コースコード:MU21B

Microsoft Dynamics CRM 2013 での営業管理(#80627)

コース概要

マシン実習

Dynamics CRM の営業管理で使用されるコンポーネントの概要とさまざまなビジネス シナリオに適用する方法について学習します。また、Dynamics CRM が営業案件の見込みからクロー ズまでを追跡するために使用するエンティティやレコードの種類の詳細についても学習します。

講習日数

1日間

講師からのメッセージ


◆SmartLearning対応コースもあります◆
同等内容を以下のSmartLearning対応コースでも提供しています。
Microsoft Dynamics CRMによる営業管理(eトレーニング)
本コースとSmartLearning対応コースとの違いについては「これで納得!スマートラーニング」をご覧ください。

到達目標

  • ・ Microsoft Dynamics CRM の営業管理の概念について把握できる。
  • ・ Microsoft Dynamics CRM の営業管理で使用されるコア レコードの 種類の役割について説明できる。
  • ・ 競合企業および営業資料のレコードの種類を使用する時期および方法を説明できる。
  • ・ 新規および既存の顧客を作成し、操作できる。
  • ・ 顧客レコードと営業レコード間の関連付けについて説明できる。
  • ・ 潜在顧客から営業案件へのプロセスと、これらのレコードの役割について把握できる。
  • ・ Microsoft Dynamics CRM で営業資料を操作する方法を把握できる。
  • ・ 競合企業を作成および管理する手順を確認できる。
  • ・ 営業案件レコードを把握できる。
  • ・ 営業案件レコードを作成、操作、クローズ、および再オープンできる。
  • ・ 営業案件のさまざまな状態について説明できる。
  • ・ Microsoft Dynamics の割り当て機能を使用できる。
  • ・ システム ビューから営業案件を管理できる。
  • ・ 製品カタログの機能と利点を理解できる。
  • ・ 製品カタログの出荷単位一覧を作成および管理できる。
  • ・ 製品を製品カタログに追加し、セット製品および代用製品の使用について説明できる。
  • ・ 価格表を作成し、異なる顧客、マーケティング キャンペーン、および 特典に合わせて構成できる。
  • ・ 顧客およびマーケティング キャンペーンの種類ごとに価格表を設定できる。
  • ・ 営業案件に品目を追加する方法をデモンストレーションできる。
  • ・ 営業案件から見積もりを生成する方法をデモンストレーションできる。
  • ・ さまざまな通貨を操作する方法をデモンストレーションできる。
  • ・ Microsoft Dynamics CRM で見積もり、受注、および請求書を作成し編集できる。
  • ・ 見積もりを受注に変換するプロセスについて説明できる。
  • ・ 個人、チーム、および組織の営業目標を作成して管理できる。
  • ・ 個人用グラフおよびシステム グラフを作成して共有できる。
  • ・ ダッシュボードを操作および作成できる。
  • ・ リスト、ビュー、およびグラフを使用して重要な営業情報を取得できる。
  • ・ 営業レポートを使用して潜在的な営業案件を確認し、売り上げを予測して営業生産性を分析できる。
  • ・ 高度な検索の結果をエクスポートするか、Excel へのエクスポート機能 を使用して Microsoft Office Excelスプレッドシートを表示できる。
  • ・ 個人、チーム、および組織の営業目標を作成して管理できる。
  • ・ 個人用グラフおよびシステム グラフを作成して共有できる。
  • ・ ダッシュボードを操作および作成できる。

前提知識

以下のすべてを満たしている方。
・Microsoft Windows の一般的な知識をお持ちの方。
・Microsoft Office の一般的な知識をお持ちの方。
・CRM (顧客間関係管理) ソリューションのプロセスおよび業務についての一般的な知識をお持ちの方。

コース内容

カリキュラム詳細

Microsoft Dynamics CRM 2013 での営業管理(#80627)

第 1 章営業管理について
営業プロセスのコア レコード
第 2 章潜在顧客の管理
潜在顧客とは
「潜在顧客から営業案件」 プロセスのフロー
潜在顧客の見込みなし評価と再アクティブ化
営業資料
競合企業
第 3 章営業案件レコードの操作
営業案件の管理
「ユーザーにより指定」 と「システムにより計算」の価格設定
営業案件のクローズ
営業案件のビュー
他のレコードとの関連付け
第 4 章製品カタログに関する作業
製品カタログの利点
出荷単位一覧
製品
価格表
値引き表
第 5 章受注処理
営業案件
見積もり
見積もり、受注、請求書
受注
請求書
第 6 章指標と目標
営業目標管理とは
目標指標
目標
上位目標
第 7 章営業分析
リスト
ビュー
グラフ

 
AM
PM
1日目
1.営業管理について
2.潜在顧客の管理
3.営業案件レコードの操作
4.製品カタログに関する作業
5.受注処理
6.指標と目標
7.営業分析

留意事項・備考

このコースは、「SAトレーニング受講券」対象コースです。
なお、SAトレーニング受講券「対象コース一覧はこちら」です。

開催スケジュール詳細・お申込

開催スケジュールは、日程が決まり次第掲載致します。

おすすめ情報