コースコード:DB656

Oracle Database 11g PL/SQL 基礎

コース概要

マシン実習

SQLを拡張した手続き言語であるPL/SQLでのプログラミングの基本を修得します。反復処理などの制御文、明示カーソル、例外処理など、プログラムを作成するうえでの必要な知識を修得します。PL/SQLを使用して開発を行なうアプリケーション開発者、管理者にお勧めします。

受講料 

142,560円(8%税込)/145,200円(10%税込)/132,000円(税抜)

※終了日が10月以降の場合、消費税率が10%になります。

講習日数

2日間

講師からのメッセージ

DECLARE、BEGIN、ENDなどのPL/SQL基本構文、IFによる条件分岐、FORやWHILEなどによる反復制御、ROWTYPEやVARAYなどによる配列の使用、カーソル(CURSOR)の使用、ストアド・ファンクションおよびプロシージャの作成および実行などPL/SQL文を使用するための基礎知識を学習できます。
PL/SQLをこれから始める方への入門コースとして適した内容です。

到達目標

  • ・ ストアド・プロシージャおよびファンクションの作成ができる。
  • ・ PL/SQLの機能および構文が説明できる。
  • ・ 効率的に実行されるPL/SQL無名ブロックの設計ができる。
  • ・ 実行時エラーの処理ができる。
  • ・ PL/SQLプログラミング構造体および条件付き制御コード・フロー(ループ、制御構造および明示カーソル)の制御ができる。
  • ・ カーソルを使用した行の処理ができる。

前提知識

「Oracle Database 11g 入門 SQL基礎I」コースを修了、または同等知識をお持ちの方。

コース内容

1日目
AM
1.PL/SQLの概要
2.PL/SQL識別子の宣言
PM
3.実行可能文の記述
4.Oracle Serverとの対話
2日目
AM
5.制御構造の記述
6.コンポジット・データ型での作業
PM
7.明示カーソルの使用
8.例外の処理
9.ストアド・プロシージャおよびファンクションの作成

留意事項・備考

・本コースは日本オラクル株式会社との提携コースであり、コース実施のためのお客様の個人情報を日本オラクル株式会社およびOracle Corporationに提供させていただきます。
・受講確認のため、初日にご署名をいただきます。
・日本オラクル株式会社の方針に従い、2009年6月より、従来の紙テキストから電子ファイル教材(PDF)「eKit」に変更いたしました。

★★ eKitについては、下記のページをご確認ください ★★
eKitについて

コース内容問合わせ:Tel 03-5232-3075 / e-mail dbg@educ.jp.nec.com

開催スケジュール詳細・お申込

本コースは、カスタムメイド研修(一社向け研修)として実施致します。最低実施料金は1名様分の受講料の8名様分程度が目安です。 詳細につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

おすすめ情報