コースコード:FG216

新入社員のための インフラ技術基礎 -仮想化とクラウドで学ぶシステム基盤技術要素-

コース概要

マシン実習

インフラエンジニアとして必要なITやシステムインフラの基礎を学習します。実機や仮想化環境に加え、クラウドを活用した構築体験を通して、インフラを支える技術や各種サーバーの役割と設定を学びます。総合演習では、各種サーバーを自分たちで構築し、動作確認結果等をドキュメントにまとめ、構築・設定作業の内容を報告するスキルを修得します。

受講料 

275,400円(税込)/255,000円(税抜)

講習日数

10日間

講師からのメッセージ

本コースでは、新しいIT環境に対応ができるようにインフラ技術者に必要となる基本技術を、オンプレミスの仮想化環境上やクラウド環境上で体験しながら習得します。

■Windows Server による実機操作
Windows Server がインストールされたマシンを使用して、実際に様々な役割のサーバーを構築および設定することで、エンドユーザーが使用するクライアントOS との違いを理解できます。

■Azure を使用したクラウド体験
実際にMicrosoft Azure を使用してクラウド上のサービスを体験し、クラウドのメリットや活用方法を理解します。

■業務を想定した総合演習
総合演習では、ケースをもとにインフラを構築することで「なぜ、そのサーバーが必要なのか」を考え、サーバー同士の役割や関係性の理解を深めつつ、構築・設定スキルを高めます。

到達目標

  • ・ システムインフラを構成する代表的な要素を説明できる
  • ・ Hyper-Vを使用して、基本的な仮想化プラットフォームを構築できる
  • ・ クラウド上に標準的な仮想サーバーをセットアップできる
  • ・ 構築体験を通してネットワークの簡単な仕組みを説明できる
  • ・ Windows Serverを使用してDHCP、DNS、Webサーバーを構築できる
  • ・ SQL Serverを使用してデータベースを作成できる
  • ・ 構築したサーバーの設定情報について、報告資料を作成できる

前提知識

「新入社員のための IT基礎」コースを修了、または同等知識をお持ちの方。

研修コースマップ

新入社員研修/内定者研修

  • システム構築トレーニング

コース内容

カリキュラム詳細

新入社員のための インフラ技術基礎 -仮想化とクラウドで学ぶシステム基盤技術要素-

第 1 章システムインフラの基礎
システムインフラ
ネットワークインフラ
第 2 章サーバー仮想化の基礎
サーバー仮想化とは
仮想化環境の構築
仮想マシンの構築と管理
第 3 章サーバー構築の基礎
ユーザーとグループの管理
ファイルサーバーの構築
DHCPサーバーの構築
DNSサーバーの構築
Webサーバーの構築
DBサーバー(SQL Server)の構築
第 4 章クラウドの基礎
クラウドとは
クラウド体験
第 5 章総合演習
課題の説明
 - サーバー仮想化環境の構築
 - ファイルサーバーの構築
 - DNSサーバーの構築
 - Webサーバーの構築
 - DHCPサーバーの構築
報告資料の作成
第 6 章成果発表

 
AM
PM
1日目
1.システムインフラの基礎
2.サーバー仮想化の基礎
2日目
2.サーバー仮想化の基礎
3.サーバー構築の基礎
3日目
3.サーバー構築の基礎
3.サーバー構築の基礎
4日目
3.サーバー構築の基礎
3.サーバー構築の基礎
5日目
3.サーバー構築の基礎
3.サーバー構築の基礎
6日目
4.クラウドの基礎
4.クラウドの基礎
7日目
5.総合演習
5.総合演習
8日目
5.総合演習
5.総合演習
9日目
5.総合演習
5.総合演習
10日目
5.総合演習
6.成果発表

■学習形態と割合

■対応サービス

  • ○ SkillSlalom(スキルスラローム)
  • ○ クラスマネージャー
  • ○ +αトレーニング
  • ○ ビジネスマインドブートキャンプ
  • ○ デジタルテキスト
  • ○ 発表会
  • ○ 個人成果報告書

お客様の声

■受講者の声
「短期間で多くのことを学習するので追いつくのが大変だった。しかし、学習直後に集中的に演習できたので知識が身についたかどうかの確認はしやすかった。」
「非常に実務的な内容で今後の業務に役立てるものだったと感じました。」
「とても難しい内容でしたが少しずつ理解できました。」
「インフラ構築はこれから会社に戻ってからも携わっていくのでこの後も勉強を続けていきたいと思う。」
「今回の研修を通して知識は修得することができたと思います。振り返りの内容もありましたが、知らないことがほとんどで、特にサーバーの構築に関しましては、自身で構築することにより深く理解できたと思います。」
「サーバー構築、仮想化について等の触れたことがないものについては、非常に実践的な知識を学ぶことができました。また、ネットワーク等の事前に予備知識のあるものも良い復習の機会になりました。」
「実習を経験すると知識修得にまだ足りなかった部分があったと感じました。知識をアウトプットできるように努力します。」
「実習が充実していてよかったと感じました。」

■参観者の声
「学生の時に細かく学んでこなかった人材が、あれだけ発表できるようになるのは研修の成果と思う。物になるかはこれからだが、十分満足です。」
「研修後の実際の業務で役立つスキル・知識等、幅広く成長できる環境が整っていると思います。」
「演習が実際の業務を想定したシナリオに沿った内容になっていてよかった。」

留意事項・備考

・本コースは、2019年度新入社員研修向けのコースです。

成果発表会について
・研修最終日(5/20)の午後に、成果発表会を実施します。成果発表会は、育成担当・責任者の方もご参加いただけます。詳細は5月の上旬にお送りするご案内をご覧ください。

成果物について
・研修期間中に作成した発表資料などは、後日SkillSlalom上で公開いたします。

・本コースでは、事前事後テストおよび修了テストの結果や講師・クラスマネージャーコメントをまとめた個人成果報告書を提出いたします。

リコメンド

「新入社員のための インフラ技術基礎 -仮想化とクラウドで学ぶシステム基盤技術要素-」コースを申込んだ人は、こんなコースも申し込んでいます。

開催スケジュール詳細・お申込

来年度春の新入社員研修のWeb申込みは、1月半ば頃に受付開始を予定しております。 スケジュールに関しては、お手数をおかけいたしますが、新入社員研修(春開催)スケジュールまたは「新入社員研修サービスのご案内」パンフレット(PDF)をご覧ください。

また、本コースはカスタムメイド研修(一社向け研修)としても実施致します。 最低実施料金は1名様分の受講料の10名様分程度が目安です。詳細につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。
 お問い合わせ先:新入社員研修担当(freshman@educ.jp.nec.com