システム要件定義研修

システム品質向上シリーズ システム要件定義研修 特集

ITが担う役割の拡大にともない、ITシステムに求められる要求・要件の多様化、システム開発の短納期化が進んでいます。ITシステム開発の難易度もますます高まっており、工数増による採算性の悪化、品質低下・納期遅れによる顧客からの信頼の失墜につながるリスクも拡大しています。これらのリスクを回避するためには、上流工程での品質確保と、ポイントを押さえたプロジェクト管理が特に重要です。

重要性が増す要件定義

ITシステムは、企業の基幹システムのような情報を記録するタイプのシステム「SoR(System of Record)」から、さまざまなデバイスやサービスとの関係を構築するタイプのシステム「SoE(System of Engagement)」に広がっています。このようなITを取り巻く環境の変化を受けて、システム開発では、今まで経験のない領域の業務についてシステム化を検討したり、今まで関わってこなかったステークホルダーとシステム仕様を検討したり、ビッグデータ、AI、モバイルなどの最新技術の適用を検討したりするなど、上流工程の重要度がますます高まっています。

上流工程のミスは下流工程での手戻りの大幅増にもつながります。このミスの発生を減らすためには、各プロジェクトメンバーが要件定義の基礎スキルを修得し、調査モレや検討モレが無いように実行することが大切です。

本特集では、システム要件定義などの上流工程の基礎スキルを修得する方におすすめの研修をご紹介します。

システム開発プロセスと要件定義関連研修

システム開発プロセスと、システム要件定義に関わるおすすめの研修は次の通りです。要求分析、機能要件定義、非機能要件定義を学ぶ研修に加え、定義した要件を満たしていることを確認するテスト関連の研修もご提供しています。

システム開発プロセスと要件定義関連研修

要件定義関連研修の特長

1. 要件定義で失敗しやすいポイントとその対策を学ぶ

システム開発の要件定義が失敗する要因には、どのようなものがあるでしょうか。ユーザーとの合意形成がなされていないところに要因の一端がありますが、これは決して文書化していないなどの手続き不足によるものではなく、ユーザーの要件を確定することができていない(確定するスキルがない)ことも多く見受けられます。

要件定義がうまくいなかい主な要因とその対応策を次に示します。

 要件定義が難しい原因主な対応策関連研修
1 顧客から提示された要求事項のみで要件をまとめようとしている。 潜在的なユーザー要求の種類と内容を理解し、要件定義における検討漏れを減らす必要がある。
2 相反するユーザー要求に全て応えようとしている。 経営者、部門長、利用者など、さまざまなユーザー要求を体系的に整理し、要求内容の漏れや矛盾を明らかにする必要がある。
3 費用や期間、業務上のルールなどから実現できない要求を要件としてまとめようとしている。 システム開発における制約や前提条件を把握し、要求事項の優先順位を定義し、要件として取り上げるべき内容を整理する必要がある。
4 必要な業務や機能の検討が十分できていない。 要求分析結果を元に、業務としてやるべきこと(業務機能)およびシステム化対象機能を体系的に整理する必要がある。
5 業務や機能の実施順序のみを検討し、業務や機能実施に必要な情報が漏れている。 機能の実施順序に加え、機能間の情報の受渡しから、漏れや矛盾のない機能や情報を抽出する必要がある。
6 ユーザーが理解できる業務フローを記述できていない。 システム化対象機能の利用可否を含めた、業務フローを記述する必要がある。
7 検討すべき非機能要件を抽出できず、また、曖昧な定義になっている。 非機能要求グレードを元に、非機能要件に関する検討漏れや曖昧さを無くす必要がある。

要件定義関連研修では、要件定義で失敗しやすいポイントとその対策を講義とグループ演習を通して学んでいただきます。

2. 実践的なケーススタディを用いた疑似体験により理解度アップ

ケーススタディを用いたグループ演習を実施し、要件定義業務を疑似体験します。

現行業務の資料を参考にしながら、顧客役講師へのヒアリング、グループディスカッション、成果物の作成、レビューなど要件定義の一連の作業を疑似体験し、さまざまな気づきを得ることで、理解を深めていただきます。

実践的なケーススタディを用いた疑似体験により理解度アップ


3. 実績豊富なカリキュラム(育成担当者様向け)

NECグループのSE要員育成など、年間500名様以上(2015年度実績)に活用いただいている実績豊富なカリキュラムです。カスタムメイド研修では、自社の開発帳票やプロセスを利用するなど、個別にカスタマイズしたカリキュラムでも実施しています。

■主なカスタムメイド研修の実績

お客様研修概要
独立系情報システム会社
A社様
ねらい
受講対象者
研修期間
研修範囲
特長
:SE要員の上流工程スキル強化/底上げ
:中堅社員 約100名
:3日間
:機能要件定義
:同社開発標準のプロセス・開発帳票にあわせたカスタマイズ
通信業
B社様
ねらい
受講対象者
研修期間
研修範囲
特長
:同社情報システム部門のスキル高度化
:情報システム部門 約20名
:2日間
:機能要件定義
:同社開発標準の解説を追加実施
製造業情報システム会社
C社様
ねらい
受講対象者
研修期間
研修範囲
特長
:同社の上流工程業務の高度化、スキル強化
:システム企画部門、および、業務部門 約30名
:2日間
:要求分析、機能要件定義、非機能要件定義
:ケーススタディの事前配布/事前学習により研修期間を短縮
製造業情報システム会社
D社様
ねらい
受講対象者
研修期間
研修範囲
特長
:提案力強化
:ソリューション営業職 約20名
:1日間
:要求分析、提案
:顧客要求を引き出し、顧客ニーズにあった提案をする演習を組み込み
金融業情報システム会社
E社様
ねらい
受講対象者
研修期間
研修範囲
特長
:同社情報システム部門のスキル高度化
:ソリューション営業職 約20名
:1日間
:要求分析
:業務フローの設計部分に注力することで1日間に短縮

■カスタムメイド研修用お問い合わせ

コース一覧

要件定義に関わる主なコースの一覧です。

  講習日数
2日間
2日間
1日間
2日間
eトレーニング
2日間
1日間

ページの先頭へ戻る