おすすめコース

イノベーション創出の手法だけではない『実務に活かす「システム思考×デザイン思考」』

2018年5月に経済産業省・特許庁から発せられた報告書、『「デザイン経営」宣言』。
この報告書が出た背景には、VUCA(ブーカ)と呼ばれる変動性・不確実性・複雑性・曖昧性の時代に突入している中、競争優位を確保しがたい状況に直面しているという点があります。そうした状況下、競争優位確保の手段として、いま、デザイン思考が注目されています。

一方で、デザイン思考はイノベーション創出や新事業創出の手法としてだけではなく、実は日常の実務でも役立ちます。

下記のような場面に遭遇したことはありませんか?

  • 会議で論点議論がかみ合わず、結論を出すことを次回に持ち越してしまった。
  • 議論が発散しすぎて、集約に時間がかかってしまった。
  • 魅力的なお客さまへの提案アイデアを導出できず、チープな提案書を提出して受注に失敗した。

これらはごく一部ですが、会議で結論を出せない、新しいアイデアが出てこないといったことは誰しも経験していることだと思います。

『実務に活かす「システム思考×デザイン思考」』を受講いただければ、これら課題の改善につながるヒントや手法を体得することができます。
本コースでは、NECの社会基盤系の事業体で過去6年間実施してきているカリキュラムの中から、システム思考、アイデア創出の手法、価値や目的の構造化ツールなどをワークショップ形式で楽しく学んでいただけるように講義の実施方法を工夫を凝らしています。

ぜひ、この機会にご受講ください。

実務に活かす「システム思考×デザイン思考」

詳細・お申し込みはこちら
開催番号会場開催日程日数申込締切日
MX169502K玉川研修センター
ルネッサンスシティN棟8F
2019/03/06

2019/03/07
2日2019/02/20

ページの先頭へ戻る