VMware認定資格

資格概要

VMware Certified Professional(VCP:VMware 認定プロフェッショナル)は、VMware社が認定する、VMware ソリューションの導入・ 展開のための技術を有することを認定するもので、VMware の世界共通の資格です。
VCP資格には、以下のようなData Center Virtualization、Desktop、Cloud、Network Virtualization などに対応したそれぞれのVCP資格があります。

  • VMware Certified Professional - Data Center Virtualization 2019 (VCP-DCV 2019)
  • VMware Certified Professional - Desktop and Mobility 2019 (VCP-DTM 2019)
  • VMware Certified Professional - Cloud Management and Automation 2019 (VCP-CMA 2019)
  • VMware Certified Professional - Network Virtualization 2019 (VCP-NV 2019)

■VCP-DCV 2019に関して
以下は、初めてVCP資格を取得する方(=現在、VCP資格をお持ちではなく、VCP-DCV 2019取得に必要な研修を未受講の方)がVCP-DCV 2019資格を取得する際の対象試験と関連コースを表しています。

資格名称対象試験*1関連コース*2
VMware Certified Professional - Data Center Virtualization 2019 (VCP-DCV 2019)
  • vSphere 6 Foundations試験(2V0-620)または、vSphere 6.5 Foundations試験(2V0-602)
  • VCP6.5-DCV試験(2V0-622)または、Professional vSphere 6.7試験 2019(2V0-21.19)
●VMware vSphere: Install, Configure, Manage [V6.7](チケットなし)
●VMware vSphere: Install, Configure, Manage [V6.7](チケットあり)

*1初めてVCP-DCV資格を取得する方は、Foundations試験(2V0-620または2V0-602)とVCP6.5-DCV試験/Professional vSphere 6.7試験 2019(2V0-622または2V0-21.19)の両方の合格が必要です。

*2初めてVCP資格を取得する方は、関連コースからいずれか1コースの受講が必須になります。

[ご注意]
VCP-DCV 2019資格の取得ステップには様々なケースがあります。各ケースにより、対象試験や必須となる研修受講の有無が異なります。

  • VCP6.5-DCV資格をお持ちの場合
  • VCP5-DCVもしくはVCP6-DCV資格をお持ちの場合
  • VCP4以前の旧VCP-DCV資格をお持ちの場合
  • VCP資格をお持ちではなく、6.5バージョンのVCP-DCV取得に必要な研修をすでに受講済みの場合
  • VCP-DCV以外のVCP資格(VCP-DTM等)をお持ちの場合 等
詳細は、以下のVMwareサイトでVCP-DCV 2019の説明をご確認ください。
https://www.vmware.com/education-services/certification.html

資格詳細情報の入手先

ホームページURL
https://www.vmware.com/education-services/certification.html
https://secure.vmware.com/jpedu_exam

ページの先頭へ戻る