Topics

人材育成担当者様に耳寄り情報!人材開発支援助成金(特定訓練コース)をご紹介します

おトクに受講!人材開発支援助成金特定訓練コース[特定訓練コース、若年人材育成訓練]のご紹介

人材開発支援助成金は、労働者の職業能力開発を効果的に促進するため、職務に関連した専門的な知識や技能を習得させるための訓練を実施した際に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部を助成する制度です。

この制度を有効にご活用いただき、若手社員のスキルアップに、NECマネジメントパートナーの研修サービスをご利用ください。

制度内容や申請等の詳細については、厚生労働省のホームページをご覧いただくか、最寄りの都道府県労働局におたずねください。

制度概要 (「特定訓練コース」の若年人材育成訓練の場合)

■助成額・助成率
 賃金助成
(1人1時間あたり)
経費助成
中小企業760円45%
中小企業以外380円30%
■支給限度額
  • 賃金助成(1人1コースあたり) 1,200時間
  • 経費助成(1人あたり)
 10時間以上
100時間未満
100時間以上
200時間未満
200時間以上
中小企業15万円30万円50万円
中小企業以外10万円20万円30万円
※1事業所が1年度に受給できる助成額は、最大で1,000万円
■訓練対象者
若手人材育成訓練雇用契約締結後5年以内、かつ35歳未満の雇用保険の被保険者
■助成対象となる訓練
  • Off-JTにより実施される訓練であること
  • 実訓練時間が10時間以上であること
注意
:次の訓練は、助成対象外です。
  • 接遇・マナー講習など社会人としての基礎的なスキルを習得するための講習
    (ただし、これらのスキル習得が訓練等の全体の目的となっていない場合は助成対象となります)
  • 意識改革研修、モラール向上研修等、知識・技能の習得を目的としていないもの
  • 資格試験、適性検査
  • eラーニング(eトレーニング)、通信教育、海外・洋上での研修 等
【助成の例】
中小企業が、「特定訓練コース」の若年人材育成訓練に、「Javaプログラミング技術者育成」を1コースとして定義して申請した場合
研修名受講料
(8%税込)
経費
助成
(45%)
講習
時間
賃金助成
(\760/時間)
Javaプログラミング入門¥69,120¥31,10412時間¥9,120
Javaプログラミング基礎1¥113,400¥51,03018時間¥13,680
Javaプログラミング基礎2+Eclipse
-開発効率の向上-
¥102,600¥46,17018時間¥13,680
JavaによるWebアプリケーション開発1
-サーブレット・JSP-
¥126,360¥56,86219.5時間¥14,820
合計¥411,480¥185,16667.5時間760×67.5時間=
¥51,300
 ※経費助成限度額 150,000円(講習時間10時間以上100時間未満の場合)

→150,000円(経費助成)+ 51,300円(賃金助成)= 201,300円の助成が期待できます。
(中小企業以外の場合は、100,000円 + 25,650円 = 125,650円)

注意:本事例は支給を保証するものではありません。

受給までの流れ

手続きは、4ステップです。

【1】 計画の策定等

  • 「事業内職業能力開発計画」「年間職業能力開発計画」の策定
  • 「職業能力開発推進者」の選任

【2】 訓練実施計画届の提出

「訓練実施計画届」、「年間職業能力開発計画」、訓練カリキュラムなど必要な書類を、都道府県労働局に提出

【3】 訓練の実施

「年間職業能力開発計画」にしたがい、訓練受講

【4】 支給申請書の提出

「支給申請書」と必要書類を都道府県労働局に提出

受給

-訓練開始日の前日から起算して1か月前まで

-訓練終了日の翌日から起算して2か月以内

各種申請やお問い合わせ・ご相談は、以下をご覧ください。

「Off-JT実施状況報告書」への証明依頼

支給申請のための「Off-JT実施状況報告書(様式8-1号)または(様式8-2号)」の「訓練実施者の証明」欄に押印を希望される事業主様は、必要事項を記入し、返信用封筒(切手貼付)を同封のうえ、以下の宛先までご郵送ください。記入・押印のうえ、返送いたします。

〔書類送付先〕
〒211-8601
神奈川県川崎市中原区下沼部1753 ルネッサンスシティ N棟8階
NECマネジメントパートナー株式会社 人材開発サービス事業部 給付金担当

おすすめ訓練計画

計画時のご検討にご活用ください。

お問合せ

NECマネジメントパートナー
人材開発サービス事業部

ページの先頭へ戻る