コースコード:JV318

Javaプログラミング -オブジェクト指向編2-(eトレーニング)

コース概要

マシン実習

本コースはSmartLearning対応コースです。
Javaによるオブジェクト指向プログラミングのスキル(継承、インタフェース、例外処理など)を修得します。

受講料 

21,600円(税込)/20,000円(税抜)

開始日(申込締切前)

7/11、7/19、7/25、8/1、8/16、8/22、8/29、9/5、9/12、9/20、9/26

標準学習時間

8時間

講師からのメッセージ

本研修は講師動画の視聴があります。音声を再生できる環境にて、もしくはイヤホン/ヘッドホンなどをご用意のうえ、ご受講ください。
また、JDK8をインストールしていただくことで、デモンストレーションと同じプログラムを実際に作成したり、演習を行うことができます。環境構築方法は講義動画の中で解説しています。

Javaの基本文法(変数、制御構文、メソッドなど)のコーディングスキルを修得済みの方やC言語、C++言語などのプログラミング経験をお持ちの方を対象にしたコースです。Javaによるオブジェクト指向プログラミングの文法(継承、インタフェース、例外処理など)を扱います。

本コースは「Javaプログラミング -オブジェクト指向編1-」(コースコード:JV317)の後続コースです。

到達目標

  • ・ サブクラスの利用がシステムの拡張性や再利用性を向上させることを理解し、その具体的なプログラムを作成できる。
  • ・ インタフェースの役割や利点を理解し、インタフェースを使ったプログラムを作成できる。
  • ・ 発生した例外を捕捉し、対処するプログラムを作成できる。
  • ・ 例外を通知するメソッドを作成できる。

前提知識

「Javaプログラミング -オブジェクト指向編1-(eトレーニング)」コースを修了、または同等知識をお持ちの方。

研修コースマップ

Java

  • Javaプログラミングの基礎

コース内容

カリキュラム詳細

Javaプログラミング -オブジェクト指向編2-(eトレーニング)

第 1 章継承とインタフェース
継承
オーバーライド
super
参照型の方変換
抽象クラス
インタフェース
ポリモフィズム
クラスの修飾子
第 2 章例外処理
例外処理とは
例外の種類
try-catchによる例外処理
例外を発生させるメソッド

1.継承とインタフェース
2.例外処理

動作環境

動作環境詳細

推奨OS: Windows Vista/7/8/8.1
推奨ブラウザ: Internet Explorer 7.0/8.0/9.0/10.0/11.0
プラグイン: Adobe Flash Player 11 以降

開催スケジュール詳細・お申込

「カートに追加」欄の追加をクリックすると、web申込が可能です。
申込期限およびキャンセル期限は、各締切日の16:30です。

[スケジュール更新日付:2016年06月09日]

開催番号 開始日~終了日 申込締切日 備考 カートに追加
キャンセル締切日
JV318013E 2016/07/04~
2016/10/04
締切ました 申込締切済
キャンセル不可
JV318014E 2016/07/11~
2016/10/11
2016/07/05 追加
2016/07/05
JV318015E 2016/07/19~
2016/10/19
2016/07/12 追加
2016/07/12
JV318016E 2016/07/25~
2016/10/25
2016/07/19 追加
2016/07/19
JV318017E 2016/08/01~
2016/11/01
2016/07/26 追加
2016/07/26
JV318018E 2016/08/16~
2016/11/16
2016/08/02 追加
2016/08/02
JV318019E 2016/08/22~
2016/11/22
2016/08/16 追加
2016/08/16
JV318020E 2016/08/29~
2016/11/29
2016/08/23 追加
2016/08/23
JV318021E 2016/09/05~
2016/12/05
2016/08/30 追加
2016/08/30
JV318022E 2016/09/12~
2016/12/12
2016/09/06 追加
2016/09/06
JV318023E 2016/09/20~
2016/12/20
2016/09/13 追加
2016/09/13
JV318024E 2016/09/26~
2016/12/26
2016/09/16 追加
2016/09/16