コースコード:MU62B

Microsoft Lync Server 2013 を使用したエンタープライズ VoIP とオンライン サービス 基本編(#23337)

コース概要

マシン実習

「Microsoft Lync Server 2013 を使用したエンタープライズ VoIP とオンライン サービス(#23337)」(5日間)の内容を2日間に短縮し、Lync Server 2013を使用したエンタープライズVoIP環境を構築、運用するために必要なスキルをポイントを絞って紹介します。

受講料 

129,600円(税込)/120,000円(税抜)

講習日数

2日間

講師からのメッセージ

Lync Server 2013のエンタープライズVoIPを構成、管理するために必要なスキルを短期間で修得していただくことができます。「Microsoft Lync Server 2013 のコア ソリューション 基本編(#23336)」(3日間)とセットでご受講いただくと、Lync Serverの主要な機能を5日間で修得していただくことができますので、おすすめです。テキストは、マイクロソフト社のオフィシャルテキストを抜粋して使用します。
本コースのテキストはデジタル版をご提供いたします。
・研修当日は、デジタル版テキストを利用するためのアクセスコードを紙でお渡しします。
・研修では、紙版のテキストも配布しますので、講義は紙のテキストを使用して受けていただきます。
・紙版のテキストは研修終了時に回収いたします。
・紙版のテキストはメモなどの書き込みを不可とさせていただきますが、メモ用にセミB5サイズのノートをお渡しいたします。
・デジタル版テキストはWebブラウザから、またはソフトウェア(SkillPipe)をインストールしてお読みいただくことができます。
・SkillPipeソフトウェアは無償でダウンロードすることができます。
・SkillPipeはiPad、Android、Windows Vista/7/8/RT 版が提供されています。

到達目標

  • ・ エンタープライズボイスの設計ができる。
  • ・ Lync 2013 のネットワークサービスの構成と設計ができる。
  • ・ Lync Server 2013 の音声機能の設定ができる。

前提知識

以下のすべてを満たしている方。
・「Microsoft Lync Server 2013 のコア ソリューション(#23336)」(または「Microsoft Lync Server 2013 のコア ソリューション 基本編(#23336)」)コースを修了、または同等知識をお持ちの方。
・Windows Server の監視やトラブルシューティングの経験をお持ちの方。
・Active Directory ドメインサービス (AD DS) の知識をお持ちの方。

コース内容

1日目
AM
1.音声のアーキテクチャ
・アーキテクチャとサーバーの役割
・Lync Server 2013 の音声機能
・サイトのトポロジ
PM
2.基本的なエンタープライズ ボイス機能の構成
・Lync 音声ルーティングの概要
・エンタープライズ ボイスの構成
・音声ポリシーの定義
・DID 番号の割り当て
・ダイヤル プランの設計方法
2日目
AM
3.音声アプリケーション
・コール パーク サービス
・割り当てられていない番号への通話の管理
・PSTN 会議
・応答グループ サービスの概要
・応答グループ サービスの実装
PM
4.Lync Server 2013 とネットワーキング
・メディアの要件の計画
・通話受付管理
・通話受付管理の計画
・メディア バイパス

留意事項・備考

2015/1/29よりコース名が変更になりました。
 変更後:Microsoft Lync Server 2013 を使用したエンタープライズ VoIP とオンライン サービス(#23337)
 変更前:Microsoft Lync Server 2013 を使用したエンタープライズ VoIP とオンライン サービス(#20337)
★#20337 が #23337に変更となりました。これ以外の変更はありません。
 

このコースは、「SAトレーニング受講券」対象コースです。
なお、SAトレーニング受講券「対象コース一覧はこちら」です。

開催スケジュール詳細・お申込

本コースは、カスタムメイド研修(一社向け研修)として実施致します。最低実施料金は1名様分の受講料の8名様分程度が目安です。 詳細につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

おすすめ情報