ネットワークの新潮流「SDN/OpenFlow/UNIVERGE PFシリーズ」を紹介

ネットワーク新潮流「OpenFlow」

OpenFlowは、SDNを実現する注目の技術です
(動画ストリーミング)

既存ネットワークシステムの課題

従来のネットワーク機器は、一つの筐体の中で"制御機能"と"パケット転送機能"をベンダー独自のやり方で実装していました。そのため、機器の設定は個別に行わなければならず、設定方法もベンダーごとに異なるツールやコマンドを使用することになり、以下のような課題がありました。

既存ネットワークシステムの課題
  1. 静的なネットワーク構成

    サーバ仮想化技術の浸透によってサーバ機器の追加や仮想ホストの動的な払出し、仮想ホストの移動(※ライブマイグレーション)が当たり前となっており、仮想化によって柔軟性を増したサーバ環境にネットワーク側が追いついていないのが現状です。

    ※仮想ホストで稼働しているOSやソフトウェアを停止させずに、他の仮想ホストに移動させる技術

  2. 煩雑な設定作業
    システム規模が拡大するにつれて、設定対象機器が増加し、設定変更時の作業量が膨大なものとなっています。QoSやセキュリティといったポリシー設定も複雑化し、マルチベンダ環境での運用も多く、対応は容易ではありません。
  3. ベンダ依存性の高さ
    使用するネットワーク機器ベンダへの依存性が高く、ベンダが想定するネットワーク構成以外は実現しずらい環境にあり、標準かつオープンなインターフェースが望まれています。

SDNの特長

●制御機能とパケット転送機能の分離による集中管理

SDNの特長は、制御機能とパケット転送機能を分離したことです。

SDNコントローラーと呼ばれる装置が制御機能を担当し、スイッチによるパケット転送を標準化されたプロトコルで集中的に制御できるようになっています。この仕組みによってマルチベンダー環境でも集中管理が可能です。

制御機能とパケット転送機能の分離による集中管理

●フローによる柔軟なネットワーク構成

SDNでは、データ転送レイヤ1~レイヤ4の任意のアドレス/識別子の組み合わせでパケットを識別して処理します。このパケットの識別情報と処理内容を定義したものを「フロー」と呼んでいます。SDNスイッチでは「フローテーブル」と呼ばれるテーブルにSDNコントローラーから送られてきたフローを保持し、このフローに基づいてパケット転送制御を行っています。

フローの定義によって、SDNスイッチにパケットの種類に応じてレイヤ2/レイヤ3スイッチのような処理を実行させることができ、経路も自由に設定することができるため、1つの物理ネットワーク上に複数の仮想ネットワークを構成したり、必要に応じて動的に変更したりできます。

フローによる柔軟なネットワーク構成

●汎用プログラム言語による自由な制御の実現

SDNのプロトコルであるOpenFlowは標準化が進められており、またSDNコントローラーの制御を汎用的なプログラム言語(Ruby,Physon,Java等)で自由に定義できるため、機器ベンダのように独自のハードを開発しなくてもプログラミングにより柔軟な機器動作の制御を実現することができます。

NECマネジメントパートナーが提供するSDN関連研修

コース概要ページ

  • SDN入門
    現在のネットワーク技術の課題を解決する概念として注目されているSDN(Software-Defined Networking)について基本的な知識を修得します。

    eトレーニング  1時間  詳細・お申し込みはこちら

  • 概説 SDN技術
    SDNの概念、およびその実現手法の一つであるOpenFlowプロトコルについて学習します。

    集合研修  1日間  詳細・お申し込みはこちら

    eトレーニング  4時間  詳細・お申し込みはこちら

  • 体験 UNIVERGE PFシリーズによるSDN
    SDNの基礎知識を修得します。実際に製品化されている機器操作を体験し、設定に必要な基本情報の把握や設定・確認方法を学習します。

    集合研修  1日間  詳細・お申し込みはこちら

  • 実習 UNIVERGE PFシリーズによるSDN構築
    UNIVERGE PFシリーズを用いた基本的なSDN環境を構築するために、製品のオペレーション、基本的機能の設定/動作確認についての知識を修得します。

    集合研修  1日間  詳細・お申し込みはこちら

  • 演習 SDN提案設計
    UNIVERGE PFシリーズによるネットワークの概要設計、見積もり、および提案に必要な知識を修得します。

    集合研修  1日間  詳細・お申し込みはこちら

    eトレーニング 5時間  eトレーニング 5月開始予定

  • 演習 VMware vSOMとUNIVERGE PFシリーズによる仮想リソース統合管理
    仮想化環境でのリソース管理を簡易にする「仮想リソース可視化ソリューション」の概要と構築に必要となる構成要素や各要素の基本設定について紹介します。

    集合研修  1日間  詳細・お申し込みはこちら

研修コースマップ

動作環境

関連する「特集/おすすめコースセレクション」

お問い合わせ

NECマネジメントパートナー
人材開発サービス事業部
TEL:044-435-5164
e-mail: nwg@educ.jp.nec.com

ページの先頭へ戻る