コースコード:DB289

NoSQLデータベース基礎

コース概要

マシン実習
クラウド実習環境(コース開始から2週間利用可)

NoSQLの特徴、RDBとの違い、活用場面をいくつかの製品を題材にして学習します。

受講料 

36,720円(税込)/34,000円(税抜)

開始日(申込締切前)

東京 11/10、2/19

講習日数

1日間

講師からのメッセージ

芝浦会場の開催は、クラウド型実習サービスに対応しています。

本トレーニングでは、memcached、Apache Cassandra、HBase、Mongodbという製品を題材に、NoSQLと呼ばれる新しいデータベースシステムの概要としくみを学習します。また、Google App Engineを題材に、クラウド環境のNoSQLサービスを使用する際の留意点を学習します。これからビッグデータビジネスを始める方にお勧めのコースです。

到達目標

  • ・ クラウド環境のデータベースに求められる機能を説明できる。
  • ・ RDBMSとNoSQLの使い分けができる。
  • ・ NoSQLの基本的な操作ができる。
  • ・ PaaS環境におけるNoSQLの使用方法の特徴を説明できる。

前提知識

「データベース入門 」コースを終了、または同等知識をお持ちの方。

研修コースマップ

ビッグデータ/AI/IoT

  • 分析基盤技術

コース内容

カリキュラム詳細

NoSQLデータベース基礎

第 1 章NoSQLとは
分散コンピューティングの基礎
データベースのスケールアウト
CAP定理
NoSQLとは
NoSQLの種類
第 2 章NoSQLの使用
製品の選択時のポイント
NoSQLシステムの構築(memcached編)
NoSQLシステムの構築(Cassandra編)
NoSQL システムの構築(HBase 編)
NoSQL システムの構築(Mongodb 編)
第 3 章クラウド環境での利用
クラウド上のNoSQLサービス
Google App Engineの使用
データストアの利用
クラウドを選択するケース
第 4 章RDBとの使い分け
RDBとNoSQLの比較
製品の比較
その他の検討事項

 
AM
PM
1日目
1.NoSQLとは
2.NoSQLの使用
2.NoSQLの使用
3.クラウド環境での利用
4.RDBとの使い分け

留意事項・備考

・このコースは、2016年1月29日実施まで、コース名「クラウドデータベース基礎 」(コード:DB048)として実施しておりました。2016年4月1日以降は、コース名を「NoSQLデータベース基礎」に変更し実施します。コース名以外の変更はありません。

リコメンド

「NoSQLデータベース基礎」コースを申込んだ人は、こんなコースも申し込んでいます。

開催スケジュール詳細・お申込

「カートに追加」欄の追加をクリックすると、web申込が可能です。
申込期限およびキャンセル期限は、各締切日の16:30です。

◎・・・6名様以上、空いております。
○・・・1~5名様の空きがございます。
△・・・キャンセル待ちとなります。(ただし、備考欄に注記がある場合はキャンセル待ちではありませんので、注記をご参照ください)
週2回空席状況を更新します。◎○でも、既に満席の場合はご了承下さい。詳細な空席状況は研修申込センターにお問い合せください。

[スケジュール更新日付:2017年09月25日]

地区 開催番号 会場名 開始日~終了日 日数 講習時間 申込締切日 空席
状況
備考 カートに追加
キャンセル締切日
東京 DB289501K 芝浦研修センター(第二吾妻ビル) 2017/11/10~
2017/11/10
1日間 09:30~
16:30
2017/11/08 追加
2017/11/06
DB289502K 芝浦研修センター(第二吾妻ビル) 2018/02/19~
2018/02/19
1日間 09:30~
16:30
2018/02/15 追加
2018/02/13
おすすめ情報