースは、カスタムメイド研修(一社向け研修)として実施致します。最低実施料金は1名様分の受講料の8名様分程度が目安です。 詳細につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

おすすめ情報