コースコード:DB074

データベース運用基礎

コース概要

マシン実習
クラウド実習環境(コース開始から2週間利用可)

データベース管理者の日常業務にフォーカスして、運用の基礎的な留意点を修得します。なお、本コースではデータベースソフトウェアにPostgreSQLを使用していますが、他の製品でも共通して対応できる内容になっております。

受講料 

88,000円(税込)/80,000円(税抜)

開始日(申込締切前)

東京 1/27

講習日数

2日間

講師からのメッセージ

芝浦会場の開催は、クラウド型実習サービスに対応しています。

◆SmartLearning対応コースもあります◆
同等内容を以下のSmartLearning対応コースでも提供しています。
データベース運用基礎(eトレーニング)+実習キット

到達目標

  • ・ データやファイルの特性を考慮したファイル配置ができる。
  • ・ システム要件に合わせたセキュリティの設定ができる。
  • ・ システム要件に合わせたバックアップ計画を策定できる。
  • ・ データベースの監視と定期的なメンテナンス作業ができる。
  • ・ 障害の原因を特定し、適切なリカバリ処理ができる。
  • ・ パフォーマンス劣化の原因を特定し、基本的なチューニングができる。

前提知識

「データベース入門」 コースを修了、または同等知識をお持ちの方。

研修コースマップ

データベース全般

  • データベース共通技術

コース内容

1日目
AM
1.データベース運用の概要
・データベースの概要
・データベースのアーキテクチャ
・論理的格納領域と物理的格納領域
・データベースの運用タスク
・データベース管理体制の確立
2.ストレージの管理
・ストレージ管理の概要
・データの移動・削除
3.バックアップの取得と管理
・バックアップの概要
・ログモードの選択
・バックアップ計画の策定
・論理バックアップと物理バックアップ
・一貫性バックアップと非一貫性バックアップ
・全体バックアップと増分(差分)バックアップ
・バックアップの保存先
・バックアップの保存ポリシー
PM
4.セキュリティの管理
・セキュリティ管理の概要
・データベースユーザー
・ユーザー権限の見直し
・アクセス設定ファイルの見直し
・その他の見直し
5.データベースの監視
・データベースの監視概要
・エラーログの監視
・メモリ内統計値の監視
・表のデータ量の監視
・使用リソース量の監視
・監査ログの監視
2日目
AM
6.領域不足への対応
・領域不足への対応の概要
・既存領域の縮小
・領域の追加
7.リカバリ処理
・リカバリ概要
・インスタンス障害からのリカバリ
・非クリティカルな障害からのリカバリ
PM
7.リカバリ処理
・クリティカルな障害からのリカバリ
・ユーザーエラーからのリカバリ
8.パフォーマンスチューニング
・パフォーマンスチューニング概要
・インデックスの検討
・IOの調整(非正規化、チェックポイント)
・メモリの追加
9.その他の非常時対応
・アクセス拒否設定
・ユーザーアカウントのロック
・セッション管理
・セキュリティパッチの適応とバージョンアップ

リコメンド

「データベース運用基礎」コースを申込んだ人は、こんなコースも申し込んでいます。

開催スケジュール詳細・お申込

「カートに追加」欄の追加をクリックすると、web申込が可能です。
申込期限およびキャンセル期限は、各締切日の16:30です。

◎・・・6名様以上、空いております。
○・・・1~5名様の空きがございます。
△・・・キャンセル待ちとなります。(ただし、備考欄に注記がある場合はキャンセル待ちではありませんので、注記をご参照ください)
週2回空席状況を更新します。◎○でも、既に満席の場合はご了承下さい。詳細な空席状況は研修申込センターにお問い合せください。

[スケジュール更新日付:2019年10月24日]

地区 開催番号 会場名 開始日~終了日 日数 講習時間 申込締切日 空席
状況
備考 カートに追加
キャンセル締切日
東京 DB074701K 芝浦研修センター(第二吾妻ビル) 2020/01/27~
2020/01/28
2日間 09:30~
16:30
2020/01/23 追加
2020/01/21