Topics

One Windowsを実現したマイクロソフトWindows 10認定コースを2016年5月からスタート!
~「Windows 10 のインストールと構成」と「エンタープライズ サービスによる Windows 10 の展開と管理」について講師にインタビュー~

NECマネジメントパートナーは、One Windows(※)を実現したマイクロソフトWindows 10認定コース「Windows 10 のインストールと構成」と「エンタープライズ サービスによる Windows 10 の展開と管理」を2016年5月より開講することとなりました。

NECマネジメントパートナーは、マイクロソフト社が主催する各種セミナーの講師やイベントのセッションスピーカーを担当し、さまざまなマイクロソフト関連技術に関するコンテンツ作成協力を行っています。国内のデスクトップの主要OSであるWindows OSの教育にも、市場をけん引する認定スクールの一社として、取り組んでおります。

※One Windows:Windows 10からデスクトップPC、スマートデバイス、タブレットPC、大型タッチディスプレイなどのWindows OSを全て1つのOSで提供するコンセプト。これにより異なるデバイスを使用しても共通のユーザー・エクスペリエンスを提供できます。また、デバイスに合わせたコーディングをしなくてもよくなるため、開発工数の短縮にもつながります。

今回はこの分野で業界をリードするインストラクターの人材開発サービス事業部 桑原 聖(以下、桑原)に、Windows 10トレーニングコースの魅力について、シニアエキスパート 山崎 明子(以下、山崎)がインタビューしました。

One Windowsを実現したマイクロソフトWindows 10認定コースを2016年5月からスタート!

2016年4月

山崎:
桑原さん、本日はご多用中ありがとうございます。Windowsトレーナーといえば桑原さんといわれるくらい人気です。今日も忙しい講義の合間を縫ってインタビューに応じていただきました。よろしくお願いいたします!最初に自己紹介をお願いいたします。
桑原:
はい。よろしくお願いいたします。

2009年よりWindows/Windows Server関連の研修を担当し、2013年には、先陣を切ってWindows 8 のMicrosoft認定コースを実施しました。国内初の実施ということで、自分で調べて確認しなければいけないことも多く、大変でしたが、多くの方から高い評価を頂き思い出に残る仕事となりました。また、Windows 8より搭載されたHyper-Vに関して、MCP試験対策本を執筆しました。

これからもMicrosoft認定トレーナーとして、Microsoftテクノロジの普及に貢献できるよう頑張ります。
山崎:
さすが、桑原さんらしい優等生な自己紹介ですね!さっそく本題ですが、Windows 10を最初に触られた際の印象についてお教えください。
桑原:
最初に印象に残ったのは、スタート メニューですね。スタート メニューとスタート画面の両方を採用して、非常に使いやすくなりました。また、タブレット モードも搭載されていますので、タッチ操作が多い場合にはこちらが便利です。最近は、PC/タブレットの両方で利用できる2in1デバイスが市場に出ていています。このようなデバイスで、キーボードを取り外すと、Windows 10が取り外しを検知して、自動的にタブレット モードに切り替わります!これには驚きました。

最近注目の若手実力派女優のTさんがCMで登場する弊社のLAVIE Hybrid ZEROにも、もちろん搭載されています!あっ、少し宣伝みたいになってしまいましたね。
山崎:
もしかして、桑原さんはTさんのファンですか~?
桑原:
否定はしませんが、公式には私はWindowsファンです!

Windows 10について技術者として面白いと思うところを少しご紹介します。Windows 10はマイクロソフトにフィードバックを言えるところが面白いと思います。Windows 10のフィードバック ツールを使用して、改善を要求できます。自分が言うだけでなく、他の人がどのようなことに改善を求めているかも分かります。Windowsだけでなく、さまざまな業務のヒントになることもあると思います。フィードバックするとポイントがもらえるのですが、そのポイント欲しさに夜中まで Windows 10を触っていました(笑)。
山崎:
そうなんですね!Windows 10のコンセプトである One Windowsは、全てのデバイス環境のためにというメッセージを感じました。PC市場の主要OSが統合環境になり、さまざまな方のフィードバックを得て改良され、しかもそのフィードバックのナレッジを共有できる仕組みができたというのはとても魅力的ですね。

ちなみにWindows 10を学ぶ上で知っておいたほうがよい知識にはどのようなものがあるのでしょうか?
桑原:
やはりOne Windowsという言葉は覚えておくとよいと思います。私がWindows 10のセミナーを実施する際には、必ず冒頭で説明しています。Windows 10は、デスクトップPCで利用するだけでなく、タブレットやスマートフォンなどさまざまなデバイスで動作します。この点を意識できると、Windows 10の新機能をどのシーンで使えばよいかが見えてきます。
山崎:
今回、NECマネジメントパートナーはマイクロソフトWindows 10認定コース「Windows 10 のインストールと構成」と「エンタープライズ サービスによる Windows 10 の展開と管理」を開始しますが、弊社のWindows 10コースを受講するメリットについて教えていただけますでしょうか?
桑原:
弊社では、Windows 10の認定コース(5日間)を3日間の短縮版として提供します。これは、Windows 8のコースを何度も実施した経験に基づいて内容を決定しています。日本の技術者のみなさんが知りたい点、つまずく点を意識しながらコースを実施しますので、楽しみにしていてください!
山崎:
もう一つ加えると、人気講師の桑原さんから直接学べるというのもありますね!

ちなみに、Windows 10を学んだあとで役に立つ仕事、技術者のスキル計画・展望についても教えていただけますでしょうか?
桑原:
直近では、PCの管理、配布をおこなう方に学んでいただきたいと思いますが、今後は、タブレットやスマートフォン、IoTデバイスなどでも活躍していくオペレーティング システムになりますので、今のうちから基礎固めをしておくと良いと思います。

また、Windows 10は、どんどん進化していきますので、スキルアップデートも重要です。Microsoft AzureやOffice 365のようなクラウド製品と同じように考えていけばよいと思います。
山崎:
最新のWindows 10を学ぶことで、PCやタブレット、スマートフォン、IoTデバイスの管理・運用までできるようになるのですね。ぜひこの機会に押さえていただきたい技術です。

最後に、今後受講を検討される方へのメッセージをお願いします。
桑原:
理解を深めるためには、Windows 10を操作することだと思います。

評価版も提供されていますし、リリースから1年間は無料アップグレードが可能ですので、ご自宅のPCなどにインストールして試してみるのも一つの方法だと思います。

しかし、1台のPC上で確認できることは限られます。研修にご参加いただくと、複数の仮想マシンを使用した、より実践的な操作を体験することができます。短期間でWindows 10のスキルアップをしたいとお考えの方は、ぜひ、弊社の研修にご参加ください!

■Windows 10コースラインアップ

■コースフロー

お問い合わせ

NECマネジメントパートナー 人材開発サービス事業部
マイクロソフトOS系担当
e-mail: msuos@educ.jp.nec.com

ページの先頭へ戻る