概況報告

セミナーレポート「サイバーセキュリティ対策のすすめ ~インシデント対応力強化トレーニングのプチ体験~」

セミナーレポート「サイバーセキュリティ対策のすすめ ~インシデント対応力強化トレーニングのプチ体験~」

サイバー攻撃の手口は年々複雑・巧妙化しており、与える影響も大きくなっています。この課題に対応するため、組織や企業内にサイバー攻撃などのコンピュータセキュリティインシデントに迅速かつ的確に対応するための専門チーム「セキュリティインシデント対応チーム(CSIRT)」の設置が求められています。

CSIRT強化トレーニング(ハンドリング編、マルウェア感染対応編、テクニカル編)

現在、NECマネジメントパートナーは、CSIRTとして必要な実践的な知識や対応力を、短期間で効率的に学べる3つの研修「CSIRT強化トレーニング(ハンドリング編、マルウェア感染対応編、テクニカル編)」を2016年12月より開講し、大変ご好評いただいています。

CSIRT強化トレーニング(ハンドリング編、マルウェア感染対応編、テクニカル編)

そこで、より多くの方にこのCSIRT強化トレーニングをご活用いただきたく、演習の一部を体験できる無料セミナーを開催しました。当日は、CSIRTをこれから構築する方、CSIRTを設置していても構成メンバーの育成が不十分であると感じている方など、サイバーセキュリティ対策人材育成に熱心な方々にお集まりいただき、会場が満席となりました。ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

当日のセミナープログラム

  • サイバーセキュリティの最新動向と重要性
    サイバー攻撃の最新動向とその対応について紹介
  • 研修「CSIRT強化トレーニング(ハンドリング編、マルウェア感染対応編、テクニカル編(CTF形式))」の概要説明と演習体験
    3~4名程度のグループになって、研修の一部(演習)を体験
  • サイバーセキュリティ関連研修のご紹介
    NECマネジメントパートナーが提供するサイバーセキュリティ研修体系について紹介
CSIRT強化トレーニング(ハンドリング編、マルウェア感染対応編、テクニカル編)

インシデント発生時において、迅速な対応を行うためには、体制構築や手順、ルールの確立だけではなく、実際に演習(訓練)を行う必要があります。「CISRT強化トレーニング」は、演習を通し、組織内CSIRTに必要な判断力、コミュニケーション力、分析力、対応力、技術力を強化できます。今回はその研修のご紹介だけではなく、演習の一部も体験していただきました。

セミナーの結果は大変好評で、「参加型のセミナーで、有効と思う」「インシデント発生時の初動に興味があります」「セキュリティ事故が発生する前に対応手順やルールを決めておく必要性を強く感じた」などのコメントをいただきました。参加者全員から、「大変役になった」「役に立った」との回答をいただきました。

参加者全員から、「大変役になった」「役に立った」との回答をいただきました。

また、76%の方が「後日、本コースを受講したい(または、受講させたい)」と回答されています。本コースについては、主に次のようなコメントをいただきました。ご参考ください。

「実践的な内容を体験できそう」
「演習が充実しているから」
「インシデント発生時、自社のCSIRTが必ずとも適切な対応をとれるほど経験や知識がなく、スキルアップに良いセミナーであると感じたから」
「自社のセキュリティ人材を育成し、サイバー攻撃に対応する力をつけたい」
「(本コースだけでなく)簡易フォレンジック(マルウェア、PC、NW)もCSIRTとして受講したい」
「ハンドリング技術を高めたい」

76%の方が「後日、本コースを受講したい(または、受講させたい)」と回答されています。

サイバーセキュリティ研修に興味がある方は、以下をご覧ください。

特集/おすすめコースセレクション

おすすめコース

■担当講師紹介

小林 浩史 NECマネジメントパートナー株式会社 人材開発サービス事業部 エキスパート 兼 日本電気株式会社 ナショナルセキュリティ・ソリューション事業部 エキスパート

小林 浩史
NECマネジメントパートナー株式会社 人材開発サービス事業部 エキスパート 兼
日本電気株式会社 ナショナルセキュリティ・ソリューション事業部 エキスパート
:CYDERのプロジェクトマネジメントや講師を担当
:アジア・パシフィック 情報セキュリティ・リーダーシップ・アチーブメント (ISLA)「Senior Information Security Professional部門」受賞

セミナー概要

■開催日時
2017年4月14日(金) 14:30~16:30
■会場
NECイノベーションワールド品川
■対象者
組織のサイバーセキュリティ対策に携わる方
  • 企業・官公庁のシステム部門の管理者
  • CISO (Chief Information Security Officer)
  • CSIRT (Computer Security Incident Response Team) メンバー など

ページの先頭へ戻る